FC2ブログ

◎全国知事会 「自粛要請に国が補償を」

 安倍政権がコロナウイルス感染防止の「緊急事態宣言」を出したのを受けて全国知事会が4月8日、テレビ会議を開きました。地域指定をされた7つの知事に加え、周辺の知事が参加しました。

 会議では、人々に外出の自粛を求めるなか、今後、事業者に営業の自粛を求める際、幅広く営業の損失を補償する制度を国に求めていく緊急提言をまとめました。

 日本共産党は、「自粛要請と一体で補償を」と強く求めてきました。志位和夫委員長は「緊急事態宣言」が出された7日にも、「最大の問題は、安倍晋三首相が、この期に及んで、自粛と一体の補償を拒んでいることにある」と語り、補償すべきだと強調しました。

 全国知事会の緊急提言は、国民・事業者の願いを反映したものであり、安倍政権は、緊急提言に直ちに応えるべきです。

全国知事会 損失補償求める
(ANNニュースから=4月8日)

◎トヨタ 医療用防護マスク生産

 トヨタ自動車は4月7日、医療用フェイスシールド(防護マスク)生産 すると発表しました。新型コロナウイルスの感染拡大で、医療現場で不足する医療用フェイスシールドを、試作型や3Dプリンターなどで製作し、医療機関へ提供するといいます。

 トヨタ自動車貞宝工場(愛知県豊田市)で、試作型による医療用フェイスシールドの生産準備を進めており、週500~600個程度から、生産を開始するとしています。グループ企業でも生産が可能か検討を開始しているといいます。

 またグループ企業では、「マスクの自給自足で市場から買う量を少なくする」としてマスクの生産を始めます。デンソーは、製造現場を中心に社内で必要なマスクの生産を4月から始め、日当たり10万枚を目標とするといいます。

 トヨタ紡織も4月上旬から刈谷工場(愛知県刈谷市)で、日当たり1500枚規模で生産します。5月以降は猿投工場(愛知県豊田市)に移管して、日当たり1万2000枚に増産します。アイシン精機やダイハツ工業、日野自動車もマスクの自社生産を検討しているといいます。
スポンサーサイト



新型コロナウイルス | 2020/04/09 09:59