FC2ブログ

60歳以降はどうする?

 マンションの隣の奥さんと庭の垣根越しに話しました。夫さんは、トヨタ系の職場で働いてきました。60歳定年後、引き続き働いているとのこと。

 「給料は3分の1、仕事は現役の時以上に増やされ、くたくたになって帰ってきます。引退して、好きなことを、やらせてやりたい、と思っているのですが、生活のことを考えるとなかなかできなくてネー」

 その夫さん。「家にいてもこれといってすることはないし、元気なうちは少しでもお金をためておきたいと思って働いていますよ」

 元気なうちに、現役の時は働きづめで行けなかった旅行に行くことや、自分の趣味を生かした人生を送る―こうしたことを楽しみに働いてきたのに、元気がなくなってからではね…。

 トヨタ労組は11月に開いた大会で、「60歳以降の働き方」を提案しました。年金支給開始年齢が段階的に引き上げられていること、60歳以降の生きがい・働きがいを確保すること、以上の観点から、再雇用制度、雇用環境を整備し、社内外を含めた「希望者全員の働く場の確保」の早期実現をめざす―としています。

 方針のように、「希望者全員の働き場の確保」は是非、実現して欲しいと思います。同時に、隣の夫さんのように、賃金が3分の1へと大幅に下がったり、労働密度が現役時代よりひどくなることはないようにして欲しいものです。
 
60歳以降は…

(60歳以降はどうする…)
スポンサーサイト



その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/22 09:22
コメント

管理者のみに表示