FC2ブログ

◎トヨタ 19日に第1回労使協 積みあがった内部留保20兆円

 20春闘で、トヨタ自動車の第1回労使協議会が2月19日(水)開かれます。この後、毎週水曜日に第2、第3労使協が開かれ、3月11日(水)に会社側が回答を示す予定です。

 トヨタ労組が加わる労働組合の全国組織・連合は2月3日、東京で「闘争開始宣言中央総決起集会」を開催。神津里季生会長は、20春闘を「分配構造のひずみを正す」春闘だと位置づけた上で、日本の企業の「内部留保は積もりに積もって450兆円になったが、賃金は20年間、置き去りになっている」と強調しました。

 神津会長の指摘するように、トヨタが日本の大企業で並ぶ会社がないほどの20兆円を超える内部留保を積み上げる一方で、大企業が労働者にまともに配分しないために、実質賃金がまったく上がらず景気が低迷しているのが現実です。

 しかし、メディアの中には労働組合側の要求姿勢に疑問を投げかけているのもあります。その1つが共同通信で、次のように書きます。

 「デジタル時代の人材確保を理由に実力主義の賃金配分へと傾斜する経営側に、危機感を共有するトヨタ自動車やホンダの労働組合が同調。従来の年功序列が揺らぎ、日本型雇用慣行は重大な岐路に差し掛かっている」

 そして、春闘をリードしてきた自動車総連について、労組自ら要求水準を抑える動きが目立ち、賃上げ(ベア)は控えめで、一時金要求は主要8社のうち(トヨタを含め)6社が前年を下回った、と指摘します。

50 トヨタ 技術者 3
(三河豊田駅から職場に向かうトヨタの技術労働者者ら)

 また、「トヨタの労組が個人の実力を踏まえてベア額に差をつける異例の要求を示し、ホンダも賃上げ原資の一部を人事評価に応じて配分する初の試みを提案した」と強調します。

 米中の貿易戦争や新型肺炎に広がりで春闘情勢が厳しくなる中、「一律のベア要求を通じて従業員全体の賃金を底上げしてきた春闘の意義が薄れていくことの是非を問う声はかき消されがちだ」と書きます。

 神津会長が指摘したように企業の内部留保は積み上がり、トヨタの内部留保もダントツです。こうした厳しい情勢の中でこそ、賃上げを通じて内部留保を社会に還流させて個人消費を増やすことが必要ではないでしょうか。

 トヨタの第1回労使協で、どんなやり取りになるかが注目されます。
スポンサーサイト



20春闘 | コメント(7) | トラックバック(0) | 2020/02/17 10:36
コメント
所でいつも比較に出してるフォルクスワーゲン賃金制度を紹介しないのは共産党には都合が悪いからなのかな?
有利子負債(借金)も日本一の20兆円!
コメントのとおりで

有利子負債の関係もある

内部留保がまるで預貯金のように

思わせる言い回しをやめろ

フェイク扇動をやめろ
No title
有利子負債(借金)も日本一の20兆円!

学者もエコノミストも銀行も誰も問題にしていない。豊田章男社長も触れたことは一度もない。財務のことがわかっていないんじゃないかな?
現預金や短期保有有価証券に対しての借金=有利子負債

豊富な資金を持っているが
=内部留保
自動車金融(ローン)事業を中心に
有利子負債がある

つまりバランス

常識だし問題にあげるのはタブーです😂

ようは内部留保を活用せよ!ってのは

無責任で無知な奴等が言いやすい言葉




>学者もエコノミストも銀行も誰も問題にしていない。豊田章男社長も触れたことは一度もない。財務のことがわかっていないんじゃないかな?


有利子負債を考慮した手元資金量の推移はこのブログでも過去に扱って居ます。
ブログ担当者さん、自分の所の記事くらいちゃんと把握しておきましょう。

http://toyotaroudousya.blog.fc2.com/blog-entry-3248.html
グラフを見ると分かるように利益が積み上がってると言いつつも連結総資金量は8兆円前後で推移。

トヨタがお金を借りて(有利子負債)自分で作った車を消費者にローンで売る(ローン債権=金融資産≒内部留保)ことで
ローンで売る量が増えれば有利子負債も内部留保も増えていく。

なので利益剰余金(ローン債権)が増えてもローン資金の借入(有利子負債)の返済も増えるので手元資金は増えない所か減ったりする。

なお、この8兆円の手元資金はトヨタはこのように表現している。

https://jp.reuters.com/article/toyota-shareholder-meeting-idJPKBN1950BK
>トヨタでは東日本大震災などでの経験を踏まえ、万が一に備え半年間は事業が継続できる手元資金を用意しており、17年3月期末時点で、「有利子負債を考慮した正味の手元資金として約7.7兆円を確保している」(大竹哲也専務役員)という。

「万が一に備えて半年間は事業が継続できる手元資金」

それがこのお金です。
完璧なコメントですな

内部留保を無責任に取り上げるのは

今後やめて下さい

管理者のみに表示