FC2ブログ

◎原水爆使用 即死者は原爆で6万6000人、水爆で37万人

 北朝鮮の核・ミサイル開発・実験は、国際社会に挑戦する許されない暴挙です。同時に、朝鮮半島や日本をはじめ北東アジアに大惨事を起こす米朝の軍事衝突、核戦争は、絶対に許してはならないでしょう。

 安倍首相は、軍事攻撃の選択肢を否定しないトランプ大統領と「100%ともにある」とくり返し、対話を否定しています。一部からは、「やられたら、やり返せ」とばかりの過激な発言があります。

 もし核兵器を使ったらどうなるでしょうか? 4年前の2014年3月、外務省が委託した「核兵器使用の多方面における影響に関する調査研究」が発表されました。

 朝長万左男・日本赤十字社長崎原爆病院長を主査する5人の学識経験者がまとめたものです。その内容は衝撃的です。核戦争を起こしたら、「いかなる自然災害をも上回る被害を生じることは間違いない。その死傷率は社会が耐えられないレベル」と報告書が書くほどです。

原水爆死者数
(100万都市における原水爆の死傷者数=報告書から)

 報告書では、「仮想人口100万人(郊外人口40万人)現代都市における核爆発の死傷者数(即時及び遅発)」の表を掲載しています。広島型の16キロトン原爆と1メガトンの水爆の両方を推定しています。

 それによると、即死者数は原爆で6万6000人、水爆で37万人です。水爆では、100万人のうちの3分の1が即死するという恐るべき推定です。この数字を見たら、核戦争を起こすことなんてありえないでしょう。

 即時傷害者も、原爆で20万5000人、水爆で46万人にもなります。水爆では、100万人のうち66万5000人、なんと3分の2が投下と同時に死傷するというのです。

 報告書には、広島、長崎の被爆者と被災地の生々しい写真も掲載されています。北朝鮮の核・ミサイル開発、実験を許さないためにも、米朝間の無条件対話を緊急に行うなど、対話、話し合い、交渉を行うよう国際世論を高めることが必要です。

 同時に、核兵器禁止条約が結ばれることが重要です。唯一の戦争被爆国である日本の安倍政権が条約を批准しない態度を示しています。安倍政権に批准を迫る署名にぜひ、サインしましょう。

 この調査研究の報告書は、外務省のホームページで見ることができます。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/dns/ac_d/page23_000872.html

スポンサーサイト



戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/02/26 13:17
コメント
No title
シリアで化学兵器による民間人虐殺

米軍による化学兵器工場の空爆

共産党「化学兵器があるか分からないのに攻撃すべきではない」

再度シリアで化学兵器による虐殺

共産党「無視」

核兵器でも共産党は同じ事を繰り返す。
そして北朝鮮が化学兵器禁止条約に批准していないことも無視する。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/046/0514/04610300514002a.html

以下、共産党の参議院議員による発言

 まず第一に、世界の核保有国が五カ国となった。ことに世界の四分の一の人口を持つ社会主義中国が核保有国になったことは、世界平和のために大きな力となっている。元来、社会主義国の核保有は帝国主義国のそれとは根本的にその性格を異にし、常に戦争に対する平和の力として大きく作用しているのであります。その結果、帝国主義者の核独占の野望は大きく打ち破られた。これが第一。
No title
>それによると、即死者数は原爆で6万6000人、水爆で37万人です。水爆では、100万人のうちの3分の1が即死するという恐るべき推定です。この数字を見たら、核戦争を起こすことなんてありえないでしょう。

これこそがまさに「核抑止力」の考えの原点ですね。

管理者のみに表示