FC2ブログ

◎沖縄・辺野古 軟弱地盤90m 防衛相認める

 「『辺野古』平行線 続く難路 玉城知事、県民投票の結果伝達 首相は工事推進崩さず」――3月2日付の日経新聞は、前日の1日に行われた玉城―安倍会談の様子を大きく扱っていました。

 玉城デニー知事は、沖縄県の県民投票(2月24日)で、72%の県民が「辺野古の埋め立てノー」の民意を示したことを安倍首相に伝えました。以下は日経の記事です。

……
 玉城氏は会談で反対票が7割を超えたと説明し「民意が初めて明確にされたことは重要な意義がある」と述べた。「民意は尊重されなければならず、工事は直ちにとめてほしい」と訴えた。

 首相は「結果は真摯に受け止める」としながらも「普天間の危険な状況を置き去りにできない」と指摘。「(辺野古移設を)これ以上先送りできない」と応じ、双方の主張は平行線で終わった。
……

修 日経 玉城×安倍
(日経新聞3月2日付から。玉城知事=左=と安倍首相)

 日経は、安倍政権にとって「もう1つの火だね」が軟弱地盤への対応として、次のように指摘しました。

……
 県は18年11月、地盤改良によって政府計画の10倍にあたる2兆5500億円の費用が必要だとの試算を公表。2月には政府が公表していない段階で、政府が砂のくい約7万7千本を用いて、最大で海面から90メートルまで打ち込む工事を計画していると明らかにした。

 これに岩屋毅防衛相は(2月)28日、くいは水深70メートルの地点までで済むと説明。「(改良工事の面積の)全体の約7割は水面下40メートル未満の工事だ」と反論した。県は環境保全の観点などから設計変更を認めない構えだ。
……

 この岩屋防衛相の説明は、日本共産党の赤嶺政賢議員(衆院沖縄1区選出)の衆院予算委員会での質問に対してのものです。軟弱地盤が最深90mにおよぶことを、岩屋防衛相が公式に初めて認めた答弁でした。

 防衛省は、1月18日に国土交通省に提出した「地盤に係る設計・施工の検討結果報告書」で明記していました。赤嶺議員の追及にやっと認めましたが、行政不服審査請求の最中であることを理由に「全貌を明らかにすることは控えたい」と拒否しました。

 72%の県民が「辺野古の埋め立てノー」の民意を示したにもかかわらず、埋め立てを継続し、軟弱地盤を把握しながらデータの全貌を公表しないという姿勢です。

 岩屋防衛相は、砂杭で打ち込める最大の深さは70mと答弁しました。残りの20mに対しては、「必ずしも固く安定した土層に達する深度まで施工しなくても、安定性は確保できる」とのべました。

 赤嶺議員は、地盤工学の専門家・日本大学理工学部の鎌尾彰司准教授が「改良深度が20mほど足りない分、未改良の軟弱地盤が下層に残り、長期間にわたる地盤沈下が発生するだろう」とのべていると指摘。「沈み続ける基地をつくるということだ」と批判しました。

 安倍首相は、玉城知事との会談でも民意を無視し、「辺野古が唯一の選択」という姿勢を取り続けています。専門家から見ても無謀な地盤改良工事なのに、あくまで辺野古にしがみつこうとしています。
スポンサーサイト



沖縄 | コメント(9) | トラックバック(0) | 2019/03/02 14:17
コメント
No title
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/390013

池田竹州知事公室長は「●●は◯◯の移設で、新基地ではない」と主張。玉城デニー知事は「(●●移設は)適切な環境保全措置等を踏まえて、進められるべきだと思う」と答えた。

 また●●の港は水深20メートルで、移設されると強襲揚陸艦が接岸できることから那覇より機能強化になるとの質問に、池田氏は「政府から新たな機能が付与されるという説明を受けていない」、謝花喜一郎副知事は「復帰前の◯◯にはさまざまな艦船が接岸していた。強襲揚陸艦も基本的には接岸可能で、(移設で)機能が強化されることにはならない」と答えた。

 玉城知事は「機能の移転だというふうに認識している」と述べ、機能強化という考え方を否定した。


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2018-01-22/2018012201_04_1.html
新基地には佐世保基地(長崎県)の強襲揚陸艦ワスプ(全長257メートル)が接岸可能な軍港(272メートル)も設けられます。ワスプはF35Bステルス戦闘機が搭載可能。同機は伊江島で離着陸訓練を行い、激しい爆音と高熱のジェット噴射をもたらします。

 安倍政権は、市街地の真ん中にある普天間基地とは違い、辺野古では「飛行経路が海上になるから安全」だと述べています。しかし、この間、普天間所属機が沖縄全土で事故を起こし、こうした「移設」合理化論は完全に破たんしています。

0302
No title
>72%の県民が「辺野古の埋め立てノー」の民意を示したにもかかわらず、埋め立てを継続し、軟弱地盤を把握しながらデータの全貌を公表しないという姿勢です。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-10-25/2017102501_04_1.html
小選挙区で自民党は約2650万票を獲得し、得票率は47・82%。全有権者の中で自民党に投票した率(絶対得票率)は24・98%にすぎませんでした。


共産党上層部からの指示
「選挙の時の絶対得票率を持ち出した党員は反党行為として処分致します。相互監視を強めるように。」
No title
は、は、は、は。日本共産党の議論は自由闊達ですよ。そんなことでの処分は金輪際ございませんからご安心を。それともあなたが強迫観念に襲われている?
😂
むりっぽ
No title
共産党の議論は自由闊達です!

反党行為は問答無用で除名ですが自由闊達です!



http://tablo.jp/street/news003226.html
・物品納入業務をホタル館の職員の知人で共産党員でもある業者を指名して契約

・公費で1200万以上が支払われているが業務の実態が無い

・業者が日本共産党印旛地区委員会に政治献金をしていた記録を見つけ、党に調査を求めたが黙殺

・党の東京都委員会と板橋地区委員会が松崎の調査を妨害した上、一方的に批難

・松崎を呼び出して「自己分析を求める」と言い放ち除名

また、共産党からの査問呼び出しがあった際の出来事について、松崎いたる板橋区議は以下のように語っています。

「このときの査問でいちばん怖かったのは党幹部に 『あなたが何を主張しても事実は変わらない』といわれたことでした。客観的な事実のことではありません。党が決めてしまった"事実"のことです。真実は何かを検討する対等な話し合いではなく、一方的な『刑罰』の言い渡しの場にすぎませんでした」
No title
松崎氏がネットで一方的な言い分を拡散していますが、それを受け売りしてもせんがないですよ。
No title
受け売りと言うか疑惑が元内部にいた人から暴露されてるんだから潔白を証明すれば良いのでは?

いつも政府とかには求めてる立場だからこそお手本を見せなきゃ。
むりっぽ😂
No title
【拡散】国民が知らない“日本維新の会”の実態【シェア】
民進党批判などゆえ、ネット保守は【維新を神格化】しているが、それだけでいいのだろうか。大阪に実際に足を運び、耳を傾けてきた。
例えばネットで有名な足立康史議員。地元から指摘されている点は
「国会議員を目指すにあたり、母親が創価学会員で公明党からの出馬を模索するも断られ、自民党から国政を目指したが相手にされず、結局は“みんなの党”から国会議員に」という経緯の指摘。確かに、公明党の批判は見受けられない。
本当なのだろうか?という思いから、実際に大阪に赴き、足をつかって聴いてきた。
公明党との関連や、自民出馬を狙った話は「リアルで浸透」している話。仮に事実と異なるならば、ご本人から説明があって然るべきだと思う。

金持ちボンボンの麻生と安倍が、貧乏キモオタのネトウヨを操って高笑い。


    (赤尾光治 平野滋紀 042―368―1359 )

管理者のみに表示