FC2ブログ

◎ゴーン被告の逃亡ルートが明らかに

 日産自動車の元会長のカルロス・ゴーン被告。年末から新年にかけて日本と世界を震撼させたレバノンへの逃亡。そのルートが1月7日、明らかになったと各メディアが報道している。

 ゴーン被告は、日産を食い物にし、社内調査で約350億円ものばく大な金を流用・私物化し、金融商品取引法違反などの罪で逮捕・起訴された。15億円の保釈金で保釈され、年末に国籍のあるレバノンへ用意周到に逃亡した。

 ゴーン被告が食い物にした350億円は、日産の労働者が汗水して働いたものだ。そのゴーン被告は、仏ルノーから1999年に日産に乗り込むと、「リバイバルプラン」などと言って東京の村山工場や神奈川県の座間工場を閉鎖するなどして約2万人の労働者をリストラした。

 ゴーン被告は、「どれだけ多くの努力や痛み、犠牲が必要となるか、私にも痛いほどよくわかっている。でもほかに選択肢はない」などと平然と語った。“カリスマ経営者”と呼ばれるその裏で、2012年度には日本の経営者のトップとなる約10億円の報酬を得た。日産を20年にわたって金のなる木として食いちぎってきたのだ。

日産 スカイライン
(日産のスカイライン)

 村山工場は、日産が吸収合併する旧プリンス自動車の工場であり、名車といわれたスカイラインなどを生産していた。リストラされた労働者の無念はいかばかりだろう。その労働者たちはゴーン逃亡劇をどんな思いで見ているのか。

 日本と海外のメディアの報道によるとゴーン被告は、年末の29日午後2時半ごろ、監視カメラが付いた保釈中の東京・港区の家を出る。外国人2人とホテルで落ち合い、東海道新幹線品川駅から新大阪駅へ。

 ここから大阪府泉佐野市の関西国際空港の近くのホテルへ。午後8時ころといわれる。ここで大きな音響機器を入れる箱に入り、関空のプライベート専用ゲートの「玉響(たまゆら)」での出入国管理検査をすり抜けたものとみられる。

 ゴーン被告が雇ったとみられる元米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)らが、国内の空港を調べた結果、関空の「玉響」が緩いと見たのだという。関空からトルコのイスタンブールに向けて飛び立つプライベート飛行機がテレビで何度も放送された。

 ゴーン被告は、イスタンブールから30日にレバノンへ入り、「私は今、レバノンにいる」と勝ち誇った声明文を発表した。ゴーン逃亡劇の全容は明らかになっていないが、こうした足取りがわかってきたという。

修 ゴーン 逃亡ルート
(ゴーン被告の逃亡ルート=テレビ朝日系から)

 この逃亡に、ゴーン被告はどれほどの金をかけているのか? どれほどの陰の人間が噛んでいるのか? 日産を食い物にした金に比べれば、保釈金15億円の取り消しなんて軽いものだろう。

 このままゴーン被告がレバノンに居座れば、今春にも開かれる予定だった裁判は開けなくなるという。正義の名において、こんなゴーン被告を許してはならない。安倍政権は、レバノン政府との外交交渉でゴーン被告の日本への引き渡しを強く求めるべきだ。
スポンサーサイト



日産自動車 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2020/01/07 16:52
コメント
2000年頃に倒産していた会社

当時の手腕は高く評価されている
もちろん日産関係者

無責任に第三者として立ち位置を換え
コメントするだけの無責任政党が
ゴーンを批判する資格などない

そもそも内容に対しての拘留期間が不自然

なぜ内容がメディアに露見するのか不思議

国外逃亡の責を問うメディアがないのも不自然

なんか日産の闇をすべて背負わせた感じ



まぁ日産が今日存在するのは
無責任無能な日本の経営陣や
同じくリストラを批判してるが
無策無能な政党のおかげではなく

年収10億のゴーンのおかげです

これから進むリストラは10年前に
やらなければならなかっただけの話

何かできるなら共産党さん助けて下さい

できないなら黙っとけ

フジモリ大統領を日本政府が引き渡さなかったように
ゴーンも引き渡される事はない

政府の建前活動です

知識のない国民へのアピールですね

フジモリ大統領の時は共産党は

何か発信してたのかな~?

管理者のみに表示