FC2ブログ

◎橋下・問責決議 「脅しに屈した公明党」

 「従軍慰安婦は必要だった」という橋下徹・日本維新の会共同代表(大阪市長)の発言は、国内ばかりか、世界からも批判が相次ぎ、大阪市議会(定数86)では5月30日、問責決議が出される事態になりました。

 「市政を混乱させた」として自民党(17)、民主党系(9)、日本共産党(8)が共同提案したものです。公明党(19)も賛成するとみられており、維新(33)を除く賛成で問責決議が採択されて、橋下市長は窮地におちいると報道されていました。

 ところが30日の午前、維新の会の幹事長の松井一郎大阪府知事が記者に、「問責は不信任と同じ。民意を問うことになる」とのべました。問責決議が採択されなら、橋下市長は辞任し、市長選挙が7月の参院選挙と同じ日に行われるとのべたのです。

NHK 橋下問責 
(5月31日のNHKニュースから)

 これにあわてたのが公明党。「市長の辞職を求めるものではない」といって、文面は同じながら、題名から「問責」を除いた別の決議案を提出しました。2つの決議案は、過半数に達せず、採択は否決されました。松井知事は、「公明党さんが大人の対応をしてくれた」とのべました。

 その夜の朝日放送系の「報道ステーション」は、トップニュースで伝え、現地記者は「脅しに屈した公明党」と指摘しました。31日の毎日放送系のテレビのコメンテーターは、「ふがいない公明党」とのべるなど、公明党の対応に批判が集中しました。

 橋下氏の発言は、橋下氏がアメリカ行きを中止せざるを得ないほど、アメリカからも強い批判がでたものでした。橋下氏には、市長の資格はなく、発言を撤回し、市長を辞任しても当然のものでした。

 昨年の総選挙では、維新の会は、公明党が候補者を立てた小選挙区では維新の候補の立候補を見送り公明党を支援しました。窮地の橋下氏に、救いの手を伸べたのが公明党です。

 市議会では、市営地下鉄・バスの民営化の継続審議、水道事業の府と市の統合の否決が相次ぎました。橋下「改革」の目玉である「大阪都」構想も先が見えず、橋下氏は、市民、国民の反撃で追いつめられています。

スポンサーサイト



その他 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2013/05/31 11:17
コメント
そんな共産党は大阪市長選で自民や民主と一緒になって平松さん支持してましたね。
No title
橋下氏が、このようになることを予想しての共同。
No title
創価学会・公明党は、現世利益追求集団、上品な表現をすればプラグマチズムに立脚してるから、今回のことは驚くに値しないのではないでしょうか?共産党も、かっては、創共協定を締結されてではないですか?その協定、今でも有効なのですか?

管理者のみに表示