FC2ブログ

◎プリウスPHV 受注開始

プリウスPHV
(プリウスPHV。手前のように家庭用電気から充電します)

 トヨタ自動車は11月29日、プリウス・プラグイン・ハイブリッド車の受注を始めると発表しました。販売は来年1月30日。家庭用電源で充電ができるもので、電気(EV)走行で26・4km、フル充電した際のガソリン1リットル当たり燃費はプリウスの約2倍の61kmといいます。

 価格は最安320万円から。政府の補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金=電気自動車とプラグイン・ハイブリッド車、クリーンディーゼル車への補助金)があるために実質約275万円になります。

 プリウスは12月19日にマイナーチェンジしますが、最低価格が205万円から217万円に引上げになります。PHVとの価格差は58万円です。日産の電気自動車の走行距離は最長200kmです。価格は、補助金を差し引いた実質価格が376~406万円。プリウスPHVとは約100万円の差があります。

 電気走行は、プリウスの26・4kmとリーフの200kmとは大きな開きがあります。トヨタは26・4kmについて、日常生活では十分であり、ガソリンとの併用で遠出ができて安心できるとしています。

 電気自動車は、価格は高額であり、充電施設も整っていないのが現状です。PHVは、電気自動車へのつなぎの車としての位置付けになります。消費者は、ハイブリッドにするか、PHVにするか、電気自動車にするか―迷うことになりそうです。

 プリウスPHVは、豊田市の堤工場で生産されます。同工場では、プリウスを生産してきましたが、プリウスαの大増産のために、プリウスの生産をトヨタ車体富士松工場(刈谷市)に大幅に移管しています。PHVの年間販売目標は日米欧で6万台です。

堤工場では、プリウスαの増産のために、1直、2直合わせて2時間30分の残業体制をしいています。さらにPHVの生産が加わり、いっそう多忙になりそうです。
スポンサーサイト



トヨタ車 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/11/30 09:37
コメント

管理者のみに表示