FC2ブログ

ベトナム人の思い

名鉄電車
 私の住んでいるマンションに、ベトナム人夫婦がいる。天気の良い日に、洗車していた。「今日も、仲がいいね」と声をかける。妻さんは、「お金がない、残業したい」という。夫さんもあいづちをうつ。

 これまで野菜などをプレゼントしているので、気をよくしているようだ。雑談を30分ほどした。夫婦とも、「日本に永住したい」という。「日本は料理もうまいし、治安も良い」という。「ベリーグッドだ!」。

 妻さんは、「日本語はむずかしいけれど、勉強して車の免許をとったよ」と笑顔でいう。私は、久しぶりに日本人だということを感じた。夫さんから、「なぜ、車が売れないの?」と質問される。いやぁ、外国人には、なかなか説明しにくくて…。

 豊田市には、外国人登録している人が1万4799人いる。ブラジル、中国、韓国・朝鮮、フィリピン、ペルー、ベトナムの順に多い。トヨタの下請けで、劣悪な労働条件で働いている外国人が多い。

 日曜日の夕方、豊田市から名鉄電車に乗ると、若い男女のベトナム人がいた。話しかけると、彼女は豊橋の方で働いているという。たどたどしい日本語。今日はデートの様子で、これから彼女を送っていくという。

2人は、別れがたい表情だった。恋人のように見えた。遠いベトナムから豊田市に働きにきている2人。トヨタ系のどんな職場で働いているのか。無理をしてはいないのか。電車を降りながら、幸せになってほしいと思った。
スポンサーサイト



その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/23 08:19
コメント

管理者のみに表示