FC2ブログ

◎野党共闘を評価 メーデーで連合・神津会長

 トヨタ労組が加盟する連合は4月27日、東京・代々木公園で第90回メーデー中央大会を開き、同連合発表で約3万7000人が参加した。メーデーは、5月1日だが、連合は大型連休中の開催を避け、4月末に開いている。全労連は5月1日に開く。

 会場では、「90」と書いたうちわを労働者たちが持った。トヨタ労連や全本田労連、日産労連など自動車総連傘下の組合旗が立った。

 神津里季生会長が、「働き方改革を、過労死、過労自殺根絶を第1歩として、すべての働く者の働き方改革としていこう」とあいさつ。7月の参院選について、「立民や国民民主を中心とした野党の力合わせがようやく新しいステージに向かい始めた」と野党共闘を評価した。

30 2019連合メーデー


 前日の26日には、立憲民主党の枝野幸男代表と日本共産党の志位和夫委員長が会談。安倍政権打倒をめざす野党連携の強化について、①参院選で32ある1人区で野党一本化にむけた協議を加速し、連休明けの早い時期に決着をめざすこと、②その上で、早期の解散・総選挙に備えて、衆議院小選挙区で与野党が競り合っている選挙区を中心に一本化の協議を開始すること―で合意している。

 3年前の参院選では、民進=当時=、共産、社民、生活の野党4党は、安倍政権が強行した安保法制(戦争法)の廃止と立憲主義を守ろう、と全国32の1人区で野党統一候補を擁立。福井県、鹿児島県では地方連合事務局長が野党統一候補になり、香川県では日本共産党の候補が野党統一候補になった。

 その結果、6年前の参院選では野党がわずか2選挙区しか勝利できなかったが、11選挙区で勝利する成果をあげ、神津会長は「一定効果があった」と評価した。

 労働組合、労働者が安倍政権打倒をめざして野党共闘をすすめていくことがいよいよ重要になっている。
スポンサーサイト



労働組合 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2019/04/28 17:00
コメント
安倍政権よりも信用信頼できないのが
今の野党です
安倍政権打倒後がしっかり語れないから
任せられない
夢や理想のみ語る、ポンコツ野党
No title


松浦たけあき (かけはし塾卒、平沼赳夫元秘書、@MatsuuraTakeaki)
本日の演説には杉田水脈議員にも来ていただき、ありがとうございました
杉田議員とは思想信条をともに共有し、美しい国を作っていきたいと思っております

松浦芳子   (日本会議、統一信者、@matsuurayoshiko)
突然、黒い背広の男性たちが、「警視庁」という腕章をかけて排除し始め、 とうとう、私どもの支援者を袋叩きにし始めたのです
演説してもその大声で演説は全く聞こえませんが、その騒ぎの周りで聞いて下さっている区民の皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいです
また杉田先生にお越しいただきましたこと、とても感謝しております。


業績/\4714/\北朝鮮スパイ/\配当/\船城カーサービス/\厚生労働省/\賃金構造基本統計/\令和元年/\和田政宗/\財務省文書改竄/\9984/\安倍晋三/\加計萩生田BBQ

  (赤尾光治 平野滋紀 042―368―1359 )



管理者のみに表示