FC2ブログ

◎トヨタ19春闘労使協 異例・異常事態

 トヨタ自動車の19春闘は、3月13日に会社が回答して終わった。回答は、1万700円で、昨年より1000円下がった。賃上げ(ベア)額は、昨年に続いて公表しなかった。

 今年はさらに、例年、組合の一時金年間要求に対し満額回答していたのを、夏だけの回答(120万円)とし、冬の回答は継続協議とした。トヨタ労組は、これで2年連続して要求と異なる回答を会社から受けたことになる。

 さらに、これまで「労使協は非公開だった」(トヨタ労組役員)が、突然、ネットの動画で公開された。しかも豊田章男社長が緊急インタビューに応じている。何もかも異例、異常な事態になったトヨタの19春闘。何があったのか?
https://toyotatimes.jp/


修 公開された労使協の動画
(「トヨタイズム」にアップされたトヨタの労使協の動画)

 公開された動画は、「トヨタイズム」という。今年の元旦の日経新聞や中日新聞の見開きで「トヨタイズム」という大広告が掲載された。1ページ広告を出した新聞もあった。編集長は俳優の香川照之氏だ。

 その「トヨタイズム」に、回答前日の3月12日、「トヨタ 春交渉2019 『異例の展開』 埋まらぬ溝」の動画がアップされた。トヨタの第3回労使協(3月6日開催)の労使のやり取りが生々しく映し出されていた。

 【組合側】
 「社長は『行司役』なので、このタイミングで伺うのが良いのか(わからない)。社長の反応が『違うんじゃないのか』、『あれはおかしいんじゃないのか』と首を傾げたりするリアクションを見て、やはりモヤモヤを持ったまま、この会場を出ることはできないと思っている。少し感じているようなことで、このタイミングで『話してやろう』ということがあれば、お話いただけるとありがたい」

 【豊田社長】
「今の段階で素直な感想を言うと、私は今までずっとこの労使協に出ているが、本音の話し合いは進んだと思う。でも、今回ほど、ものすごく距離感を感じたことはない。こんなに噛み合ってないのかと。赤字の時も、大変な時も、従業員に自分は向き合ってきた。自分は一体何だったのだろう。これは、背中(会社)にも言っており、こっち(組合)にも言っている。私が(労使交渉の)最初に言ったように、『トヨタとやはり一緒に仕事をしたい』という会社になっているか。やる気のある人もいる、この会社には。やる気がある、ただ、やり方が分からない人がいる。その人たちには、セーフティネットを与えたい」

修 トヨタイズム 中日新聞
(中日新聞に掲載された見開き広告の「トヨタイズム」=2019年1月1日付け)

 【西野委員長】
「第1回の労使協において、社長から『トヨタで働く人は常に変わり成長し続けてほしい。その上で取り組む上での壁だとか困りごとに対して、率直に会社にぶつけてほしい』と言われた。我々も今回の労使協では、そうしたことを含めて本音の議論をしていきたいと、これまでとは違うスタイルで進めてきた。

 各職場でも競争力強化に向けて様々な議論を重ねてきた。社長が言う『本音の議論はできているけどまだまだ』といった所にギャップはあるが、決してトヨタの置かれた状況を軽く見ている人はいないと思っている。こうした議論はしっかり職場に持ち帰り、展開する。今日も再三言われた『生きるか死ぬか』の状況で、会社からは大変強い危機意識を伺った。しっかり組合員と共有してまいりたい」

 豊田社長から「今回ほど、ものすごく距離感を感じたことはない。こんなに噛み合ってないのか」といわれたら、しかも組合だけではなく、「背中(会社)」も危機感が足りないと言われて、労使協の場は凍り付いただろう。

 世界の自動車産業は、電動化、自動運転化などCASEと呼ばれる「100年に一度の大変革期」(豊田社長)に真っただ中にある。GAFAと呼ばれる米IT企業がトヨタの先を走っている。

 豊田社長の意を受けて労使協では、「『生きるか死ぬか』の緊迫感が腹落ちしておらず、危機感が自覚出来ていない」(寺師茂樹副社長)などともっと組合員が危機感を持つ必要があると主張してきたが、それでも足りないと豊田社長は言うのだ。

 一時金について夏しか回答しなかったのは、“ショック療法”的に、いっそうの危機感を持つように求めたのだろう。賃金回答の詳細は次のようであった。

修 金属労協 ボード
(金属労協のホワイトボードに書かれたトヨタの回答=3月13日)

 ▽「人への投資」も含め、全組合員一人平均 10,700円 とする。
▽頑張っている人の頑張りを更に引き出す取り組みについては、以下のとおり。

・定年後も処遇がほぼ変わらない上級スキルドパートナーの拡大
・同じ職場で働く仲間として、シニア期間従業員の方および、在籍1年未満の期間従業員の方への食費補助手当の導入

・期間従業員から正社員へ登用された方の賃金是正
・TL(チームリーダー)手当の増額
・学歴や在籍年数にとらわれることなく、頑張った人がきちんと報われるための事技職における高卒、高専卒の昇格適正化、業務職の上位資格導入、中途採用業務職の賃金是正
・介護や障がい者サポートを充実させるための相談窓口の設置等

▽本交渉終了後、速やかに労使専門委員会を設けて、「頑張った人がより報われる」「お天道様が見ている」会社を目指し、賃金制度維持分や一律分のあり方も含めて評価・昇格・処遇制度について棚卸しの上で、見直しを行う。

▽更には、人事施策の見直しとして、以下に取り組んでいく。
 ・業務職の方の完全在宅勤務制度の導入、および事技職以外の方の配偶者転勤時のキャリア継続支援施策
 ・(身につけるべき)能力マップの導入
 ・技能職の配置ポスト再構築等
スポンサーサイト



19春闘 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/03/17 11:47
コメント
No title


日本青年会議所の新刊「日本を再生する66の提言」
日本青年会議所 業務上横領事件。 日本青年会議所 旭川女体盛事件。八尾日本青年会議所殺人事件
グラスに注いだビールに男性器を突っ込み、エキスの入ったビールを飲む事で主要ポストに就く事ができる。
日本青年会議所の飲み屋では入店前に値切り交渉して飲み歩く嫌われもの。研修旅行という名の買春旅行。
日本青年会議所には過去に犯罪を犯して新聞沙汰になった前科者がいる。
金持ちボンボンの麻生と安倍が、金持ちボンボンのJC(日本青年会議所)を使って貧乏キモオタのネトウヨを操って高笑い。
アヘンを中国人に売りつけ、それを戦費にして中国に侵略する。さすが外道。 アヘン三世 安倍晋三


高須克弥先生、アメリカ美容外科学会から追放される   ナチスセクハラ足立康史パワハラ
和田政宗/\北朝鮮スパイ/\加計萩生田BBQ/\4714/\安倍晋三/\厚生労働省/\賃金構造基本統計/\船城カーサービス/\済生会/\大畑亮介/\増木重夫/\2020tokyo


    (赤尾光治 平野滋紀 042―368―1359 )



管理者のみに表示