FC2ブログ

◎「沖縄リポート 19年末」③ 宮古島に弾薬庫

 レーダー基地を後にして、宮古島の東端にある保良地区の弾薬庫の建設予定地へ向かった。陸上自衛隊ミサイル部隊の配備計画を進める防衛省は昨年の10月7日、弾薬庫を含む関連施設の工事に着手した。

 海岸沿いに、東平安名埼へ向かって走っていると、小高い丘の上に重機が動いているのが見えた。そばに行くと丘の下は広い盆地のようになっている。かなり広い範囲で整地作業が行われていた。大規模な弾薬ができるのではないか。

弾薬庫1


 戦争中、同じ保良地区の集落の中に弾薬庫があり、悲惨な爆発事故があったという。今でもその体験者たちが反対運動している。道路の反対側にはきれいな海が広がっている。こんなところに弾薬庫を作るのか。

弾薬庫2


 このブログ、「トヨタで生きる」では、私が沖縄へ行く少し前に、「『i-新聞記者ドキュメント-』を見た」をアップした(2019/12/21)。東京新聞の望月衣塑子記者を主人公にしたドキュメント映画である。
http://toyotaroudousya.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

 望月記者は、安倍政権のスポークスマン、菅義偉官房長官がまともに答えるまで何回も何回も繰り返し質問するなど安倍政権を追及してきた。映画では、大きな荷物をキャリーバックに積み、精力的に沖縄を取材する姿が描かれている。

 望月記者は、うどんを食べた後、宮古島の弾薬庫建設現場に取材に行く。彼女は、現場で私と同じようにスマホで写真を撮っている。彼女の現地ルポ記事が東京新聞に掲載(2019年10月8日朝刊)されている。

……
 沖縄県史や住民の証言によると、太平洋戦争中の一九四四年二月、島南東部の保良地区の木山壕(きやまごう)を利用した旧日本軍の弾薬庫付近で、爆発事故が発生。兵隊四~五人で押していた手押し車から木箱が落ち、中の手りゅう弾が一斉に爆発した。その場にいた兵隊のうち少なくとも二人が死亡した。

 小学四年だった垣花豊順(かきのはなほうじゅん)さん(86)は「首相は戦争の悲惨さを何も知らないから何でもできる。新しい弾薬庫のわずか二百メートルに住宅もある。こんな場所に弾薬庫を置くこと自体間違っている」と語った。
……

弾薬庫2の2
スポンサーサイト



沖縄 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2020/01/11 16:04
コメント
鬱陶しいよな
戦争の悲惨さを語るやつら

なぜか自虐的なんだわ
中国や朝鮮でなく
自国を批判するんだわ

共産党のような奴等が煽動し助長させている
無責任な口だけの平和

撃たれたらどう守るんだ!

撃たれたらの話だ

外交や対話ではなく

撃たれたらの話だ

都合が悪いと出てこないから

共産党は楽だよな



だから撃たれないようにする必要性がある

安倍さんもう4年やってくれ
中国「あそこにミサイル基地を作られる外洋に出るのに困るからどうにかしろ」
日本共産党「はい!何としてでも妨害させて頂きます!」


中国空母、沖縄―宮古間を通過
領海侵犯なし、3回目
2019/6/11 20:27 (JST)
https://this.kiji.is/511111415310107745?c=39546741839462401
防衛省は11日、中国海軍の空母「遼寧」など6隻が同日午前、沖縄本島と宮古島の間を通過し、太平洋に向けて航行するのを確認したと発表した。危険な行為や領海侵犯はなかった。遼寧がこの海域を通過したのは2018年4月以来3回目。

 防衛省によると、補給機能がある最新の高速戦闘支援艦が随行しているのを初めて確認した。空母の速力に合わせ、燃料補給などによって艦隊の行動範囲を大きく広げるとみられる。防衛省は、艦隊が周辺海域で訓練を続ける可能性もあるとみて警戒監視を続ける。
望月は、自社が脱税したのに自己満足の正義を語るなんて悪い冗談でもありえない。自社の脱税を厳しく叩く記事を書いたら評価するけど。

管理者のみに表示