FC2ブログ

TPPとトヨタ労働者

 TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)は、労働者にとっていいことなのか?
例外なき関税ゼロという。

―輸入品に関税がかからないので、輸出が増える→増えれば生産が上向く→上向けば、仕事が増える→仕事が増えれば、給料も増える―いいじゃないですか! 

 前原外務大臣は、いい放った。
「1・5%(の農林水産業)のために98・5%(の他の産業)が犠牲になることはない」

何か見逃していませんか。トヨタなど輸出大企業は、円高対策としてさらにコストダウンを下請け関連企業に押し付け、国際競争力の強化で賃金を抑え、為替変動リスクを減らすとして海外生産にシフトしています。

関税がなくなるというのは、輸出大企業が海外で生産し、逆輸入すれば国内販売でも力をつけることになります。国内生産が減れば、生首も危ない。応援・転籍が増え、残業はゼロとなり、サービス残業は増える。給料は減り、ローンが重くのしかかる。マイホームの夢も吹っ飛んじゃいます。

TPPは、日本の農業を壊滅させ、食料自給率を40%から13%に引き下げ、340万人の失業者を生み出す。

日本の農林業をつぶして、さらに国内産業の空洞化を招く。大企業栄えて民滅ぶ―ではこまります。

豊田市の農業

(トヨタ堤工場=向うの林側=の前には水田が広がっています)
スポンサーサイト



その他 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2010/11/30 09:24
コメント
No title
「コストダウンを下請け関連企業に押し付け」ても、国内生産が無くなるよりは良いのではありませんか?

「為替変動リスクを減らすとして海外生産にシフトして」いるのは、関税協定を結んでいない国内で生産するのは苦しいからでは?

管理者のみに表示