FC2ブログ

◎新型コロナウイルス 世界の自動車産業に打撃

 新型コロナウイルスの世界での爆発的感染で、自動車産業は大きな打撃を受けています。トヨタ自動車高岡工場(愛知県豊田市)で、社員が感染していたことが3月19日に明らかになりました。

 高岡工場は、トヨタの4つの組み立て工場の1つで、RAV4、ハリアー、プリウスα、カローラを生産しています。11人の濃厚接触者も特定され、14日間の自宅待機になっています。

高岡工場
(トヨタ高岡工場=愛知県豊田市)

 新聞、テレビなどのメディアの報道によると、レクサスを生産している田原工場(愛知県田原市)やトヨタ関連のトヨタ九州では、新型コロナウイルスの感染源といわれる中国での販売が落ち込んだために、残業を減らし、3月の「約2週間で1000~2000台の減産とする方向」(日経、3月11日)といいます。

 トヨタはまた、イタリア、フランス、スペイン、ドイツなどヨーロッパでの感染爆発で、フランスの工場やポルトガルの工場を3月末まで2週間程度休止するとしています。

 アメリカでの感染拡大で、トヨタはアメリカの工場を3月23、24日の両日、生産を休止します。

 一方中国では、日経(3月17日)によると、春節(旧正月)以降の稼働停止が続いていたが、2月中旬に順次再開し、現在は中国4工場のうち3工場は感染が広がる前の生産水準に回復している――といいます。

 GMやフォード、フィアット・クライスラーは19~30日まで北米の工場を休止するといいます。日産は、スペインで3000人の一時解雇を決めたといいますから、労働者の雇用問題に発展してきました。

 今回のコロナウイルスの感染は、わずか3カ月で世界各地に爆発的に広がり、イタリアなどヨーロッパに見られるように、都市の封鎖や外出禁止など人の移動の禁止で経済が急激に落ち込んでいます。

新型コロナ 各国の感染者数推移
(国別の感染者数推移=TBS系の「サンデーモーニング」、3月22日放送から)

 2008年のリーマン・ショックによる世界の大恐慌を上回るともいわれています。自動車産業だけでなく、あらゆる産業が大打撃を受けると同時に、深刻な雇用問題になるともいわれています。

 「Motor-Fan」はネット(3月21日)で、トヨタの最大の市場であるアメリカ市場のリーマン・ショック前後の新車販売台数を示しています。

2007年:約1646万台
2008年:約1349万台
2009年:約1060万台
2010年:約1172万台

 リーマン・ショック時前の2007年の水準に戻ったのは2014年(約1684万台)で、実に7年間を要したとしています。新型コロナウイルスの収束を一刻も早くしなければならないことがわかります。

★NHKの3月22日 15時45分のまとめから

 各国政府が22日までに発表した国別の
【感染者数】
▽中国   8万1054人、
▽イタリア 5万3578人、
▽スペイン 2万4926人、
▽イラン  2万610人、
▽ドイツ  1万6662人、
▽アメリカ 1万5219人
▽フランス 1万4459人

【死亡者数】
▽イタリア 4825人、
▽中国   3261人、
▽イラン  1556人、
スポンサーサイト



その他 | 2020/03/22 17:46