FC2ブログ

◎トヨタの工場、生産一時停止 新型コロナで

 新型コロナの世界的感染の広がりで販売が落ち込むなか、トヨタ自動車と関連の工場は4月3日(金)、5工場7ラインで稼働を停止しました。プリウスを生産している堤工場やレクサスを生産している田原工場などです。

 堤工場は4月7日までの3稼働日ですが、田原工場の第3ラインは4月14日までの8稼働日です。国内生産がメインの元町工場は一時停止しません。関連ふくめ合わせて約3万6000台の減産になります。

 堤工場では出勤する労働者や部品を運ぶトラックなどがなく、閑散としていました。トヨタは各工場の労働者に対し、“年休推奨”で対応することを求めています。推奨のために、出勤して工場の掃除などをする労働者もいました。

 2011年の東日本大震災では、部品が滞ったために5週間にわたって工場の生産がストップ。労働者は、「作業標準書」の手直しや工場の清掃などの「4S」、年休やいっせい年休取得、特別休暇(賃金は80%支給)になりました。

 今回の一時的生産停止は、トヨタだけでなく、日産、ホンダなど自動車メーカー8社すべに広がり、日本の最大の製造業の自動車産業を直撃しています。自動車産業は500万人以上が働く裾野が広い産業だけに、メーカーの生産一時停止は下請け・部品会社などに大きな影響を与えます。

堤工場
(トヨタ自動車の堤工場=豊田市)

 新型コロナは世界各地に広がり、感染者は100万人に近づく深刻さです。トヨタの海外生産比率は64%にもなっています。このうちアメリカはトヨタの最大のドル箱ですが、現在は世界最大のコロナウイルスの感染地域になっています。

 トヨタは、北米やヨーロッパのすべての工場でも生産を停止しています。自動車の世界販売は大きく落ち込むことも予想され、2008年のリーマン・ショックを上回るともいわれています。生産の一時停止が今回で終わるのか、先が見通せない状況です。

 生産を一時停止したトヨタと関連の工場は次の通りです。
【トヨタ】
高岡工場  第1ライン 4/3-4/7の3稼働日
堤工場   第1・2ライン 4/3-4/7の3稼働日
田原工場  第1ライン 4/3-4/10の6稼働日
田原工場  第3ライン 4/3-4/14の8稼働日

【トヨタ関連】
トヨタ自動車九州 第1ライン 4/3-4/15の9稼働日
日野自動車 羽村工場 第1ライン 4/3-4/6の2稼働日
スポンサーサイト



職場は今 | 2020/04/03 18:41