FC2ブログ

◎データねつ造 365件 それでも裁量労働制拡大か!

 安倍晋三首相が、ねつ造されたデータをもとに、労働時間は、裁量労働制で働く労働者の方が一般労働者より短いと答弁し、謝罪と撤回に追い込まれた大問題。データねつ造は365件、1年の日数にまで及びました。

 厚生労働省が2013年度にまとめた「労働時間等総合実態調査」のデータ。1日の労働時間が45時間、1日で4時間30分の残業をしているのに、月間になるとゼロ…考えられないような数字がぼろぼろと出てきたのです。

40 厚労省 データ
(1日の残業時間が45時間? 信じられない数字が並ぶ厚労省のデータ=ネットから)

 あきれてものが言えないほどです。厚労省は、森友学園問題で、「資料は廃棄した」と佐川宣寿・前財務省理財局長が国会で答弁しながら、その後、資料が続々出てきました。

 日本の官僚機構はどうなっているのでしょうか。深刻な実態です。こんな調査データをもとに、裁量労働制の対象を拡大しようとしているのです。企画業務の裁量労働に、「課題解決型提案営業」と「実施状況の評価を行う業務」を加えようとしています。

 「提案営業」とは、労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の文書には、例として「取引先企業のニーズを聴取し、社内で新商品開発の企画立案を行い、当該ニーズに応じた課題解決型商品を開発の上、販売する業務」などを想定しているとあります。

 この「提案営業」の業務をしていたのが、広告の電通で入社1年目に過労自殺した高橋まつりさんです。日本社会にショックを与えた過労死事件として、残業規制の声がまきおこる大きなきっかけになりました。

 過労死、過労自殺の労災認定件数は、年間200件前後で高止まりしています。過労死をなくさなければならないのに、反対に過労死を増やしかねない裁量労働制の対象業務を拡大しようとしているのが安倍政権です。

 データねつ造が明らかになっても、安倍政権は裁量労働制の拡大をふくむ「働き方改革」一括法案の提出を撤回しようとしません。2月27日、日本共産党や立憲民主党など野党6党は合同院内集会を開催しました。

 裁量労働制のデータの再調査や法案の提出の見送り、森友・加計学園問題での証人喚問などを求めました。働く者の命まで軽んじる安倍政権の暴走を許さない世論をいっそう高めましょう。
スポンサーサイト



過労死 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/02/28 13:46
コメント
No title
戦後、日本に戦死者は居ない等と捏造している共産党はどうすんの?
No title
ブログ主様へ

今回のテーマとは少し逸脱しますが、有益な情報に接しましたので、紹介させて下さい。

http://www2.shizuokanet.ne.jp/~sabu/okite.html
No title
裁量労働制は・・どうでもいい。
平社員には関係ないし・・
選択制にするかどうかだけを法律で決めれば
問題無と思うが。
トヨタでも裁量労働制は係長級以上で
申告制だから・・遠い存在の話です。
まだモリカケで
騒いでるよるましかな。

管理者のみに表示