FC2ブログ

◎5ナンバーのSUV、トヨタの「RAIZE(ライズ)」

 5ナンバーサイズのSUV、「RAIZE(ライズ)」が発売されました(11月5日)。トヨタの子会社であるダイハツも「ロッキー」を発売。両車は、基本部分が共通で、兄弟車になります。

 開発はダイハツが行い、生産もダイハツが行います。エンジンは1000㏄のターボで、ボディは意外に大きく見えます。全体のデザインが四角いせいでしょうか。

 クルマの背が高く、運転席が高くて運転がしやすいというSUVの人気は世界的な流れで、中高年はセダンという定式化も見直されるでしょう。

12 ライズ 運転席 (2)


 17インチという大きなタイヤを使いながら最小回転半径は4・9~5・0㍍で狭い道でも小回りが利くといいます。荷物容量も369lと若い家族が遠出できるよう設計されています。

 安全装置もこれまでのコンパクトカーに比べ充実しています。ステレオカメラで検知し、車や人への衝突する可能性がある場合、ブザー音やメーター内表示で警告。さらに衝突が高まったとシステムが判断した場合は、弱いブレーキ(事前ブレーキ)をかけるといいます。

 事前ブレーキがかかっている状態で、ドライバーがブレーキペタルを踏み込むと、ブレーキアシストが作動。衝突が避けられないとシステムが判断すると強いブレーキで減速し、衝突回避や被害の軽減をサポートするといいます。

 また、高齢者のブレーキとアクセルの踏み間違い事故が多発している現在、急発進を抑制する機能もあります。

10 ライズ 運転席 (1)


 スマホ時代を反映して、ディスプレイにアプリを表示し、操作できるようにするなどスマホとの連携機能を付けています。

 車両価格は、2WDの最安値で167万9000円。もっとも高いのが4WDの228万2200円です。
スポンサーサイト



トヨタ車 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/11/18 11:38
コメント

管理者のみに表示