FC2ブログ

◎橋下発言 ドイツは、ナチスを今も忘れない

 従軍慰安婦発言などで、日本と世界から批判された橋下徹・日本維新の会共同代表(大阪市長)は5月27日、外国特派員協会で2時間半にわたって記者会見しました。

 橋下氏が事前に用意した文書は、新聞社がネットで全文を配信しており、この日のニュースとともに、読んでみました。あきれました。いい訳、強弁、アメリカには謝罪するが元慰安婦にはしない、他の国も同じことをやった、日本だけが悪くない、メディアへの責任転嫁…これで政治家でしょうか。

 2週間前の5月13日(月)、橋下氏は市役所で記者にこう語りました。

 「銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で、命をかけて走っていくときに、どこかで休息をさせてあげようと思ったら慰安婦制度は必要なのは誰だって分かる」

外国特派員 橋下会見
(NHKテレビ、5月27日放送から)

 こんな発言はどこから出てくるのでしょうか? 世界大戦を経験した20世紀は戦争の時代といわれています。日本、ドイツ、イタリアのファシズム、侵略戦争は2度と許さない、というのが21世紀の人類の到達点です。

 ドイツは、ナチスによる政権の掌握から80年となる今年1月30日、ヒトラーの侵略戦争やユダヤ人大虐殺の過ちを繰り返さないため、式典や催しを行いました。メルケル首相は、今日の国民に対しも「恒久的な責任」を負うことを求めました。

 ナチ戦犯を地球の果てにまで追い続け、これまでに10万人以上のナチス関係者が裁判にかけられ、6000人以上が有罪となりました。侵略戦争への自己批判によって、ドイツは戦後、世界から信頼されるようになりました。

 ところが日本では、東条英機内閣の閣僚だった岸信介氏が首相に復権したり、首相、閣僚がA級戦犯を合祀する靖国神社に参拝するなど、いまだに侵略戦争を賛美し続けています。

 安倍首相は、靖国神社に供え物をしたり、「侵略の定義は定まっていない」などとのべ、侵略戦争だったということを認めない態度です。橋下発言は、中国、韓国から批判をされたばかりか、アメリカやヨーロッパからも批判を受けました。

 外国特派員協会の橋下会見を聞いたドイツ紙フランクフルター・アルゲマイネの東アジア特派員、カーステン・ゲアミス記者はこう語っています(朝日新聞、5月28日付)

 「私たちはユダヤ人虐殺などの過去を反省し、謝罪した。ドイツも日本も、戦時中の他国のことを問える立場にはない。彼はいい弁護士かもしれないが、今日の話では国際的には誰も納得しない。政治家としては失格だ」

 橋下発言の大本には、侵略戦争に対する国家と軍隊の責任を免除し、賛美する姿勢があります。それは、今日の国際政治、世論では通用しないものです。「大阪市長を辞任せよ」の声があがっていますが、当然でしょう。

               ◆

 このブログ「トヨタで生きる」には、橋下発言についてのコメントが寄せられています。このなかの一部には、侵略戦争を賛美し、他民族に悪言を投げつけ、憎悪をあおるもの、ヘイトスピーチに共感するものなどがあります。こうしたコメントは、ふさわしいものではありませんので、削除します。


スポンサーサイト



その他 | コメント(28) | トラックバック(0) | 2013/05/28 11:33
コメント
No title
1.侵略戦争の賛美などしていません。
 どこに侵略戦争を賛美した文言があるのか説明して下さい。日本の立場から見た場合、自衛戦争だと言っているのです。コメントにおいては検証済の事実しか述べておりません。しかし、国が違えば歴史観も違ってくると思います。そこで、ブログ主に中国や朝鮮の歴史観が正しいという根拠を示して下さいと散々申し上げているのに、答えられないのですね。まして、ブログ主が日本人であるならば、現在進行形の侵略国家である中国に慮る理由が判りません。
 自衛戦争としても賛美はしていません。大体、「賛美」という言葉の意味がお判りですか?一度、辞書で確認してみてはいかがでしょうか?自衛戦争の正当性を説明しているのです。全くもって「賛美」ではありません。戦争はない方が良いに決まっています。それでも戦争に進まなければならなかった日本(祖国の先人)の苦渋の選択を客観的に検証しているのです。私たち大和民族は、侵略や虐殺・強姦などというメンタリティを持ち合わせているでしょうか?私たちの祖父母や親世代には侵略や虐殺・強姦などのメンタリティがあったのでしょうか?私の祖父母や親は、そんなもの持っておりません。しかし、ブログ主の祖父母・親は侵略・虐殺、そして強姦などのメンタリティを持っていたのですね。ブログ主の考え方に従えば、そういうことになります。
 「侵略戦争の賛美だ」などと論理飛躍してヒステリックに断定したがるあたりが、左翼思想に感染している証拠です。感染者がブログ主のように無知無学であるほど性質が悪くなります。
2.他民族に悪言を投げつけたりしていませんし、増悪を煽っていません。
 祖国を守るために反論しているのです。正に「自衛」行動です。悪言を投げつけて増悪を煽るのは、いつでも中国や朝鮮の方です。日本人は常に彼らとの共存共栄の道を模索してきました。しかし、彼等は毎回必ず嘘をつき日本人を裏切ります。そしてブログ主のような輩が彼らを増長させてきました。

 そんなに中国や朝鮮が好きなら、移住すればよろしいのでは?ブログ主の考え方は彼の国々で大歓迎されると思います。トヨタ自動車で永年勤続の表彰されるくらいなら、自動車製造技術のコアを一つや二つくらい知っていませんか?それを中国に売り込めばどうですか?ブログ主、あなたはこの際、中国や朝鮮のやり口にしっかり嵌められるべきです。そうやって贖罪意識を解消する自慰行為に勤しんで下さい。もう、骨の髄まで浸かって、いっそのこと中国人か朝鮮人になってしまえば良いのでは?そうすればあなたの頭の中はオメデタク未来永劫平和になれます。
No title
>このなかの一部には、侵略戦争を賛美し、他民族に悪言を投げつけ、憎悪をあおるもの、ヘイトスピーチに共感するものなどがあります。こうしたコメントは、ふさわしいものではありませんので、削除します。

このブログ自体が、日本人へ悪言を投げつけ、過去の日本人、トヨタ自動車への憎悪をあおるものであり、チャイナや韓国による日本人へのヘイトスピーチに共感しているものです。
そう思います。


大東亜戦争の背景には、欧米諸国がアジアに植民地を作ってきたという歴史があります。
アジアの独立国がタイと日本だけとなり、いよいよ日本がターゲットにされたときに、窮鼠猫を噛むがごとく、生きるために戦わざるをえなかったのです。
つまり、侵略戦争ではなく自衛戦争です。
No title
米国戦略爆撃調査団

日本の指導部が、国家の存亡に関わる利益の為にと固く信じて、(今次の)戦争を始めた事は明らかである。これに対して、アメリカ合衆国は、単に自分達の経済的優位と主義主張を押し付けようとしたのであって、国家の存亡に関わる安全保障の為に戦ったのでは無いと、アメリカ合衆国人は信じていた。

米国戦略爆撃調査団団長ニッツからトルーマン米国大統領に提出された報告書、1946年7月


マッカーサー

(日本には)石油がない、錫がない、綿がない、ゴムもない。その供給を全て絶たれたら、どんな小国でも戦争を決断する。
日本人は、もし原材料供給が断たれたら(経済封鎖されたら)一千万から一千二百万が失業するのではないかと恐れていた。 それ故に、日本が第二次世界大戦に赴いた目的は、そのほとんどが、安全保障のためであった。

1951年5月3日・米上院の軍事外交合同委員会の聴聞会における発言、名越二荒之助『世界から見た大東亜戦争』展転社
No title
トヨタのクルマ大好き!
No title
自衛という名の侵略戦争
No title
ヒトラーもムッソリーニも東条英機も、ファシストは自衛戦争と言った。
西ドイツの首相でナチスドイツの軍人出身者や戦犯として投獄された人も居る。

岸信介は東條内閣で入閣したが途中で下ろされ、その後は戦争を終わらせるために
東條内閣を倒閣、内閣総辞職に追い込んだいわば終戦の立役者の1人。


戦犯とも言われるが実態を見れば戦犯の「容疑者」として逮捕されるも最終的に
「不起訴」となり、無罪になった。

共産党は「容疑者=犯罪者」と考えるのだろうか?
No title
ヒトラーやムッソリーニと、東條英機を同列に考えている時点で無教養丸出し。
No title
久々に共産党からの擁護が来たね!
ブログ主へのお願い
ブログ主へのお願い。

以下の3点について、ブログ主の見解をお伺いします。

1.「ライダイハン問題」

2.「通州事件」

3.「宮本顕治殺人犯」
No title
 宮本顕治氏(元日本共産党委員長)の逮捕に先行する一九三二~三三年という時期は、政府警察当局がそれまでの弾圧やスパイ政策にとどまらず、党内に送り込んだ特高警察の手先に反社会的行為を強行させ、その罪をなすりつけて日本共産党を犯罪集団にしたてあげるという極悪な手段に訴え始めた時期だった。

 彼らは、宮本氏逮捕の直前、党の中枢に潜入していたスパイ二名を宮本氏らが摘発し、査問中にそのうちの一人が心臓発作で急死するという偶発事が起きたことを知り、この事件を彼らが仕組んだ社会的犯罪の一部に組み込むことをたくらみ、宮本氏を治安維持法違反に加えて殺人罪の容疑で告発した。

 宮本氏の法廷闘争は、日本共産党の立場と闘争の正当性を明らかにするだけでなく、特高警察が仕組んだこの陰謀を打ち破るという重大な任務をになっての闘争だった。

 宮本氏は獄中の困難な条件のもとで、この任務を果たすべく、可能な限りのあらゆる資料を研究し、徹底的な調査と道理にもとづいて、当局の陰謀を完全に撃破し、肝心の殺人の罪を宮本氏に押し付けられないところまで彼らを追い詰め、日本共産党を社会的犯罪者集団に仕立て上げようとする陰謀の全体に痛打を与えた。

 この闘争とその成功がなかったら、党を犯罪者扱いする横暴な反共主義が、引き続き戦後も大手を振って横行したであろうことは疑いない。味方は傍聴する被告の妻・宮本百合子一人しかいない孤独な法廷での闘いだったが、宮本氏の法廷闘争は、文字通り日本共産党の存亡にかかわる歴史的意義をもっていた。

 その生涯は、「反戦によって日本人の名誉を救った」(評論家の故加藤周一氏)、「考え方は違うが、一人の政治家として信念を貫き、敬意を表していた」(中曽根康弘元首相)と敬意をもって語られた。
共産党は不起訴処分になっても逮捕拘禁されると犯罪者扱いにしていますし、宮本さんも犯罪者なのでしょう。

宮本氏は戦後も銃を持って罪なき命を奪う狩猟を趣味にしていましたし。
No title
 岸信介氏 アジアとアメリカ、日本人を塗炭の苦しみに追いやり侵略戦争を遂行した、東条内閣の閣僚だった人物。
 宮本顕治氏 その侵略戦争に命をかけて反対し、獄中12年の中でも屈せず、「日本人の名誉を救った」人(加藤周一氏)。
No title
敗戦国は他国を批判できる立場じゃない
全くその通り。
また、あの大戦を自衛戦争といったところでその先に何が待ってるか。
脳髄が腐ってない奴なら想像できるだろう
中国、北朝鮮がもし日本を侵略しても、その侵略の定義は定まっておらず、自衛戦争と主張されたら、ハイお仕舞ってな感じになる。
結局は自分に返ってくるんだよ、ツケってやつは・・・
No title
敗戦国だから何も言わないというのは、日本人の間でしか通用しない大人ぶった理屈です。この人のような考え方が、正に自虐的歴史観を受け入れ続けている原因になっているのです。そんな考え方は「中華思想」や「恨の文化」には理解されません。民族性が違いすぎます。どんどん付け込まれるだけです。韓国に竹島を占領され、中国に尖閣諸島の領有を主張され、沖縄すら中国のものであると言い出しているのです。まだ判りませんか?
No title
加藤 周一とは

作家の大江健三郎らと結成した「九条の会」の呼びかけ人。

九条の会とは、日本が戦争を永久に放棄し戦力を保持しないと定めた第9条を含む
日本国憲法の改訂を阻止するために、日本の護憲派知識人・文化人、9人で結成された会である。


九条の会は米軍の空母や基地問題、自衛隊の海外協力隊などには自治労、日教組、日本共産党、社民党などと共に反対するが
韓国の竹島占拠、ロシアの北方領土占拠、支那の尖閣諸島周辺侵犯などには一切声をあげない。
No title
 予想通り宮本顕治殺人犯の話にだけ喰いついてきましたね。しかも、何処かからの貼り付けですか?相変わらずのヒステリックに必死な共産主義者の自己弁護ですね。見解をお伺いしたのですが、ブログ主には所詮無理ですか・・・。「ライダイハン」「通州事件」については何もないのでしょうか?

 しかし、中曽根元首相の発言すらチェリーピッキングですか?中曽根元首相は、50年問題で分裂弱体化した共産党を機関報「赤旗」の販売を通じて再建した宮本の手法(商売手法)に対して一定の評価をしていただけです。宮本殺が亡くなった際のリップサービスを都合良く引用して、殺人犯を信念の政治家の如く祭り上げるのは止めた方が良いと思います。宮本殺人犯が信念の政治家ならヒトラーもスターリンも毛沢東も北朝鮮の金太郎一家も信念の政治家ということにになりますね。

 さて「ライダイハン」と「通州事件」について見解を示して貰えますか?
No title
脳髄腐ったやつらにに負けるな
ブログ主さん、頑張れ!
You'll walk never alone.
No title
我々の脳髄が腐っていると言うなら、あなたには腐る脳髄すらないと言わせて貰う。自虐史観と盲目的9条信仰に呪縛されて現実直視することを拒む輩に未来を語る資格はない。
No title
産経新聞 5月9日 【ワシントン=犬塚陽介】訪米中の韓国の朴槿恵政権は8日、上下両院合同会議で演説し、北東アジア諸国の連携の重要性を強調した上で「過去に盲目的な者は未来も見えない」と述べ、名指しを避けながらも日本を批判した。
No title
補足さんへの補足

「9条の会」のアピールから
「日本国憲法を守るという一点で手をつなぎ、『改憲』のくわだてを阻むため、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます」(2004年6月10日)

 9条を守るための1点共闘ですので、領土問題は入っていないようです。
No title
しかし、「九条の会」の大江健三郎は
竹島問題・尖閣問題は、日本の過去への反省が足りないからだ、と言って韓国の新聞に喝采されて悦に入る程度の人物です。そう言えば、ブログ主も以前、同じ事を言ってましたね・・・。反省すれば尖閣諸島や竹島の問題は解決されるのでしょうか?

 大江健三郎は、文化勲章を受ける文学者を批判しておきながら、自らはノーベル文学賞を喜んで受賞しています。民主主義者の自認を理由に、天皇制を批判し叙勲を断っておきながら、2002年にはフランス大統領からはレジオンドヌール勲章を授与されて喜んでいます。
 また、核兵器に対しては賛成反対と意見をコロコロ変えて来ました。中国の核実験成功を示すキノコ雲を見る中国人研究者のことを「いかにも美しく感動的であった」と賛美した文章を残しています。
 在日朝鮮人の帰還事業が盛んだった頃、北朝鮮を賛美しまくっていました。
 
 大江健三郎が、その文学的才能の他に売名行為に才能を示すことは昔からよく知られています。こんな人物がメンバーになっている「9条の会」など価値の欠片もありません。「9条の会」のその他のメンバーについても良く調べてみて下さい。
No title
慰安婦発言「誤報」の主張:橋下氏に反論する=大阪本社編集局長 若菜英晴
(5月30日付、毎日新聞から) 

 「『バカ』『頭が悪い』……。橋下氏はツイッターで毎日新聞や批判的なメディアに対してこのような言葉を繰り返しぶつける。これにはいちいち反論もしないが、政治家であるならば、冷静で吟味された言葉で語るべきだ。荒っぽい言葉を『本音』ともてはやすことは、人を傷つけるだけでなく、国益も損なうことを今回の問題は示している」
No title
今ある民主的な憲法を誇れない思想こそ、自虐史観
No title
 上のコメントの人は以前にもコメントしていたゆとり世代のジャリでしょうか?自虐史観に染まっているのは護憲派内の圧倒的多数の人達なのですが。憲法改正推進派の考え方を「自虐史観」と断ずるなんて、議論のテーマを根本的に理解できていないのではないでしょうか?或いは「自虐史観」の意味が判っていないとか?大丈夫ですか?

「今ある民主的な憲法を誇れない思想」=「自虐史観」

という論理が何故成り立つのか御教授願いたい。
No title
戦争はしない。平和でありたい。多くの人の願いだと思います。 反戦・平和この点で共産党の右にでる政党はないとおもいます。この一点で私は共産党を支持します。
No title
では日本共産党の「安全保障政策」を具体的に示して下さい。
No title
朝鮮戦争と日本共産党軍

「こうした資金援助を受けながら、日本共産党は党員からいまのお金にして25億円のカンパ、トラック部隊による強盗で799億円、あわせて824億円の現金を集めています

つまり当時の日本共産党は、共産主義諸国の手先の「軍」となり、自力調達824億円、ソ連からの援助金396億円、支那からの援助金396億円、合計で1616億円もの戦費を、朝鮮戦争当時の日本国内における内部攪乱工作資金を集めていたわけです。」

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1849.html

管理者のみに表示