FC2ブログ

◎安倍首相 「お祝いムードなき記録更新」

みずからの後援会員ら約800人を招待し、税金で飲み食いし合った安倍首相主催の「桜を見る会」の私物化が「しんぶん赤旗」日曜版の取材や日本共産党の田村智子副委員長・参院議員の質問によって明らかになった国政を揺るがす大問題。安倍首相は言い訳をくり返していますが、すればするほど疑惑が深まっています。

その安倍首相、11月20日で首相在職日数が2887日と憲政史上最長になりましたが、「お祝いムードなき記録更新」(テレビ朝日系)などと揶揄されるほど窮地に陥っています。

 安倍首相、20日の参院本会議で、招待者選定について「私の事務所が内閣官房の推薦依頼を受け、参加希望者を募ってきた。私自身も事務所から相談を受ければ意見を言うこともあった」と自身の関与を認めました。

 さらに大西証史内閣審議官は、「安倍事務所において幅広く参加希望者を募るプロセスの中で、夫人からの推薦もあった」と、昭恵夫人からの推薦もあったことが明らかになりました。

 自民党は、この夏に改選を迎えた参院議員に、友人や知人、後援会関係者などを「4組までご招待」できるとした案内状を送っていたこともわかりました(朝日新聞、19日付)。自民党は「桜を見る会」を参院選に利用していたのです。

テレビ朝日 お祝いなき
(テレビ朝日系から=11月19日)

 安倍首相は、ホテルニューオータニの前夜祭で、5000円はホテル側が設定したとのべましたが、前夜祭の収支が安倍首相の関連政治団体の収支報告書に記載されていなければ違法になります。その問題が大きな焦点です。

 ホテルニューオータニに22年間勤務後、多くのホテル総支配人を務めてきたホテルコンサルティングの中山晴史所長が語っています(テレビ朝日、18日放送)。

 「今回ホテル側が勘案したと安倍首相はおっしゃっているが、ホテル側が自ら進んで提案することはまずない。あのようなパーティーでは食事で売上を上げようとまず第一義的に考える。スタートラインが5000円ではどういうメニュー構成にしょうか、まあおそらく調理部門に持っていけば突き返される。若干の乾き物とおつまみ程度でビール1本位で構わないなら、5000円で承ることも不可能ではない」

 共同通信の竹田昌弘編集委員は、「夕食会、こんなに多くの疑問」として、安倍首相が旅費、宿泊費は各参加者が旅行代理店に支払い、夕食会の費用は会場の入り口受付で、安倍事務所の職員が1人5000円を集金し、ホテル名義の領収書をその場で手渡したこと。受け付け終了後、集金した全ての現金をホテル側に渡すという形で、参加者からホテル側への支払いがなされた――と語ったことについて次のように疑問を呈しています(「47NEWS」、19日)。

 「ニューオータニの広報担当者は『一般的には、入金と同時に領収書を渡す』と話している。 安倍事務所の職員が各参加者から5000円を受け取り、ニューオータニの領収書を渡すためには、ニューオータニから事前に領収書をもらっていなければならない。領収書は入金と同時と言うのであれば、後援会は夕食会の前に費用を立て替え払いしたことになる」

 弁護士の郷原信郎氏(19日のYAHOOニュースから)
 「官邸で『番記者』に囲まれて、慌ただしく都合の良いことだけを述べる、ということを繰り返してきた安倍首相だが、その表情には、徐々に『余裕のなさ』が目立ってきている。それは、この問題をめぐる『詰将棋』が、“最終盤”に差し掛かっていることを示しているようにも思える」
スポンサーサイト



安倍政権 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2019/11/20 21:11
コメント
何でもないことを大きな問題に何とかしようとする無能野党の活躍

政治家なんて有権者や支持者ありきで
全ての関係でルールや法律が定められてない
桜見る会なんて慣習で行われているもの
一部負担してたり地元の爺婆招待したり
何が駄目なのか?

逆に毎年行われていて、本当に問題ならば野党の皆さんは慣例行事にチェックはしてないのかと思ったりする

色々な人が出てきて、楽しくなってきたが
本当にくだらない内容です

何してんのかなと思ったりする
No title
首相と同じようなことを東京都練馬区の共産党もやってるみたいですけど、どうするの?
共産党は良いんです

他とは意識が違うんだ

それは法よりも勝るのです

共産党はよくても安倍政権は駄目です

あぁ~今回の騒ぎで安倍居なくなれば

韓国に貸しを作れるのに

なんで日本人は感情的にならないのかなぁ

ストやデモも、なかなか大きくならないし

韓国なら首相も世論扇動で殺せるのに

もっとネットで包囲していくんだ

騒げば必ず周りが動きだすはずだ
https://www.zakzak.co.jp/soc/amp/191120/pol1911200006-a.html

同ホテルの関係者はこう語った。

 まず、注目された会費一人5000円について。

 「開催時期や人数、食事や飲み物の内容、宿泊とのパッケージか、お客さまの利用頻度など、さまざまなケースがあり得ます。他ホテルとの競合になりますので、いろいろな相談をさせていただいている。『端数を切ってほしい』などよくあります。ケースによって、さまざまです」

 与野党関係ないのか?

 「当然です。野党にも、よく分かっている先生もおられるはずです」

 領収書を一人一人に発行する件はどうか?

 「当然、あり得ます。会費制のパーティーや食事会、女子会など、一人一人に領収書を切るケースはいくらでもあります。総額を超えなければ、領収書はご依頼通りに発行します。テレビで『考えられない』という指摘があったようですが、現状をよく知らない方の発言じゃないでしょうか。他のメディアの取材にも同様に答えているのですが、答えた通りに報じてくれない。不可解です」

管理者のみに表示