FC2ブログ

◎沖縄県民投票 辺野古埋め立て反対 7割超

 沖縄県名護市の辺野古の海を埋め立てて、米軍の新基地を建設することの是非を問う県民投票(「普天間飛行場の代替施設として国が名護市辺野古に計画している米軍基地建設のための埋め立て」)が2月24日、投票され、「反対」が43万4273票で、72・15%に上りました。

 安倍政権が強権を使ってごり押ししていることに、沖縄県民は圧倒的多数で「ノー」を突き付けました。この県民の選択に思い起こしたのが辺野古のテント村に掲げられたボードでした。

 「勝つ方法はあきらめないこと」

勝つ方法は


 そうです。沖縄県民は決してあきらめず、安倍政権の脅しに屈しなかったのです。投票率は、過半数を超え52・48%。自民党、公明党が運動を盛り上げさせないようにするなかで国政選挙並みの投票率を確保しました。

 「賛成」は、11万4933票の19・10%、「どちらでもない」は、5万2682票の8・75%でした。

 投票を前に明らかになったのが辺野古の海の軟弱地盤問題です。安倍政権が隠し続けていた問題で、東京新聞や「しんぶん赤旗」などが報道。地盤改良のためには、砂の杭を約7万7000本も打ち込まざるを得なくなったことです。最深90メートル(海底まで30メートル、地盤の厚さ60メートル)で、これまで経験したことがないような深さです。

 安倍政権は、新基地建設の総事業費を2405憶円としていましたが、沖縄県の試算では、地盤改良工事費1500憶円を含めて2兆5500億円というばく大な費用がかかること。工事も大幅に遅れることは必至です。危険な普天間基地は、いつまでも使われ続けることになります。

 日米両政府が普天間返還で最初に合意したのは23年前の1996年4月。ところが返還期限は、「2001年」→「14年」→「22年度」とずれこみ、今や工期も返還時期も明示できない状態になっています。

 日本共産党の志位和夫委員長は同日、「安倍政権に対して、辺野古新基地建設のための埋め立てをただちに中止することを強く求めます。普天間基地は、『辺野古移設』という『条件付き』では、永久に返ってきません。無条件での撤去を求め、米国と交渉することを強く求めます」などとの談話を発表しました。

             ◇

 この記事は、2月26日にアップする予定でしたが、前日にアップしました。

スポンサーサイト



沖縄 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2019/02/25 18:37
コメント
No title

自民党小野寺まさる氏、「安倍総理と朝鮮統一協会の関係」を認める。(@onoderamasaru)
「歴史がある」安倍\統一教会\自民党\電通\在日\朝鮮\CIAの売国つながり
安倍晋三、「指定暴力団 山口組の金庫番」で韓国籍の永本壹柱(本名・孫壹柱)との親密写真。

電通は、安倍昭恵が好きな韓流ブームを作り、在日芸能人を使っている。 統一教会が、ロシアの潜水艦を北朝鮮に売却。
統一協会の最初の日本拠点は岸信介の自宅の隣で、祖父の岸、安倍晋太郎、安倍晋三と三代に渡って統一協会につながる。統一協会は、北朝鮮に自動車メーカ「平和自動車」設立など、北朝鮮と裏でつながる

植松聖容疑者、犯行直前に美容整形手術(クリニック)「麻生様 高須様、宜しくお願い致します!ナチスの思想が2週間前におりてきた」
高須克弥先生、アメリカ美容外科学会から追放される   ナチスセクハラ足立康史パワハラ
業績/\4714/\北朝鮮スパイ/\配当/\船城カーサービス/\和田政宗/\0224沖縄県民投票/\賃金構造基本統計/\9984/\安倍晋三/\加計萩生田BBQ/\3938
    (赤尾光治 平野滋紀 042―368―1359 )
もう、めちゃくちゃ
基地反対だが容認している所もあり
普天間飛行場が辺野古に行き一歩前進したか思たが反対し、普天間飛行場も返還求めるとか言う
県民投票前には、基地建設反対から軟弱地盤とか強度の話?が出る
投票率は50%で感心が薄いのに、7割反対とか民意民意を支持率1%の政党が声だかに叫ぶ

沖縄生まれで居住10年以上対象の
納税者全員で投票を義務付け決着すれ
No title
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/390013

池田竹州知事公室長は「●●は◯◯の移設で、新基地ではない」と主張。玉城デニー知事は「(●●移設は)適切な環境保全措置等を踏まえて、進められるべきだと思う」と答えた。

 また●●の港は水深20メートルで、移設されると強襲揚陸艦が接岸できることから那覇より機能強化になるとの質問に、池田氏は「政府から新たな機能が付与されるという説明を受けていない」、謝花喜一郎副知事は「復帰前の◯◯にはさまざまな艦船が接岸していた。強襲揚陸艦も基本的には接岸可能で、(移設で)機能が強化されることにはならない」と答えた。

 玉城知事は「機能の移転だというふうに認識している」と述べ、機能強化という考え方を否定した。


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2018-01-22/2018012201_04_1.html
新基地には佐世保基地(長崎県)の強襲揚陸艦ワスプ(全長257メートル)が接岸可能な軍港(272メートル)も設けられます。ワスプはF35Bステルス戦闘機が搭載可能。同機は伊江島で離着陸訓練を行い、激しい爆音と高熱のジェット噴射をもたらします。

 安倍政権は、市街地の真ん中にある普天間基地とは違い、辺野古では「飛行経路が海上になるから安全」だと述べています。しかし、この間、普天間所属機が沖縄全土で事故を起こし、こうした「移設」合理化論は完全に破たんしています。

管理者のみに表示