FC2ブログ

◎野党共闘 新たに8選挙区で1本化

 “麺バカ”と言われるほどラーメンが好きですが5月22日、ラーメン店に置いてあった読売新聞を手にしました。「野党新たに8区1本化」の見出しに目が止まりました。

 前日の21日に、日本共産党、立憲民主党、国民民主党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」、社民党の5野党・会派が、参院選の全国32の1人区のうち新たに山形、福島、栃木、群馬、新潟、福井、三重、和歌山の8選挙区での野党統一予定候補の一本化に合意したのです。

読売 野党1本化
(読売新聞、5月22日付から)

 すでに合意済みの愛媛、熊本、沖縄の3選挙区と合わせ、計11選挙区での一本化を確認しました。夏の参院選に向けて「市民と野党の共闘」が急速に前進しています。

 来週には党首会談を開き、残りの選挙区での一本化の合意を実現することを確認しています。いよいよ、「安倍政治さよなら」の野党共闘が3年前の参院選に続いて築かれることになります。

 読売新聞は、日本共産党の小池晃書記局長が記者会見で、「お互いに譲り合って候補者を調整するという点で、大きな前進が確認された」と語ったことを紹介しています。

 今回の8人の野党統一予定候補は、山形県・芳賀道也氏(無所属)、福島県・水野さち子氏(無所属)、栃木県・加藤千穂氏(立憲民主公認)、群馬県・斎藤敦子氏(立憲民主公認)、新潟県・打越さく良氏(無所属)、福井県・山田和雄氏(共産党公認)、三重県・芳野正英氏(無所属)、和歌山県・藤井幹雄氏(無所属)です。

テッセン
(テッセン)

 日本共産党からは、福井県の山田和雄氏が野党共闘の候補者になりました。
山田氏は、旧三国町議3期を務めました。参院選挙区・比例で立候補4回。党県常任委員です。

 山田氏は、「平和で、未来に希望をもてる社会を子どもたちに手渡してやりたい。これが、今の時代に責任をもつ大人としての最低限の仕事だと思っています。そういう思いを共有してくれ『安倍政治を変えるため野党は共闘を』と願う、すべての人と手をとり、声を上げる先頭に立つ使命を与えられたことに、おおいなる誇りを感じます」と語っています。

スポンサーサイト



2019参院選 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/05/22 21:37
コメント

管理者のみに表示