FC2ブログ

◎「沖縄 18末」④ 人頭税の宮古島(上)

 18年年末の沖縄旅行は、宮古島から始まった。中部国際空港から宮古島への直行便で行った。宮古島には3日間滞在したが、残念なことに3日間とも雨だった。

 島には、人頭税の石があることを知っていたが、その他の事は何も知らなかった。昨年11月、名古屋で見た映画「宮古島SOS」で、自衛隊が宮古島の中央部にある千代田カントリークラブというゴルフ場を買収し、ミサイル基地を作ろうとしていることを知った。

宮古島11

宮古島1


 宮古島は、直角三角形のような形をしており、沖縄島と台湾のほぼ中間にある。人口約5万2000人。山がないし、川もない平らな島である。周辺の伊良部島、下地島、来間島、池間島とは、大きな橋でつながっており、いずれも車で行くことができる。

 沖縄旅行2日目の12月25日朝、島の中央部に近いゴルフ場、千代田カントリークラブ跡へ行く。車でゴルフ場を1周したが、ほとんどの土地が整地され、いろいろな施設の建設が始まっていた。

宮古島2
(自衛隊のレーダーサイト)

 正面玄関ゲートの前では、雨の中で5人の女性がスタンディング行動をしていた。すぐそばに、航空自衛隊のレーダーサイトがあり、レーダーをドームで覆った塔が2つ見えた。

宮古島4

宮古島3

 レーダーサイトから出ている電磁波は、基準の2000倍もあるそうだ。将来、健康に悪影響があるのではないかと心配していた。その上、ミサイル基地を作るなんて許せないと話してくれた。基地建設は、17年11月から始まっている。

 この後、北部にある宮古南静園ハンセン病歴史資料館へ行った。戦前の沖縄戦は、死者約20万人、県民の約4分の1が犠牲になった。その時の悲惨な状況や爆撃で弾痕が残る塀などを見せてもらった。

宮古島5

宮古島6
(沖縄戦での弾痕跡)

 雨の中、車で島内を回り、島の西側にある伊良部島への長い橋を渡った。伊良部島に西側にくっつくような下地島へ行った。その後、島内を走り回った。思っていたよりも狭い島で、どこ行くのでも車で20分圏内だと分かった。

 今回は、雨ばかりだったが、宮古島の概略がわかったので、来年は詳しく回ってみたいと思った。
スポンサーサイト



沖縄 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/01/06 16:14
コメント
この記事のミサイル基地反対で出ている左側の人は差別発言で市議の辞職勧告を受けるも議員を続けて次の選挙で落選した石嶺香織さんじゃないかな?

赤旗などで問題発言以前から取り上げて支援してたけど、さすがに問題発言以後は名前を出せなくなったけど、水面下では支援続けているのかな?
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-07-08/2015070814_03_1.html



http://www.miyakomainichi.com/2017/03/97889/
2017年3月14日(火) 9:06

「陸自来たら婦女暴行起こる」
石嶺市議がフェイスブックに投稿/批判殺到受け削除、謝罪

自身のフェイスブック上に投稿した内容が事実に基づかない表現だったとして謝罪する石嶺香織市議=13日、市役所平良庁舎議員応接室
自身のフェイスブック上に投稿した内容が事実に基づかない表現だったとして謝罪する石嶺香織市議=13日、市役所平良庁舎議員応接室

 宮古島市議の石嶺香織氏(36)が自身のフェイスブック(FB)上に「陸上自衛隊が宮古島に来たら、絶対に婦女暴行事件が起こる。軍隊とはそういうもの」などと投稿し、全国から批判する書き込みが殺到した。その後、石嶺氏はFB上で釈明し、投稿を削除。13日には宮古毎日新聞社の取材に「事実に基づかない表現だった。おわびして撤回する」と謝罪した。自衛隊関係者からは「自衛隊に対する侮辱的発言だ」などと批判の声が上がり、法的措置も視野に入れた対応を取る方針を示している。議員辞職を求める声も上がっており石嶺氏は「私自身は、宮古島に基地を造らせたくないという気持ちがある。それを実現するために頑張りたい」などと述べ、辞職しない考えを明らかにした。

管理者のみに表示