FC2ブログ

◎安倍首相の「桜を見る会」 「赤旗」が追撃

 安倍首相が追い詰められています。安倍首相の「桜を見る会」で、「しんぶん赤旗」が11月13日付で追撃です。「桜を見る会」と一体で開かれていた安倍後援会の「前夜祭」についてです。

 「赤旗」によると、読売新聞の「安倍首相の一日」欄で「桜を見る会」の前日を調べてみると、2017~19年の3年間「東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。『安倍晋三後援会 桜を見る会前夜祭』」と書かれています。

「前夜祭」の費用は、「しんぶん赤旗」日曜版の取材に複数の参加者が「5000円の会費を払った」と証言しています。ところが、安倍首相が代表を務める政党支部や関係する政治団体は6つあるものの、収支報告書には「前夜祭」についての記載がないのです!

書かれていないのなら、政治資金規正法の疑いがあるというのです。対価を徴収して行われる催し物を「政治資金パーティー」と規定しており、収入や経費を収支報告書に記載するよう義務付けているからです。

安倍首相は8日の参院予算委で、日本共産党の田村智子副委員長から「前夜祭」について追及されると、「(各個人が)そのホテルとの関係においても、それはホテルに直接払い込みをしているというふうに承知をしている」と答えました。

80 桜を見る会 前夜祭のホテル
(しんぶん赤旗」、11月13日付から)

 バス十数台で、数百人が前夜祭や「桜を見る会」に参加したとみられますが、後援会行事の費用を各個人がホテルに直接支払ったのか? 誰が主催した宴会なのか? 誰が参加費を集め、ホテルに費用を支払ったのか?

 安倍首相の答弁は、にわかには信じがたいものです。安倍首相は、明確な説明をすべきです。野党は、予算委員会での集中審議を求めていますが、自民党は応じないといいます。

 「赤旗」は、野党が12日に合同ヒアリングを行ったことも伝えています。
 「桜を見る会」という公的行事に地元後援会員を無料招待していた安倍首相の行為が公選法違反かどうか?

 総務省の担当者は、一般論としつつ「特定の選挙について、特定の候補者の当選を目的として金銭・物品を提供することは買収罪にあてはまる」と明言したのです。

安倍首相の「桜を見る会」の私物化は、首相の地位にもかかわる大問題に発展してきました。
スポンサーサイト



安倍政権 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2019/11/13 18:43
コメント
桜を見る会 民主党政権でも議員「推薦枠」 国民・玉木代表明かす
https://www.sankei.com/politics/amp/191113/plt1911130020-a.html
国民民主党の玉木雄一郎代表は13日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」に関し、平成22年4月に鳩山由紀夫政権で開催された際、旧民主党が各議員に「推薦枠」を割り振り、招待者を募っていたことを明らかにした。「各議員4名だったと思うが、推薦枠があり、私自身もお世話になった方々を連れて行った」と語り、自身も支援者を招待したことを明かした。

 当時民主党の当選1回生だった玉木氏は、同党が「党関係招待者検討チーム」を作り、選考基準を示して所属議員から招待者を取りまとめていたと説明。基準は「民間人を優先」「国民から疑惑を持たれないよう配慮」-といった内容で、情報公開請求があればリストを公開する可能性があるとも明記していた。関係者によると、旧民主党全体で2500人の「推薦枠」があったという。
 玉木氏は「公開を前提に名簿の提出を求めていた」と述べ、旧民主党が透明性の確保に配慮していたと強調。さらに「民主党政権時代も含め、選考は基準があいまいなところがあるのも事実だ。しっかりと事実関係を明らかにし、廃止も含めて検討する」と語り、桜を見る会の在り方を見直すべきだとの考えを強調した。
 玉木氏の後に記者会見した菅義偉官房長官は、来年度の桜を見る会を中止すると発表した。
問題ありきと頑張る姿勢が
多くの国民に疑問を抱かせているのが
理解できない無能野党の連中

もりかけと同じ様になる

着陸できない

悪魔の証明を自白してくださいって

やり取りが続く


無駄な税金?
5000万程度で安定政権と文化人の
交流がニュースに流れるなら
安いと思いませんか

頑張って大問題にしてください

もりかけでは失敗したので

上手く国民を扇動して

あわよくば台湾のようになれば

最高ですよね

香港

管理者のみに表示