FC2ブログ

◎NHKが伝えた 日本共産党の参院選政策

 7月の参院選挙がせまりましたが、NHKは6月6日の午後7時のニュースで、日本共産党が同日発表した参院選政策を伝えました。次のように、コンパクトにまとめています。

              ◇

 共産党は、夏の参議院選挙の公約を発表し、消費税率の引き上げを中止するとともに、企業の内部留保の一部を賃金の引き上げに充てることなどで国民の所得を増やし、本格的な景気回復につなげるとしています。

 それによりますと、安倍政権の経済政策について、「国民の所得を増やす『矢』は1本もなく、これから雇用のルール破壊や社会保障の大改悪、消費税の大増税という『毒矢』が放たれようとしている」と指摘しています。

 そのうえで、本格的な景気の回復に向け、消費税率の引き上げを中止するとともに、企業の内部留保の一部を賃金の引き上げや非正規労働者の正社員化に充てることを通じて、働く人の所得を増やすとしています。

NHK 共産党が参院選政策
(NHKの6月6日午後7時のニュースから)

 また、社会保障制度については、「最低保障年金」を創設し、いわゆる無年金や低年金の解消を図るほか、医療費の窓口負担の軽減などを掲げています。

 このほか、憲法については、国会が憲法改正を発議する要件を定めた96条の改定に反対するほか、原発の再稼働と輸出を直ちに中止し、太陽光などの再生可能エネルギーに大胆に転換するとしています。

 志位委員長は「アメリカいいなり、財界中心、歴史逆行という安倍政権のゆがみを持った古い政治に真正面から対決していく」と述べました。

             ◇

赤旗 参院選政策
(「しんぶん赤旗」、6月7日付)

 政策のタイトルは、「安倍政権の暴走に立ち向かい、『国民が主人公』の新しい政治を――参院選で問われる大争点と日本共産党の改革提言」です。志位委員長は、「今度の参院選挙のキーワードは『自共対決』です」と指摘しました。

 これは議席の大小からだけでいうのではなく、安倍・自民党政権の3つのゆがみと真正面から対決しているのは日本共産党しかないという政党状況だからです。

 政策の全文は、次のアドレスで読むことができます。是非、アクセスしてください。
 http://www.jcp.or.jp/web_policy/2013/06/2013saninseisaku.html

スポンサーサイト



2013参院選挙 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2013/06/07 15:31
コメント
No title
議論から逃げずに、コメント投稿者の質問にきちんと答えなさい。
>企業の内部留保の一部を賃金の引き上 げや非正規労働者の正社員化に充てること を通じて、働く人の所得を増やすとしてい ます。

個人や私企業の財産権軽視もいいとこな憲法違反の政策ですね。
まさにやろうとしていることは共産主義国、企業は国営化みたいな中身ですね。
喉元に刃を突きつけられても共産党には投票できません。

管理者のみに表示