FC2ブログ

◎どのメーカーのどの車がいい? クルマの安全装置比較

 高齢者らの車の事故多発で、車の安全装置に関心が高まっています。メーカーもこぞって安全装置を装備する動きが出ています。では、どんな安全装置があるのでしょうか?

 ネットでは、「特選街web」の「車の安全装置比較2019 サポカーとは? トヨタ・ホンダなど国産メーカーの安全装置と搭載車を徹底解説!」が眼に留まりました。
https://tokusengai.com/_ct/17300312

 それによると、新車では、ほとんどが衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)をふくむ先進安全支援機能が搭載されるようになっていること。自動ブレーキは、日欧40ヵ国で2020年に搭載が義務化され、日本ではその搭載率が約9割になっているといいます。

 経済産業省と国土交通省が交通事故対策の一環として、先進安全支援機能搭載車をわかりやすくするために、「サポカー」「サポカーS」と表現し、ブレーキとアクセルの踏み間違いもあるのが「サポカーS」といいます。

 そして、先進安全技術は大きくいって、4つあると指摘します。
① 被害軽減(自動)ブレーキ(対車両・対歩行者)
② ペダル踏み間違い時の加速抑制装置
③ 車線逸脱警報
④ 先進ライト

経産省 安全装置1
(衝突の可能性がある場合は、警報で知らせ、自動ブレーキが作動する=経産省のホームページから)

経産省 安全装置2
(壁や車両を検知した状態でアクセルを踏み込んだ場合、運転手に警報し、急加速を抑制する=経産省のホームページから)
 
 国内のメーカー別の比較では、「トヨタはアルファードがJNCAP(自動車事故対策機構、注)で総合1位となるなど高い安全性を誇る」といいます。

 具体的には、トヨタの安全装備は、単眼カメラ+ミリ波レーダーが基本で、一部ではAHB(オートマチックハイビーム)などの先進装備も搭載しているとしています。

ただし経済産業省は、「先進安全技術はあなたの安全運転を支援しますが、事故を完全に防ぐものではありません」と念を押しています。

「サポカー、サポカーSに搭載されている先進安全技術は、交通事故の防止や被害の軽減に役立ちますが、これらの技術も万能ではなく、条件によっては装置が作動しない場合もあります。装置の機能を過信せず、引き続き安全運転を心掛けて頂きますようお願いします」、と。
https://www.safety-support-car.go.jp/technology/

 (注)JNCAPのホームページでは、「予防安全性能アセスメント」として、メーカー別、車種別の試験を行い、その結果を公表しています。
http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/
スポンサーサイト



自動車技術 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2019/12/02 10:45
コメント
世の中がバカな流れになってきた

一部のボケ老人の為
車の仕様が歪められている

ならば安全仕様を全て外した車を
格安で販売すべき

No title
あなたもいつか〇〇老人になることはありませんか?

こんな奴が多いよね

自分の考えは言わず、他人の発言を
取って正論や自問させる発言をする

負けない立場からの発言っての?

管理者のみに表示