FC2ブログ

◎シリーズ「賃上げと安定した雇用を」 「じーっとしている(内部留保は)異常だ」

 国会で「内部留保」のバトルが起きています。仕掛けたのは、日本共産党。応じたのは、安倍総理や麻生副総理・財務相です。

 麻生「いまこれだけ(企業の)内部留保が厚くなったのだから、労働分配率を上げろというのは連合の仕事なんじゃないの」(2月22日)

 麻生「たまった内部留保が賃金や配当、設備投資に回らず、じーっとしている(今の)状態は異常だ」(20日、日本共産党の大門実紀史参院議員の質問に対する答弁)

 口火を切ったのは、1月31日の志位和夫委員長の衆院代表質問です。安倍首相のデフレ経済脱却策「3本の矢」を批判し、「働く人の所得が減り続けてきたことが、デフレ不況の最大の原因」と指摘。「大企業の内部留保は不況下でも増え続け、260兆円にものぼっており、そのごく一部を還元しただけで賃上げは可能です」と主張しました。

 続いて笠井亮衆院議員が衆院予算員会で2月8日、内部留保について、「大企業のなかに手をつっこんでお金を取り出して国民のために使えと言っているのではなくて、それぞれの会社が自ら雇っている労働者や下請けの給料が上がるために使うように、政治がルールつくろうということを提起しているんです」とのべました。

 安倍首相は、笠井議員の質問に対し、「経営者に要請する」と答弁したのです。これを受けて2月12日、安倍首相は日本経団連の米倉弘昌会長ら財界トップに、「業績が改善している企業は報酬引き上げなどを検討していただきたい」と要請しました。

内部留保日本1
(内部留保日本1のトヨタ自動車の本社)

 先に紹介したように、麻生副総理は「たまった内部留保が賃金や配当、設備投資に回らず、じーっとしている(今の)状態は異常だ」といいます。

 トヨタでは(2012年3月期決算)―。
 内部留保    14兆円(連結)
 給料および手当 1294億円(単独)
 株配当金総額  1577億円(単独)
 設備投資    7067億円
 研究開発費   7798億円

 日本1の内部留保は、「じーっとしている」のでしょうか? そうだとすれば、「異常」ですね。トヨタの13春闘、頑張りましょう!



スポンサーサイト



2013春闘 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/02/23 10:26
コメント

管理者のみに表示