FC2ブログ

大震災で休暇中 賃金は補償されるのでしょうか? 

生産再開へ 堤工場
(28日から生産が再開される堤工場)

 先日、東日本大震災で休暇中のトヨタ関連の派遣労働者から、次のようなメールをいただきました。
〰~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
僕は トヨタの関連の部品工場で働いてるのですけど
この災害で長期休暇中ですけど
派遣の場合は どうなるでしょう…
ちなみに まだ入ったばかりで有給休暇もないので来月の給料は 休み扱いになると
生活するのが厳しくなります
せめて何%でも保証があればいいですけど…
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ブログ「トヨタで生きる」への御意見、ありがとうございます。ご質問の件ですが、トヨタ自動車は、東日本大震災で部品が調達できないなどとして、14日から工場の稼働を休止しました。28日からプリウスを生産している堤工場などは生産を再開しますが、他の工場は休止のままです。

 トヨタの場合、期間従業員の人は日給のために、工場が休止になると1日約1万円の賃金がどうなるのかと大変、不安に思っています。とりあえず、10日間の休止のうち23、24、25日は、個人の年休の残りが6日未満の労働者の場合、特別休暇として賃金の90%が補償されることになりました。
 
 工場が生産調整で休止(休業)になる場合、労働基準法26条で、平均賃金の6割以上を支払わねばなりません。トヨタは、これに上乗せして90%を支払います。

民法536条にもとづき、使用者の責任でない天災などの場合は、使用者に支払う義務はない、との見解もあります。しかし、トヨタや関連会社が震災でつぶれて生産できないのではありません。部品の調達ができないのです。

 また、就業規則や労働協約などで天災などでも支払うことが明記されていれば、使用者は支払う義務が生じます。派遣労働の場合、どのようになっているか部品会社と派遣会社に問い合わせてください。

 そうした就業規則がないとしても、今回は親会社のトヨタで生産ができなくなったために、関連部品工場でも休止になったのです。親会社のトヨタに責任があります。トヨタも90%の賃金を補償しています。ですから、トヨタや関連部品工場、派遣元に補償を求めることは十分可能です。

 それでも補償されない場合は、このブログ「トヨタで生きる」に再度、相談して下さい。私たちは全力をあげて解決できるようにしたいと思います。
スポンサーサイト



質問について | コメント(1) | トラックバック(0) | 2011/03/26 08:25
コメント
ありがとうございます
こんな事になって 先が見えない状態で不安でしたけど このブログで僕のメールの質問に こんなに取り組んでもらい 本当にありがとうございます
今日テレビで地震の影響で 企業が休んでるので
労働者の不安を電話で受けてるって あったので
リーマンショックの時のように派遣ぎりがあるんじゃないとか

管理者のみに表示