FC2ブログ

◎ダントツの国際競争力 トヨタ、2014年には1000万台

 トヨタ自動車の13春闘で、会社の対応について、「妄想人」さんから2月27日、次のようなコメントをいただきました。
 
「今年もフォーマットありきのテンプレートに沿ったような繰返し『…到底困難』」

 第1回労使協議会で、トヨタ労組の一時金要求などに対し、会社が「要求に応えることは到底困難」とのべたことを痛烈に皮肉ったものです。確かに、毎年、同じようにのべているからです。

 もう1つ、“テンプレートに沿ったような繰返し”の言葉があります。豊田章男社長がのべた、「競争力の強化」という言葉です。これも春闘のたびにくり返しているものです。

 この言葉を聞いて、トヨタの2014年の世界生産台数がグループ全体で1000万台を超えるというメディアの報道を思い起こしました。トヨタが、トヨタとレクサスブランドの生産を950万台とする計画をたてていることが2月20日、わかったというニュースです。

 900万台超えは初めてで、ダイハツ、日野をくわえれば1000万台を超えるといいます。1000万台超えは、世界の自動車メーカーで初めて。トヨタは、GMとVWと激しく世界1を争っていますが、1000万台超えで、両社を突き放します。

新型クラウン
(新型クラウンは好調で、生産している元町工場は多忙です)

 トヨタは、2008、09、10年と3年連続世界1になりました。11年は、東日本大震災で生産が落ち、3位になりました。12年は、2年ぶりに世界1に返り咲きました。2013年も世界1が確実視されています。

 東日本大震災がなければ、今年をふくめて6年連続世界1になることは間違いないでしょう。これは、トヨタが世界1、ダントツの国際競争力を持っていることを証明しています。

 毎年、毎年、“テンプレートに沿ったような繰返し”の「国際競争力の強化」という言葉で、賃金を抑えようということは、そろそろやめてはどうでしょうか。今日2月28日は、第2回労使協議会です。
スポンサーサイト



2013春闘 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2013/02/28 08:56
コメント
生産台数=国際競争力ならGMの惨状は何だったのやら。

いい加減、数年前の歴史すら忘れるテキトーな提言は止めましょうよ。

管理者のみに表示