FC2ブログ

◎トヨタ 来年度の採用計画1160人

 4月、トヨタ自動車の職場には、新入社員が配属になります。みんな、緊張するでしょう。4月1日に本社で入社式に臨んだのは約1200人。作業衣姿でした。

 桜が満開の本社地区で教育を受け、それぞれの部署へ配属になります。今年度、採用になったのは大卒が619人、高専卒などが30人、高卒が513人で、合計1162人(日経新聞、4月21日付)といいます。

 来年度の採用計画は、同紙によると大卒620人、高専卒などが30人、高卒が510人で、合わせて1160人です。採用人数では、日本の大企業で12位です。14年3月期決算では、史上最高の利益をあげる見通しですが、前年並みです。

新入社員
(トヨタの新入社員=2013年4月)

 バブル崩壊後やリーマン・ショック後の就職氷河期には、大卒は数十社受けても内定がとれないという深刻な時期でした。しかし、今も「学歴フィルター」で、企業は志望者をふるい落としているというのです。

 朝日新聞が3月30日付で報道したものです。スマホで就職説明会の申し込みをしようとすると、全日程が「満席」「満席」で応募できないといいます。企業が有名大学を指定しているためといいます。

 「人気企業1社に数万人も応募が殺到する今の状況は、学生にも企業にも無駄が多く、おかしい」といって企業と学生を仲立ちするベンチャー企業もあらわれています。

 同時に、「企業はどの大学から何人採用したのか開示して、学生が採用されそうか客観的に把握できるようにするべきだ」と主張します。

 難関を突破してトヨタに入社された新入社員のみなさん。これから労働者として、職場で働くことになります。当然、労働基準法などで労働者の権利は守られています。賃金、労働時間、年休…しっかり学び、身に付けましょう。


スポンサーサイト



職場は今 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/04/22 10:50
コメント
No title
若者の半分以上が大卒の時代なので、トヨタの総合職は(ほとんど)大学院卒しか採らないものと思ってました。


他の上場企業の中には、ほとんど院卒しか総合職は採らない所があると聞いていたのですが…。


意外でした…。

管理者のみに表示