FC2ブログ

◎TRI-ADのカフナーCEOが取締役に選任 株主総会③

 トヨタの株主総会(6月11日)で、TRI-AD(トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント)」のカフナーCEOが6人しかいない社内取締役の1人に選任されました。

 自動運転の要となるのが人工知能ですが、その研究・開発をしているのがTRI-ADであり、トヨタにとっていかに重要かを示したものです。米シリコンバレーに「Toyota Research Institute(TRI)」が設立されたのが2017年。

 トヨタは、人工知能の第1人者の米国防高等研究計画局のギル・プラット氏をヘッドハンティングして設立しました。TRIは、トヨタの第2本社と称されています。

 第3本社と称されるのが自動運転の開発部門のTRI-ADです。トヨタが90%、トヨタ関連のアイシンが5%、デンソーが5%を出資して設立されました。カフナーCEOは、グーグルに籍を置いていました。

トヨタの社内報の「トヨタイムズ」(19年5月号)が、カフナーCEOにインタビューし、「トヨタ“第3の本社” 今明かされるGoogle極秘プロジェクト グーグルを辞めた『頭脳』が明かす、トヨタに来た秘密」というセンセーショナルなタイトルで紹介されました。

カフナー氏インタビュー 「トヨタイムズ」
(カフナー氏へのインタビューが掲載された「トヨタイムズ」)

米IT企業の「GAFA」の一角をなすグーグルは、自動運転のトップを走っています。グーグルの自動運転車開発部門・ウェイモは今年4月22日、第5世代の自動運転システムを搭載したジャガー『I-PACE』のテスト走行映像を公開したように、トヨタにとっては追いつかなければならないライバルです。

TRI-ADの虫上広志COOは、「自動運転ラボ」のインタビューに答え、現在500人を超える開発部隊を1000人にすることや5年間で3000億円規模を投資するなどを語っています。

このなかで、「(採用は)三河で募集していた頃は地理的なハンディキャップもあったが、東京で採用活動ができているのも大きい」と指摘しています。人工知能の研究者・技術者は引っ張りだこで、トヨタといえども苦戦してきました。

日本銀行の近くの日本橋室町三井タワーの16~20階までをオフィスにしています。トヨタの本社の三河では人材募集が苦労するが、東京のど真ん中では必要な技術者らが集まるというのです。

 トヨタで昨年(19年)、注目される人事が発表されました。4月1日付で、事技職の豊田大輔氏がTRI-AD兼 アイシン、デンソーなど4社でつくるJ-QuAD DYNAMICSへ出向になるという発令です。

 TRI-ADのホームページでは、カフナーCEOらともにシニア・バイス・プレジデントの豊田大輔氏をリーダーの1人で、「トヨタ自動車の電子制御技術部にてソフトウェア主導型開発を推進」してきたと紹介しています。

 豊田大輔氏は、豊田章男社長の子息です。豊田社長は、EV化や自動運転化など「CASE」と呼ばれる「100年に一度の大変革期」と語り、トヨタは「生きるか死ぬか」と危機感を露わにしています。

 そうした最前線のTRI-ADのカフナーCEOを取締役に選任し、豊田大輔氏をTRI-ADへ出向に出したのは、どういうねらい、意味が込められているのでしょうか?
スポンサーサイト



決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/07/04 16:08

◎レクサス初のEV「UX300e」 中国で販売?

 レクサスで初めてのEV「UX300e」が20年4月末に中国で発売されたというニュースがネットに掲載されています。しかし、トヨタ自動車やレクサスのホームページには掲載されていません。

 どうなっているのでしょうか? これが事実とすればトヨタの市販で初めてのEVになるはずですが。

  トヨタは、昨年11月22日から始まった中国の広州モーターショーで、「UX300e」を世界初公開しました。20年春に中国、夏に欧州、21年前半に日本で発売するとしていました。

 このブログ「トヨタで生きる」で、2019/11/24にアップしました。その時の記事で、トヨタの発表を次のように伝えました。

……
 トヨタの高級車で、いよいよEVが動き出します。価格は未定です。トヨタの発表によると、リチウムイオンバッテリーで、日常の移動が可能な航続距離400㎞を実現したとしています。

 コネクティッド技術を使い、スマートフォンで、バッテリー残量や走行可能距離を表示し、充電の必要があるかどうかを確認できるといいます。また、充電完了までの時間を把握し、出発時刻に合わせて充電が完了するようタイマーを設定することも可能です。さらにエアコンやシートヒーターなどを車外から動かせるといいます。

レクサスEV 「UX300e」
(レクサスEV「UX300e」)

レクサスEV「UX300e」の車台
(レクサスEV「UX300e」の車台)

 「UX300e」は、クロスオーバーで、「すっきりと奥深い走り」と優れた静粛性を追求しましたと、その特徴をアピールしています。

 トヨタは、東京モーターショーでレクサスの電動化ビジョン「Lexus Electrified」を発表。今年11月にレクサス初のEVを発表すると予告していました。
……

 車雑誌の「response」は、今年2月18日のネット版にトヨタの東富士のテストコースでの試乗記をアップしています。

……
 ドライバーズシートに座った印象は『UX』そのままで、動き出してEVであることを認識させる。モーターの音とともに大きなトルクが発生してグイッとタイヤが路面を駆る。

 ただ、アクセルに対して過度に反応するのではなく自然な加速を感じた。コンパクト系EVは「おっと!」という加速があるが、先に記したラグジュアリー系EVはその辺をうまくコントロールしている気がする。

 しかし、ハンドリングはまだまだ軽快さに欠ける。床下バッテリーの重さがネガティブに働いて「よいしょ!」と荷重が移動するような感覚が生じる。スッと向きを変えられるようになれば満点だろう。
……

 さて、日本市場でどんな反応がでるのでしょうか? トヨタ元町工場で生産されるトヨタ初の量産EVは。

     ◇

 この記事は、7月3日にアップの予定でしたが、都合により前日にアップしました。
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/07/02 17:07

◎トヨタが宇宙開発へ投資

 トヨタ自動車が「宇宙フロンティアファンド」へ投資し、宇宙に乗り出しています。トヨタとスパークス・グループ、三菱UFJ、三井住友銀行、みずほ銀行の5社は6月29日、「宇宙フロンティアファンド」を設立しました。

 スパークス・グループからは子会社のスパークス・イノベーション・フォー・フューチャー(SIF)が参加するもので、宇宙開発に関わる人材・技術を支援し、世界と戦える日本発の宇宙企業を育成すること、日本全体の技術革新に貢献することなどを目的にしています。

 「宇宙フロンティアファンド」は、SIFがファンド運営者(GP)となり、各出資者(LP)からの出資(総額82億円)で、今年6月から運用するとしています。2020年12月末までをめどに、投資家の追加出資を募り、総額150億円規模のファンドをめざすといいます。

 人工衛星やロケット開発などの開発に投資すると見られています。トヨタも人工知能技術を使った自動運転車の開発に生かしたいといわれています。

20190516105553605[1]


 トヨタは2919年3月期決算のプレゼンテーション資料のトップに、トヨタとJAXA(宇宙航空研究開発機構)などが月面で利用するために共同開発している「有人与圧ローバー」の写真を掲載しました。

 ローバーの動力源には、燃料電池を予定しています。トヨタは2014年12月に水素を動力源とした燃料電池車(FCV)の「ミライ」を世界のメーカーに先駆けて販売しています。

 トランプ米大統領は2019年12月、陸軍、海軍、空軍、海兵隊、沿岸警備隊に続いて6つ目の宇宙軍を創設しました。安倍政権も、今年5月18日、「宇宙作戦隊」を航空自衛隊府中基地(東京都)内に発足させました。

 宇宙にまで軍拡をすすめようとするのは、21世紀の平和の流れに逆行するものです。トヨタは、創業者の豊田喜一郎が戦前、国産車をつくろうとした夢を打ち砕かれ、軍部から軍用トラックの生産を命じられました。

 乗用車は平和であってこそ、開発・生産・販売できるものです。
決算・経営計画 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2020/07/02 10:16

◎”孤高”の社長1人

 トヨタ自動車(豊田章男社長)は7月1日付で、これまで23人いた執行役員を9人にしました。6割も減らすものです。今年4月には、「副社長」と「執行役員」を「執行役員」に一本化し、「副社長」を廃止したばかりです。

 トヨタは、今回の役員体制の変更を次のように位置付けています。

 「今回の変更は、これまで進めてきた『適材適所』の考えに基づく様々な改革をより一層推し進めるものです。機能を超え、社長と会社全体を見据えて経営を進めるメンバーを『執行役員』と再定義し、社長と密に連携を取り、実行部隊との連動や人材育成に取り組んでいきます。また、プレジデント・地域CEO・本部長は、現場で実行部隊をリードする役割として、権限を移譲するとともに、『幹部職』に一本化します」

 9人の執行役員は、「チーフオフィサー」として、各分野を担当します。豊田社長が“番頭”と呼ぶ小林耕士執行役員はChief Risk Officer を、同じく”おやじ”と呼ぶ河合満執行役員はChief Monozukuri Officerを、それぞれ担当します。

修 トヨタ本社地区10 グーグルアース
(豊田章男社長ら役員がいるトヨタ本社=愛知県豊田市、グーグルアースから)

 豊田社長は社長に就任(2009年)以降、27人いた取締役を11年に11人に、現在は9人に、常務役員、常務理事、基幹職1級・2級、技範級を「幹部職」に統合するなど役員体制のスリム化をすすめてきました。

 今回の役員体制の変更は、世界1を争う自動車メーカー、トヨタの30数万人を創業家の豊田章男社長が1人でひきいる――つまり、“孤高”の社長1人で担うことのように見えます。
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/07/01 16:56

◎トヨタ 7月の国内生産は1割減へ

 トヨタ自動車の新型コロナウイルス感染拡大による国内生産は、6月が約4割減ですが7月は1割減(約3万9000台)にとどまることがわかりました。トヨタが6月22日に発表した7月の国内工場の稼働の計画で示しているものです。

 それによると、7月の稼働停止はトヨタ自動車東日本の東富士工場(静岡県裾野市)など3工場6ライン、のべ16日分停止(6月は14工場25ライン、のべ133日分停止)です。

 1直化は2工場3ライン(6月は3工場5ライン)です。

 一方、販売好調なSUVを生産する高岡工場(愛知県豊田市)をはじめ田原工場(同県田原市)など3工場4ラインは、のべ13日間の休日出勤にします(6月は2工場3ライン、のべ12日分出勤)。

 着実に生産が拡大していることを示しています。稼働停止、1直化、休日出勤の詳細は、次の通りです。

修 トヨタ 20年7月の稼働計画
(トヨタのホームページから)

RAV4
(トヨタのRAV4)
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/06/29 09:25

◎豊田章男社長名の全面広告が出た

 新聞各紙にトヨタ自動車の豊田章男社長名の1面全面広告が6月27日付で出ました。

……
ありがとうございます。
今日もまた
かけがえのない一日で
ありますように。
   豊田章男
……

 TOYOTAのディーラーの看板とともに、小さな文字で次のようにあります。その1節には―。

60 豊田章男社長名の全面広告


……
 困っている人がいたら助ける。
 目の前の人を笑顔にする方法を考える。
 当たり前のことを丁寧に、
 そしてときどき当たり前を超えてみる。
 他の人の幸せを、
 自分の幸せのように思ってみる。
 自分のためでなく、
 人のために力を出す。
……

 宮沢賢治のエポック(詩)のようです。世界1を争い、日本で最大の利益をあげるトヨタが、今こうした広告を出したのは、なぜでしょうか? 

 そう考えていたら、トヨタの社内報のウエブ版に回答がありました。
https://toyotatimes.jp/insidetoyota/085.html

決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/06/28 18:03

◎“番頭”と“おやじ” 株主総会②

 トヨタ自動車の社内報の「トヨタイムズ」のネット版では、トヨタの株主総会(6月11日)での豊田社長のスピーチや株主からの答弁など、その詳報を6回にわたって伝えています。

 その②は「番頭が涙で語る豊田社長の11年」で、その④は「モノづくりひと筋50年の“おやじ”からの御礼」です。“番頭”とは、取締役の小林耕士執行役員のことで、“おやじ”とは河合満執行役員のことです。

 「トヨタイムズ」は、「3月まで“代表取締役副社長”という肩書きだった小林の名刺には、今“代表取締役”も “Chief Risk Officer”も書いておらず“番頭”とだけ書いてある。豊田社長から、その役割が一番しっくりくると言われ4月からそうなった」と紹介しています。

 河合氏についても、「河合も3月までは“副社長”という肩書きだった。しかし、今、名刺には執行役員と共に “おやじ”と書かれている。小林副社長を“番頭”としたように、豊田社長は河合に対して“おやじ”の役割を付与した」と紹介しています。

 トヨタは、それまであった副社長の肩書を廃止し、執行役員制度にしました。今の日本では執行役員はわかりにくく、日本最大の巨大企業に社長1人だけしかいないのかというイメージがあります。副社長廃止は憶測を呼んでいます。

修 菱トヨタ本社地区10 グーグルアース
(豊田市のトヨタ自動車本社=グーグルアースから)

 トヨタには、かつて“大番頭”と呼ばれた石田退三社長がいました。経営危機に陥っていた1950年の臨時株主総会で創業者の豊田喜一郎社長の辞任を受けて社長に石田が選任されました。石田は、豊田自動織機製作所社長との兼任でした。

 番頭は、創業家・豊田家の人間が社長に就けないときの中継ぎ的存在で、石田に“大”が付いたのはトヨタの再建を担ったからでしょう。トヨタの社長から日本経団連会長になった奥田碩氏も“大番頭”的な存在でした。

 “番頭”の小林氏は、かつて豊田社長の上司でした。株主総会で小林氏は、「私は鬼の上司」でしたとのべ、章男氏とともに「土日はもちろん、(平日も、明け方)3 時、4時まで一緒に仕事をしました」と語りました。

修2 番頭の名刺


 小林氏は、豊田社長の苦労について語る途中、感極まって声を詰まらせるシーンもありました。株主総会では異例のことです。小林氏は、トヨタからデンソーに出て副会長を務めました。豊田社長にトヨタに呼び戻され、今やトヨタのNo2の存在といわれています。

 河合氏は、中学卒業後15歳でトヨタに入社。ものづくり、現場一筋で、トヨタで初めてたたきあげの副社長になったと称されています。

修2 おやじの名刺

 河合氏は株主総会で、豊田社長の「国内300万台体制死守」について、「“石にかじりついて”守り続けてきたものは“300万台”という台数ではありません。守り続けてきたものは、世の中が困った時に必要なものをつくることができる、そんな技術と技能を習得した人財です」と語りました。

 トヨタはクルマをつくっているのではない、人間=人財をつくっているのだと言われることがよくあります。その人間とは、徹底してムダを省くトヨタ生産方式(かんばん方式)を担える人財のことを指しています。
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/06/23 15:28

◎豊田章男社長が語った「体質強化」とは? 株主総会①

 トヨタ自動車の社内報の「トヨタイムズ」のネット版では、トヨタの株主総会(6月11日)での豊田社長のスピーチや株主からの答弁など、その詳報を6回にわたって伝えています。株主総会をこれほど詳しく伝えるのは異例です。

 1回目では、豊田社長が株主に語った「トヨタの体質強化と決算に込めた想い」について紹介しています。豊田社長は4610億円の営業赤字を出したリーマン・ショック後の2009年に社長に就任しました。

 豊田社長は、「リーマン・ショック直前の5年間」「リーマン・ショック直後の1年間」「社長就任後の4年間」「直近の7年間」について、それぞれの時期のトヨタの販売台数、利益、原価改善、為替の影響、固定費などについてグラフで示し、「トヨタの体質は少しずつ強くなってきた」とのべました。

 いわば、社長就任後の自身の通信簿を紹介した形です。そのなかで特に強調したのが、「リーマン・ショックとコロナ危機の比較」です。リーマン時には大幅な赤字になったが、コロナ危機時の2021年3月期決算では5000億円の黒字の見通し――としたことについて、「世の中のお役に立てるのではないか」と胸を張りました。

修 表 リーマンショックとコロナ危機
(「トヨタイムズ」から)

 表のように、販売台数は「08年度の756万台」「20年度見通しの700万台」とあまり変わらないのに、4610億円の赤字と5000億円の黒字――天と地の差があるとしています。

 確かに、リーマン・ショック、世界でのべ1000万台リコールと米議会公聴会での証言、東日本大震災などと豊田社長の11年間は、厳しい舵取りを求められました。そのなかで13年度の1兆3000億円、16年度の2兆8000億円などと日本の大企業でダントツの利益をあげてきました。

 株主総会で豊田社長は、材料費や人件費などの固定費を大幅に圧縮し、「固定費の増加を原価改善などにより吸収しながら体質を強化」してきたと強調しています。

 豊田社長がくり返し語った「体質強化」とは、実際にはどのようなものだったのでしょうか。そのいくつかを見てみましょう。


【原価改善】
トヨタのお家芸といわれるトヨタ生産方式に基づく原価改善は、車台の共通化などによるTNGAなどがあります。また、職場単位の原価改善や労働者が取り組む1円、1銭単位で原価を減らすQCサークル活動や創意くふう運動があります。

 半年ごとといわれる下請け単価切り下げは過酷です。トヨタは、下請けでつくる「協豊会」の約450社と半年ごとに単価の交渉をし、リーマン・ショック後は3%近く、ここ数年は1%程度の値下げを求めていた――日本経済新聞が報道(2014年10月25日付)したほどです。

 さすがに14年3月期決算で、2兆2921億円の史上最高の営業利益をあげたことから14年10月~15年3月の半年は、値下げを求めなかったといいます。

 直近の20年3月期決算によると、こうした原価改善で利益を1700億円押し上げたほどです。

【人件費削減・抑制】
 固定費の大きな部分を占めるのが人件費です。豊田社長は、2011、12、13年春闘でベアゼロを回答。20年春闘も、19年3月決算で2兆5000億円の利益を上げながら7年ぶりのベアゼロを回答しました。

50 トヨタ自動車本社地区1 グーグルアース
(トヨタの本社や本社工場などがある豊田市の本社地区=グーグルアースから)

【減税】
 トヨタは毎年、自民党に大企業でトップの6440万円(2018年)を献金してきました。献金をあっせんする日本経団連の副会長に早川茂副会長が就任しています。その見返りともみられるのが減税です。安倍政権下で、トヨタは法人税減税や研究開発減税などの恩恵を受けています。

 減税の内容は公表されていませんが、たとえばトヨタは1年間で5500億円も減税されていました(16年3月期。日本共産党の志位和夫委員長の試算)。その内訳は、①この間の法人税率引き下げの効果で2200億円、②研究開発減税などの租税特別措置で1200億円、③受取配当益金不算入の効果で2100億円です。

 豊田社長が「一番うれしいのは納税できること。社長になってから国内では税金を払っていなかった」とびっくりするようなことを語ったのは2014年5月でした。リーマン・ショック後の2008~12年度までの5年間、税金を払っていなかったと見られています。
決算・経営計画 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2020/06/22 16:53

◎コロナ禍のなかのトヨタ株主総会

 トヨタ自動車の第116回株主総会が6月11日(木)、豊田市のトヨタ本社本館ホールで開かれた。今回はコロナ過のなかでの開催とあり、事前に総会への参加を見合わせるようにとのお願いの通知が来た。

 株主のための豊田駅と会場を結ぶバスは中止になり、記念品の配布も中止するとのことだった。午前8時20分ごろに会場に着いた。小雨がぱらついていた。例年なら駅からのバスが次々と着いて会場前は大変な混雑だが、ほとんど人がいない。係員もマスクにフェイスシールドで物々しい雰囲気だった。

 会場入り口で、検温とアルコール消毒をして入った。受付で座席表をもらい、指定された席についた。椅子はコロナ感染防止のために間隔を取って並べられており、会場は広々としていた。出席株主は、過去最多の昨年の5546人から361人へと大幅に減少した

トヨタ株主総会


 会場の前から3分の1ほどの中央の席だった。こんなに近くの席は初めてで、議長の豊田章男社長の表情がよく見えた。午前10時から映像による事業報告と1~3号議案の説明の後、議事質疑に入った。質疑は全体を一括して質問し、意見をのべるということだった。

 これまでの総会では、議長が意見がありませんかと問うと、常に30人以上が挙手をしていた。経験上、手を上げても社長から絶対に指されないとわかっているので、もっぱら聞くだけにした。質疑は次のようだった。

 トヨタ以外の他社が、コロナ禍で21年3月期の営業利益の見通しを示さない中で、なぜトヨタは5000億円の黒字と発表したのか? 新聞は5000億の黒字を取り上げるのではなく、利益8割減と書いた。マスコミは傲慢だ。

トヨタの株主で幸せだ。豊田社長は社長になってからの11年間、何を大切にしているのか。

 豊田社長が簡単に答えた後、「あとは番頭である小林(耕士)から説明してもらいます」と小林取締役・執行役員に話を振った。小林氏は、「番頭の小林です」と切り出した。

 トヨタには、創業家の中継ぎ社長として“大番頭”と呼ばれる石田退三や実力社長で経団連会長を務めた奥田碩氏がいるが、豊田社長が小林氏を“番頭”と呼んだのには驚いた。

 小林氏は、豊田社長がトヨタに入社後、自分が上司だったことやその間の豊田社長の成長の様子を語った。突然、「初めて言いますが」と語り、豊田社長は結婚し単身赴任したなどとのべ声を詰まらせた。トヨタ北アメリカなど海外赴任は単身赴任だったことを指すのだろう。

 小林氏は、デンソーの副会長としてトヨタからいったん転出したが、トヨタに呼び戻され、今や豊田社長に次ぐNO2になっている。その小林氏は、人材育成のことなどにふれ、企業は成功体験を持つと変えたくなくなるが、豊田社長は大企業・トヨタとたたかっていると最大限に持ち上げた。

40 トヨタ本社地区6 グーグルアース
(トヨタ本社と本館ホール=左の建物、グーグルアースから)

 続いての質疑応答では、トヨタ車体で45年勤めたという株主が、ワンボックスカーはすべてトヨタ車体で作っているが、トヨタ車体とトヨタ自動車を統合してほしいとのべた。

 豊田社長は、車体はトヨタの100%子会社だが、上から目線、下から目線でというのがあり、今しばらく見守って欲しいなどと答えた。

 豊田社長が常に語っている、「国内生産300万台体制死守」について、「できるのか? どうやるのか?」と問う株主もいた。河合満執行役員は、質・量とコストを造り込むためには、国内にマザー工場と人材を伝承するために国内生産300万台は必要であり、死守するとのべた。

 その上で、働き方改革を進めていること、この間、コロナ過のなかでトヨタと関連会社でフェイスシールドやマスクやガウンも作っていること、TPS(トヨタ生産方式)で、2週間でガウンを500枚から4000枚まで生産を8倍にしたこと、9月までに200万枚を厚生労働省に届けるとのべた。

 女性の株主からは、豊田社長の大ファンであり、インスタもフォローしている、トヨタ東日本東富士工場(静岡県裾野市)の跡地につくる「WovenCity」(ウーブン・シティ)は素晴らしい、2000~3000人住めるというので私も住みたい、どんな街になるのか、などとEV化、自動運転化の夢を語る意見もあったが、果たしてどうなるのか…。

 東日本東富士工場の労働者は、東北の工場への配転に応じるのか、それとも辞めるのか、と問われていると聞く。これに回答したのは、今回の株主総会で取締役に就任するジェームス・カフナー氏だった。通訳付きの英語でウーブン・シティの宣伝をした。

 カフナー氏は、トヨタの第3本社とも呼ばれる、東京・日本橋にあるAI開発拠点、トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)の社長兼最高経営責任者(CEO)である。ちなみに、TRI-ADには、豊田社長の子息の大輔氏が勤務している。

10 RAV4
(トヨタ車の「RAV4」)

 質疑では、『豊田章男』(東洋経済新報社刊)を読んだ、豊田社長に男気を感じたなどとほめそやしながら、5000億円の利益というが、下請け、販売店に不満はないのか、トヨタ1人勝ちになってしまうのではないか、と心配する声も出た。

 白柳正義執行役員は、約400社の関連会社、約4万社の取引先(下請け)に十分配慮していくなどとのべ、1人勝ちといわれるが1人も勝たなかったら日本はどうなるのかなどと語った。

 7人の質疑と応答の後、採決を前にして豊田社長が語った。時には声を詰まらせ、涙ぐみながら、というものだった。トヨタは強くなった、その力をみんなのために使いたい、全世界37万人の従業員のために、もっといいクルマを作ろう、世界一ではなく「町いちばん」の会社に、社長は孤独だった(と情に訴えながら)。

 最後に株主に向かって、「トヨタは大丈夫です」と語ったのには驚いた。社員には常に、「“トヨタは大丈夫”という考えを捨てろ」と言ってきたのに。株主には安心してもらいたいのか。2つを使い分けているのか?

 株主総会は、約1時間20分で終了した。
決算・経営計画 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2020/06/12 14:07

◎「章男社長、それはあんまりですよ!」

 トヨタ自動車の株主総会が6月11日(木)、本社本館ホールで開かれる。「招集ご通知」を読んでいて、「豊田章男社長、それはあんまりですよ!」と思わず叫んだ。

 役員報酬のページだ。社外取締役を含めた取締役9人の役員報酬は次のようである。

 固定報酬(月額報酬) 8億900万円
 業績連動報酬 賞与 10億3900万円
   同  株式報酬  4億3700万円
  合計       22億8600万円 

 総額は22億8600万円と、前年(対象者13人で総額19億4500万円)より17・5%も増えた。

修 トヨタ 役員報酬 202003期


 今年3月11日の20春闘回答日に、豊田章男社長は組合員に7年ぶりとなるベアゼロを回答した。2兆4428億円もの営業利益をあげているのにベアゼロ!

 一時金は、組合が遠慮して去年を0・2カ月分下回る6・5カ月分の要求に対し、夏は130万円、冬は112万円で、合わせて242万円を回答した。満額とはいえ、昨年より減っているのだ。
 
 豊田社長は、20春闘で「CASE」や「MaaS」といわれる「100年に一度の変革期」と危機感を煽り、「これからの競争の厳しさを考えれば、既に高い水準にある賃金を、引き上げ続けるべきではない。高い水準の賃金を、このまま上げ続けることは、競争力を失うことになる」と語ってベアゼロを回答した。

 その一方で、役員報酬はちゃっかりと増やしている。
 「章男社長、それはあんまりですよ!」
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/06/06 20:25

◎豊田社長が語ったステークホルダーとは

 「トヨタイムズ」の香川照之編集長が豊田章男社長にインタビューした記事がアップされています(5月23日)。タイトルは、「"あえての今期見通し”に込めた豊田章男の気概 香川編集長決算発表リモート取材」です。

 トヨタが2020年3月期の決算発表をしたのは5月12日。多くの大企業がコロナ禍のなかで21年3月期の決算見通しを示さないなかで、トヨタは5000億円の営業利益の見通しを発表しました。

 香川編集長は、トヨタが5000億円の営業利益見通しを発表したことを中心にインタビューしています。豊田社長は、インタビューに答えたなかで、ステークホルダー(利害関係者)について次のようにのべています。

……
 要は、決算発表というのは、世界中の従業員とか、販売店、仕入先も含めてみんなががんばってきた1年の結果なんですよ。(中略)例え赤字であっても、やっぱりお世話になってるステークホルダー、シェアーホルダーも含めた方々には普段の感謝を示したい。

 ステークホルダーというと株主も入りますけど、あとお客さま、従業員、地域社会も含まれるんですね。それで今日も、トヨタは強い会社にしようと思ってたわけじゃなくて、期待される会社になりたい、応援される会社ですね。

 そうしたときに「誰から応援されたいの?」というと、そこで働く従業員、商品をご愛顧いただけるお客さま、働く場を提供いただいてる地域社会の方々から「ありがたいな、いいな」と思われていることが、最後はシェアーホルダー、株主の利益につながり企業の価値を生むんじゃないかな、と。

香川編集長の社長インタビュー


 これが、私が思ってる持続可能な世界ですし、SDGsの考え方と同じだし、これって「トヨタらしさ」を取り戻す戦いの中で、ずっと自分が言ってきたことじゃないか、と。

 それがね、すべて言い表してるのが、トヨタ及びトヨタグループの創業の理念である「豊田綱領」なんですね。
……

 豊田社長は、株主、顧客、従業員、地域社会を、トヨタを支えるステークホルダーと位置付け、トヨタを「強い会社」ではなく、「期待される会社」「応援される会社」にしたいと語っています。

 国連のSDGsにもふれて、利益日本1の大企業のトヨタが大きな社会的責任を負っていることを明確に語っています。その上で、豊田社長はこれまで主張してきた「国内生産300万台体制の死守」を改めて語りました。

 この300万台とは、国内の雇用を維持するための数字ですが、「台数ではなく」、「人材」だと強調したことがこれまでとは違う点です。日産自動車が「22年度までに世界で1万2500人」のリストラを発表し、追加のリストラもしようといているだけに大いに気になるところです。

 20春闘では、トヨタ労組に7年ぶりのベアゼロを示す一方で、株主配当は1株220円を維持しました。これでは株主優先のステークホルダーと言われても仕方がないでしょう。

 コロナ禍のもとで21年3月期決算は、営業利益が4分の1程度に減るものの、これまでにため込んだ内部留保(利益剰余金)は、23兆4276億円と日本の大企業で比べものがないほどの巨額にのぼっています。

 豊田社長には、株主だけではなく、従業員や地域社会などのステークホルダーに、もっと、もっと目配りをした対応を求めたいと思います。それこそが、「期待される会社」「応援される会社」ではないでしょうか。
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/05/24 16:43

◎トヨタ 6月もライン停止や1直化も

 トヨタ自動車5月15日、新型コロナウイルスの世界的感染拡大で大幅に販売が減るとしてグループを含む国内の全完成車15工場(28ライン)の6月の生産を減産すると発表しました。減産は5月に続きます。

① 5(金)、12(金)、19(金)、26(金)の金曜日の4日間を非稼働日とします。今後、需要に応じてトヨタの稼働カレンダーの振り替えを実施します。ただし、高岡工場 第2ライン・豊田自動織機 301・302ラインは、4日とも稼働(RAV4を生産)します。

② さらに、一部の工場ではラインの停止(7工場10ラインは各週の水、木曜日にかけて2~7日間稼働停止)や昼間だけの1直化(3工場5ライン)を実施します。

80 堤稼働ストップ2
(プリウスを生産している堤工場=豊田市)

 トヨタは5月12日の決算発表で、20年度のグループの世界販売は、19年度の1045万7000台から890万台へと155万7000台(-14・9)減るとの見通しを明らかにしています。

 豊田章男社長は、そうしたなかでも改めて「国内生産300万台体制の死守」を表明しています。6月の各工場の生産調整は次のようです。

<稼働停止日>(全15工場28ライン中、7工場10ライン)
稼働停止


<1直化>  (全15工場28ライン中、3工場5ライン)
一直化
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/05/18 09:36

◎トヨタ 労働者は7年ぶりのベアゼロ 株主は220円配当維持

 トヨタ自動車は、2020年3月期の連結決算で、営業利益は前期比1%減(246億円減)の2兆4428億円と発表(5月12日)しました。新型コロナウイルス拡大の直接の影響は、21年3月期ということもあって、日本の大企業でダントツの利益をあげています。

 内部留保の大きな部分を占める利益剰余金は、前期より1兆4401億円増の23兆4276億円で、これも日本の大企業でずば抜けて1位です。三菱重工の利益剰余金は8885億円(2019年3月期)ですから、トヨタは三菱重工が長年にわたって蓄えてきた内部留保を、わずか1年で増やすというすさまじさです。

 トヨタのキャッシュフロー(現金及び現金同等物並びに拘束性現金期末残高)も4兆4121億円にのぼっています。

 豊田章男社長は、決算発表のスピーチで、「地球とともに、社会とともに、全てのステークホルダーとともに生きていく」と語りました。トヨタの従業員(労働者)や地域社会は、株主とともにステークホルダーの一員です。

 トヨタのばく大な利益、たっぷりの内部留保は、ステークホルダーに公正に分配されているのでしょうか? トヨタ労組は20春闘で、「賃金引き上げ・人への投資を合わせて、全組合員一人平均で1万100円」を要求しました。

 この1万100円のうちのベア分を組合は明らかにしませんでした。豊田社長は、「もっともっと競争力をつけなければならない」などとして、19年より2100円少ない総額8600円を回答しました。ベア分はゼロでした。7年ぶりのことです。

 ベアゼロの回答に、組合の西野勝義委員長は、「組合員に本当に申し訳ない気持ち」とのべたほどです。組合員には我慢を強いる一方で、決算発表で明らかにした株主配当は1株220円でした。

トヨタの株主配当
(トヨタの決算発表のプレゼン資料から)

 220円は3年連続で、総額は6108億円という巨額です。トヨタの株主は、金融機関や法人、外国法人が圧倒的で、「個人その他」は25%程度です。クルマの設計から生産、販売まで労働者が汗水して働いた利益の大きな部分が、金融機関や外国法人などに持っていかれる仕組みになっています。

 今年の春闘でベアゼロを突き付けられた組合員としては、豊田社長の株主第一主義に納得できるでしょうか?

決算・経営計画 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2020/05/14 11:29

◎トヨタ 来年3月期の営業利益は5000億円の見通し

 トヨタ自動車は5月12日、2020年3月期の連結決算を発表し、営業利益は前期比1%減(246億円減)の2兆4428億円と明らかにしました。新型コロナウイルスの世界的感染拡大は今年2月以降であり、それによる営業利益のマイナス分は1600億円としています。

 このなかで21年3月期の営業利益の見通しを前期比8割減の5000億円と発表しました。その前提として、連結販売台数は1045万7000台(20年3月期)から約15%減の890万台としています。1000万台割れは8年ぶりです。

50 21年3月期見通し
(トヨタが発表した決算資料から)

 コロナによって営業利益が大幅に減るものの、リーマン・ショック後の2009年3月期の4610億円の赤字に比べて5000億円もの利益を確保する見通しです。

 豊田章男社長がこの日語ったように、直近の7年間で「原価改善などにより、それ(固定費=研究開発費や設備投資、人件費など)を吸収しながら体質を強化」したからです。

 この日、20年3月期決算を発表したホンダは、営業利益は13%減の6336億円で、21年3月期見通しは未定としました。日産自動車は20年3月期決算の発表は5月28日の予定ですが、これまでの営業利益見通しは850億円(コロナの影響を含まない)であり、トヨタの利益はダントツです。

 豊田社長はこの日のスピーチで、「国内生産300万台体制の死守」に、「石にかじりついても」も守ろうと、こだわり続けてきたとのべました。そして、「トヨタだけを守れば良いのではなく、そこにつらなる膨大なサプライチェーンと、そこで働く人たちの雇用を守り、日本の自動車産業の要素技術と、それを支える技能をもった人財を守り抜くことでもあった」と指摘しました。

 同時に、「『300万台』という台数」ではなく、フェイスシールドの生産を手掛けたことをあげ、「世の中が困った時に必要なものをつくることができる、そんな技術と技能を習得した人財」とのべました。

50 豊田7
(豊田章男社長のスピーチの資料から)

 また、コロナ禍のなかで、「人間として、企業として、どう生きるのか」を考えさせられたとして、「地球とともに、社会とともに、全てのステークホルダーとともに生きていく」と語りました。具体的には、「『SDGs』、「持続可能な開発目標」に本気で取り組む」などとのべました。

 社長として、トヨタグループの労働者の雇用を守る、企業の社会的責任を果たすという宣言でもあり、今後の豊田社長の経営のかじ取りに注視したいと思います。

決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/05/13 11:37

◎『トヨトミの逆襲 小説・巨大自動車企業』 創業家をめぐる権力闘争ドラマを読んだ (下)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛を求められている5月の大型連休。その日々、『トヨトミの逆襲 小説・巨大自動車企業』を読んだ。昨日、このブログでアップした『トヨトミの野望』の続編だ。面白くて、一気読みした。

 この『トヨトミの逆襲』は、まだ文庫本になっておらず、昨年12月に小学館から出版された(1700円+税)本である。続編は、豊臣家の御曹司、豊臣統一が主人公。「童顔、つぶらな瞳と品のいい鼻」と作者が描く統一と、御曹司を取り巻くごますり、おべっかの「使用人」たちの社内権力闘争ドラマである。

 前作は、ハイブリッドカー「プロメテウス」の誕生が軸になっていたが、続編は社長に就任した統一が、水素カーの失敗で電気自動車(EV)化が周回遅れになったのを懸命に取り戻そうとする。

 冒頭が意表を突く。敷地3000坪、高さ2・5㍍の煉瓦塀に囲まれた大邸宅の統一宅での早朝の記者会見、いや「朝のおしゃべり」で始まる。統一から一言一句を引き出そうとする記者たち。作者の梶山三郎は、こう書く。

 「地球環境に配慮する次世代車としてトヨトミが開発していたのはEVではなく、水素を燃料とするFCV(燃料電池車)だった。統一の全面指揮のもと、2014年に量産型FCV『ティアラ』を発売、2030年までにすべてのクルマを水素カーとする宣言したもののこれが見事な空振り」

30 『トヨトミの逆襲』


 あせる統一は、航続距離1000kmのEV「プロメテウス・ネオ」を22年に発売するとぶち上げる。統一と同様に「親の七光りのボンボン」首相との会食、米大統領との会合、巨額の投資をするIT企業の社長兼会長への接近、巻線技術を持つトヨトミの下請けだった森製作所の森社長に平身低頭…ドラマは一気に22年へ。

 ボンボン首相とは? 米大統領とは? IT企業の社長兼会長とは? ハハーン、あの男のことか、と固有名詞が出てくるほどだ。しかし、トヨトミでも不可能なほどの巻線技術を持つ森製作所の社長とは誰のことか?

 小説では、この森製作所の森社長がトヨトミの生殺与奪権を持つ男なのである。トヨトミは下請けに対し、「年に2回ずつ、真綿で首を絞めるように(単価を)下げてくる」のだ。“生かさぬよう、殺さぬよう”というトヨトミの下請け単価切りである。

 しかし、統一が注目した時には、すでに森製作所はトヨトミから下請けとして切られていた。統一は、一発逆転の思いを込めて、三重県伊賀市にある「こじんまりした田舎の工場」の森製作所へ早朝にクルマを走らせる…。

 小説では、「勝つか負けるかではありません。生きるか死ぬかです」と統一が記者らに語る場面がある。そう、この自動車会社は、誰もが知っている、あの会社を思うだろう。
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/05/06 10:56

◎『トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業』 創業家をめぐる権力闘争ドラマを読んだ (上)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、日本が「緊急事態宣言」のなかの5月の大型連休。外出自粛が求められており、手にしたのが『トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業』(梶山三郎著、小学館文庫850円+税。2016年10月刊行本の文庫本化)である。

 昨年12月に、その続編の『トヨトミの逆襲 小説・巨大自動車企業』が出版されて話題になった。作者は、現役の経済記者で、覆面作家。記者でなければ書けないと思うほど自動車会社の現場をリアルに描いている。

 トヨトミ自動車の全体像を、「豊臣家は教祖、社員は信徒、豊臣市は宗教都市」であり、下請けを「乾いたタオルをぎゅうぎゅう絞る」と、その苛烈な実像を容赦なく活写する。

 そのトヨトミに広告費を頼る新聞、テレビでは描けないトヨトミ自動車の昇進、左遷、愛憎など経営陣のどろどろとした世界を書きつづる著者の力量は圧巻だ。一気に読了した。

 主人公は、2冊ともトヨトミ自動車の創業家の豊臣統一。「銀のスプーンをくわえて生まれた御曹司」と描く。『トヨトミの野望』の方は、1990年代後半にハイブリッド車を発売し、世界1へと駆け上がる時代である。

30 『トヨトミの野望』


 創業家の豊臣新太郎会長に、左遷されていたフィリッピンで見いだされ、社長になった武田剛平がもう1人の主人公。こちらは「能力と胆力、懐の深さ、底知れぬスケール」の大きな男として描かれる。

 武田は、ハイブリッドカー「プロメテウス」を1年前倒しで発売させ、トヨトミ自動車の世界1への道を切り拓く。一方で、密かにトヨトミ自動車を持ち株会社にする計画を進める。

 しかし、次期社長になる御子柴が豊臣会長に密告。武田は会長に、突然、呼び出される。場所は名古屋市郊外の「トヨトミ産業博物館」。ここでの2人のやり取りは手に汗を握るクライマクスだ。

 「わが豊臣家を神棚に祀り上げ、トヨトミグループの実業はお前が全部牛耳るという魂胆だろう」

 武田は、「日本経営者協会」の会長へと引導を渡される。同協会は「産業団体連合会」と一本化になり、“財界総理”へと追い出されるのだ。そして、物語はトヨトミ自動車が赤字に転落するリーマン・ショックへ。

 豊臣会長は、“無血クーデター”で息子の統一を社長に据える。統一は、世界での1000万台のリコールで、アメリカ議会の公聴会に呼び出される。物語は、創業家と「使用人」と呼ばれるサラリーマン社長らとの社内権力闘争である。

 トヨトミ自動車とは、誰もが知っているあの大企業を想起するだろう。
決算・経営計画 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2020/05/05 11:10

◎トヨタとグループ会社が医療用フェイスシールドの生産

 新型コロナウイルスの感染拡大のなか、トヨタ自動車4月28日、トヨタとグループ会社が医療用フェイスシールドの生産を本格したと発表しました。医療現場では、ウイルスから医師や看護師らを守るマスクも防具服も不足するなど、“医療崩壊”とさえいわれています。

 そうしたなかで、トヨタがフェイスシールドの生産を本格化したものです。発表によると、当初は週に500~600個だった生産能力を、4月27日から約20倍の月産4万個(1日当たり約2,000個)の生産を開始したといいます。月産約7万個(1日当たり約3,600個)へ生産を拡大するとしています。

15 トヨタ 医療用フェイスシールド 20200428_04_01
(トヨタ自動車とグループ会社が生産している医療用フェイスシールド)

 グループ会社のトヨタ自動車東日本では、自社生産した医療用フェイスシールドを4月20日に宮城県に3,000個提供。豊田合成、ダイハツ工業とそのグループ会社、日野自動車では試作を開始。ダイハツ工業、日野自動車は近隣の医療機関への提供を行いました。

 豊田自動織機では、4月29日から月産1万個(1日当たり約500個)の生産を予定しています。トヨタ車体では、5月中旬の生産開始に向けて検討をしています。

 生産している工場としては、トヨタ自動車では、貞宝工場と元町工場で4月13日から1日当たり約2000個を生産しています。

                ◇

 日本共産党は4月16日、「感染爆発、医療崩壊を止める緊急提案 外出自粛・休業要請と一体の補償、検査体制強化と医療現場への本格的財政支援を――新型コロナ対策補正予算案への提起」を発表しています。

 このなかで、「医療崩壊を止めるために、検査体制を抜本的に改善・強化するとともに、医療現場への本格的財政的支援を行う」の項目で、「医療機関への財政的補償と、地域医療全体を支える財政支援をすすめる」を掲げています。

 そのなかの具体例として、「不足している医療用マスク、フェイスシールド、防護服、消毒液、人工呼吸器などを国がメーカーに要請して増産・調達するなど、国の責任で必要数を確保します」を主張しています。

 「緊急提案」は、次のアドレスで読むことができます。
https://www.jcp.or.jp/web_policy/2020/04/post-836.html

決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/04/28 14:46

◎北米でトヨタが5月4日から生産再開へ UAWは反対

 新型コロナウイルスの感染者が世界の3分の1近くの約87万人(4月24日現在)を占めるアメリカを含む北米で、トヨタ自動車は23日、5月4日から生産を再開すると発表しました。

Beginning the week of May 4, Toyota intends to gradually resume its North American manufacturing operations in compliance with federal health and safety guidelines, and local and state ordinances where our facilities are located.(トヨタアメリカのホームページ)

 北米での自動車メーカーではトヨタが真っ先に生産を再開します。これに対し全米自動車労組(UAW)のRory L. Gamble委員長が反対を表明しています。

I feel the scientific data is not conclusive at this point and it is too risky for our members, their families and our communities to support a quick return to work in early May.

 「5月上旬に再開するには、現時点では科学的データが十分ではなく、組合員と家族、地域社会へのリスクが高すぎる」

 日経新聞(25日付)によると、「トヨタは5月4日以降、米国、メキシコ、カナダの完成車8工場と部品6工場を一斉に立ち上げる。従業員約3万2000人を業務に戻す」といいます。

 また、「トヨタは作業中に6フィート(約1.8メートル)以上の距離を保ち、勤務交代時の休憩を延ばして従業員同士の接触を避けるなどの従業員の感染対策を図る。当面は安全を優先して稼働率を5割程度に落とし、6月にかけて段階的に通常稼働に戻す計画だ」といいます。

 しかし、日経の米特派員が書くように、米国では感染爆発が起きたニューヨーク州をはじめほとんどの州で外出制限が続き、学校も再開していません。こうしたなかでの生産再開はリスクを伴うものでしよう。

80 トヨタインディアナ工場 IMG_0552
(ハイランダーやシエナなどを生産している米インディアナ州のトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・インディアナ=TMMI=)

 「トヨタイムズ」の香川照之編集長は、世界各地のトヨタの責任者とネットインタビュー。4月19日にアップしましたが、トヨタ自動車の小川哲男北米本部本部長は、新型コロナの感染拡大によるアメリカでの販売の現状を次のように語っています。

 「1月、2月、年が明けまして、絶好調でありました。3月の2週目まで、そういう意味では絶好調でした。3週目から急激に鈍りまして、前年比でいくと7割ぐらい減って。ニューヨークとかカルフォルニアは、前年比の1割ぐらいです。9割減です」

 こうしたなかでの生産再開ですが、アメリカのGMとフォード・モーター、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の3社は、まだ生産再開の時期を明らかにしていません。

決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/04/25 10:36

◎トヨタとNTTがスマートシティで協業

 トヨタ自動車は、あらゆるモノやサービスがつながる「Woven City」(ウーブン・シティ)のプロジェクト概要を発表(1 月7日、ラスベガスでの CES 2020で)していましたが、3月24日、NTTとこうしたスマートシティで協業していくことを明らかにしました。

 トヨタの豊田章男社長とNTTの沢田純社長が共同記者会見をして明らかにしました。スマートシティの技術基盤の「スマートシティプラットフォーム」の研究開発、企画、設計・構築・実装をしようというものです。

 そのために、両社は相互に株式を取得します。トヨタは、NTTの普通株式80,775,400株(発行済株式総数に対する所有割合約2.07%、総額約2,000億円)を取得。NTTは、トヨタの普通株式29,730,900株(発行済株式総数に対する所有割合約0.90%、総額約2,000億円)を取得します。

60 スマートシティプラットホーム
(スマートシティプラットホーム=トヨタのホームページから)

 トヨタは、スマートシティとしてトヨタ東日本東富士工場(静岡県裾野市)の跡地(2020 年末に閉鎖予定)を利用し、将来的には175 エーカー(約 70.8万 m2)の街づくりを計画しており、21年初頭に工事に着工する予定です。

 スマートシティをめぐっては、世界のIT企業がプラットフォームの開発をめざし激しい先陣争いをしています。米グーグルはカナダのトロントで、中国は習近平国家主席が音頭をとった新ハイテク都市、河北省の雄安地区(東京23区の3倍近くの面積)をはじめ各都市で、アリババやテンセント、バイドゥなどのIT企業がしのぎを削っています。

 NTTとの協業について豊田社長がスピーチを行いました。「NTTとトヨタが、日本を背負うという気概を持ってプラットフォームを作る」と強調しました。

 同時に、20春闘の労使協議会で豊田社長がのべた「トヨタ」と題した冊子(1955年にトヨタが発行)に改めて触れました。その冊子に描かれた円錐形のイラストの一番上に「佐吉翁の遺志」とあること。「これは『豊田綱領』のことであり、その中には『産業報国』の精神があります」と、“トヨタらしさ”を語っています。

NTTとの協業での豊田社長のスピーチは次のアドレスで読むことができます。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/32065171.html

決算・経営計画 | 2020/03/25 11:50

◎トヨタ ルロア副社長のメッセージとは?

 トヨタ自動車のディディエ・ルロワ副社長は2月6日、2020年3月期第3四半期決算(2019年4月~12月)発表で、「お客様に向き合った競争力強化の取組み」とのプレゼンテーションを行いました。

 ルロア副社長は、ルノーの工場などをへてトヨタの取締役副社長に就任。トヨタ役員トップの10億4200万円の報酬(2019年3月期)を得ており、豊田章男社長の報酬(3億8600万円)を大きく上回っています。

 同副社長は、世界最大の中国市場でトヨタが19年に日系メーカーでトップの新車販売台数(162万台)になったことを受けて説明。レビン(19年6月)、カローラ(19年8月)をフルモデルチェンジしたことなどをあげ、先進技術を活かした商品ラインアップの拡大がシェアアップにつながったと語りました。

50 ルロア プレゼン 1


 注目されるのは、様々なステークホルダーを直接訪問し、激励していること。プレゼンテーションでは、トヨタの作業服を着て、「10 LEADERSHIP DIMENSIONS」のカードを掲げている写真があります。

 リーダーシップの10の心構えという意味でしょうか。10のうち、赤線があるのが2つ。

always keep a fighting sprit
(常に闘争心を保つ)

be passionate create passion
(情熱を持って情熱を創造する)

50 ルロア プレゼン 2


もっともトップにあったのは?
don't work to please your boss, do what's right for the company
(上司を喜ばせるために働いてはいけない、会社にとって正しいことをする)

 上司とともに会社を喜ばせるために働いてはいけない、というのを付け加えて欲しかった。トヨタでは、過労死するまで働いて犠牲になった人がいるからです。

 上司を喜ばせるために働いてはいけない――このルロア副社長の言葉を日本の政治にあてはめてみましょう。モリカケ疑惑や「桜」疑惑で、高級官僚が首相を「忖度」して働き、日本の民主主義が危機に陥っています。

 「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」(憲法第 15条第2項)――はずですよね。

決算・経営計画 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2020/02/09 08:57

◎トヨタ 営業利益を2兆5000億円に上方修正

 トヨタ自動車は2月6日、2020年3月期第3四半期決算(2019年4月~12月)を発表しました。このなかで、3月期の営業利益の見通しを1000億円アップの2兆5000億円に上方修正しました。

 2兆5000億円になれば、トヨタ史上最高の2兆8539億円(16年3月期)、2兆7505億円(15年3月期)に次ぐ3番目になります。豊田章男社長は、電気自動車化、自動運転化など「CASE」のなかで、トヨタは「生きるか死ぬか」と煽っていますが、日本の大企業で突出した利益をあげます。

 市場が縮小する日本ではなく、トヨタのドル箱のアメリカや世界最大の市場の中国での業績が拡大したことや円安などによるものです。米GMや日産自動車などがリストラに追い込まれる中で、ばく大な利益を稼いでいます。

40 20203月期 決算見通し
(トヨタの2020年3月期決算見通し=トヨタの決算プレゼン資料から)

 また、売上高見通しは、2%減の29兆5000億円。世界販売台数の見通しは1%増の1073万台とこれまでの見通し(1070万台)から増えるとしています。

 一方、19年に162万台と前年より1割増えて、シェアを6%として日系メーカーで首位になった中国では、コロナウイルスによる新型肺炎の感染が広がっています。工場の稼働が減るなかで、決算への影響は見通せない状況です。

 内部留保の大きな部分を占める利益剰余金は、19年12月で23兆3688億円と日本の大企業でダントツです。これから20春闘の労使協議会が始まりますが、トヨタの支払い能力は十分すぎるほどあります。

修 トヨタの営業利益推移
(トヨタの営業利益の推移=トヨタの決算プレゼン資料から)
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/02/08 14:59

◎新型肺炎 トヨタ、中国の工場の再開を2月10日以降へ

 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の猛威が世界へ広がっています。中国では、感染者数が1月29日時点で5900人を超え、2002年から03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)での感染者数を上回りました。

 日本国内でも、中国からの旅行客を運んだバスの運転手(奈良県)が発症しています。また、同運転手と同乗した40代の女性ガイド(大阪府)が感染しました。

 こうした事態を受けてトヨタ自動車は29日、中国国内の完成車工場の操業を2月9日まで停止すると発表しました。中国当局から、春節(旧正月)が終わった後も操業を延期するよう要請が出ていることや部品の調達が困難になることなどを判断したものです。

 10日以降は、今後検討するとしています。トヨタの中国の工場は、表のようです。トヨタの19年の中国での新車販売台数は、前年比9・0%増の162万台で、過去最高でした。

70 トヨタの中国工場
(トヨタの中国の工場=トヨタの資料から)

 国内の販売台数(約161万台)を上回り、日系メーカー別でも日産を上回り08年以来、トップになりました。新型コロナウイルスによる肺炎が収まらないと生産・販売に大きな影響を与えそうです。

決算・経営計画 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2020/01/30 17:37

◎トヨタが「コネクティッド・シティ」 静岡の工場跡地

 トヨタ自動車の豊田章男社長は、あらゆるモノやサービスがつながる実証都市「コネクティッド・シティ」のプロジェクト概要を発表しました。これは、1 月7日(現地時間6日)から米ネバダ州ラスベガスで始まった CES 2020で発表したもの。

 発表によると、トヨタ東日本東富士工場(静岡県裾野市)の跡地(2020 年末に閉鎖予定)を利用し、将来的には175 エーカー(約 70.8万 m2)の街づくりをするといいます。21年初頭に工事に着工する予定です。

 実際に人々が生活する環境で、自動運転、モビリティ・ アズ・ア・サービス(MaaS)、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、人工知能(AI)技術などを導入・検証できる実証都市を作るとしています。

 豊田社長は、「すべての参画を歓迎します」と世界中の企業や研究者などに参加を呼びかけました。トヨタが公開したイメージ図は、富士山が見える新しい都市に夢のような生活が広がっています。

トヨタ コネクテッドシティ その1 20200107_01_01
(トヨタが公開した「コネクティッド・シティ」のイメージ図)

 こうした新都市づくりは、すでに中国が先行しています。このブログ「トヨタで生きる」で、2年前に「中国 『自動運転シティー』の衝撃」として紹介しました(2018/05/21アップ)。
http://toyotaroudousya.blog.fc2.com/blog-entry-2892.html

 1つは、上海の安亭地区に100平方km(東京・山手線内の1・5倍)に新たに建設をすすめている自動運転シティーです。2年前で、すでに1万人のニュータウンが建設され、すでに8割が契約済でした。

 もう1つが北京市近郊の雄安新区に2035年までにつくる未来都市。将来の人口は、名古屋市に匹敵する200万人以上です。土地私有制がない中国では、農地などに1から新都市をあっという間につくることが可能で、2つの新都市の規模は途方もないものです。

 豊田社長は、「たとえ今回のような小さな規模であったとしても」と中国を意識して語っています。「100年に一度の大変革期」(豊田社長)の時代、電気自動車化、自動運転化、コネクテッド化、シェア化の「CASE」は、企業、産業、国を超えた激しい競争になっています。

トヨタ コネクテッドシティ その2 20200107_01_07
(トヨタが公開した「コネクティッド・シティ」のイメージ図)


               ◇

 この記事は、1月10日にアップする予定でしたが、都合により前日にアップしました。
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/01/09 15:38

◎トヨタグループの世界販売シェアは約11%

 トヨタグループの2019年の新車世界販売のシェアは、約11%になった模様です。日経新聞(1月5日付)が19年1~11月までの新車世界販売台数をまとめるとともに、19年通年の新車世界販売台数を推定しています。

 それによると、19年1~11月までの主要市場の中国、米国、欧州、日本、インド、ブラジル、韓国、ロシア、東南アジアの6カ国では、商用車も含め合計7260万台となったものの、前年同期に比べ4%減少したといいます。

 これらの市場は、世界の8割以上を占めているため、19年通年の新車世界販売台数は世界全体で9100万台強になると推定しています。しかも18年に続いて2年連続でマイナスになったといいます。

 トヨタは、グループのダイハツ、日野を含んだ19年の新車世界販売台数を1072万台と見込んでいることから、トヨタの世界販売シェアは約11%になります。

トヨタ カローラ
(19年9月にモデルチェンジしたトヨタのカローラ)

 2年連続のマイナスは、世界恐慌となったリーマン・ショック時の08~09年以来です。19年1~11月で、大きく落ち込んだのはインドのマイナス14%、中国のマイナス9・1%などで、東南アジアのマイナス3%、ロシアのマイナス2・8%、米国のマイナス1・1%、日本のマイナス0・7%などとなっています。

 世界1の自動車市場の中国は、米中貿易戦争の影響が大きく、そのマイナスが世界の新車販売の落ち込みにつながったものです。

 世界の自動車メーカーは、米IT企業なども巻き込んだ「CASE」のただ中にありますが、GMの工場閉鎖・人員削減、日産の人員削減などにみられるように、2年連続の新車販売の落ち込みは他の企業でもリストラがいっそう強まる可能性があります。

決算・経営計画 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2020/01/05 17:57

◎大波乱? 20年代幕開けの元旦

 2020年代の幕開けとなる20年元旦を迎えました。20年代が波乱の年代になるような動きが早くも始まっています。それも自動車産業にかかわる動きです。

 分厚い元旦各紙を見て、まず驚いたのが「トヨタイムズ」の見開き広告です。
 「トヨタは、どこへ向かうのか」という赤の大見出し。
 「コネクティッドシティ? 世の中どこまでつながっちゃうんですか?」

 写真は、都市高速道路をトヨタの「e-Palette」が走り、空飛ぶクルマが飛んでいます。「e-Palette」とは、トヨタが、移動、物流、物販など多目的に活用できるモビリティサービス(MaaS)専用次世代電気自動車として開発し、20東京オリンピック・パラリンピックで披露します。

 俳優で「トヨタイムズ」編集長の香川照之氏が語ります。車中で豊田章男社長にインタビューしたら、「飛びだした言葉はコネクティッド『シティ』構想! …マジですか? 街ですか?…こうなりゃ街ごとつくってつなげちゃぇ!って発想なのだろうか」――。

 こうした「シティ」構想、中国ではすでに「自動運転シティー」として現実のものになっています。このブログ「トヨタで生きる」で紹介したように、昨年5月にNHKや日経新聞が紹介しました。

 中国で大規模な自動運転シティーをつくり、コネクティッドはもちろん、一挙に自動運転の技術とそのシステムの世界への輸出をねらうという驚くべき動きが進んでいるのです。
http://toyotaroudousya.blog.fc2.com/blog-entry-2892.html

 自動運転は、電動化、コネクテッド化などとともに「CASE」と呼ばれ、世界の自動車の「100年に1度の大激動期」(豊田社長)の中心技術となるものです。

トヨタイムズ IMG_0176


 20年代、「CASE」は私たちの身近なものになるのでしょうか? それは私たちトヨタで働くものに、何をもたらすものでしょうか? 元旦のもう1つのびっくりニュースが日産自動車のゴーン・元会長の「大脱出」劇です。大みそかから元旦の最大のニュースとして流れました。

 ゴーン被告は、日産を食い物にし、約350億円ものばく大な金を流用・私物化し、金融商品取引法違反などの罪で逮捕・起訴されました。15億円を出して保釈されていました。春には裁判が始まると見られていましたが、何と大阪の関西空港からプライベートジェット機で脱出し、レバノンへ。

 日本全国に顔を知られたゴーン被告が、なぜ厳重なはずの出入国管理体制をかいくぐってレバノンへ逃亡できたのか? 元旦の新聞各紙によると、レバノンの国家権力や軍関係がかかわっていたのではないかと伝えています。

ゴーン保釈
(ゴーン被告の最初の保釈で10億円の札束の見本をつくって伝えるNHK=19年3月6日)

 推理作家も真っ青になるほどの国外脱出劇です。このままでは裁判は開けないのではないかといわれています。コケにされた日本の司法当局やゴーン被告の敏腕弁護士、それに日産自動車。

 汗水して働いてきた日産の労働者は、ゴーン被告によってリストラされ、利益を私物化されました。ゴーン被告は、海外に逃亡し、「日本の不正な司法制度の人質にはならない」などとレバノンから高笑いするような「声明」を発表しました。

 「我がなき後に洪水よ来たれ!」――マルクスの「資本論」に使われている言葉です。経営者の“甘言”を見抜くことが絶対に必要なことを教えられた元旦でした。
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/01/01 11:25

◎2020年も「トヨタ1人勝ち」か?

 トヨタ自動車は、2020年(暦年)の販売計画、生産計画を発表(12月17日)しましたが、国内の自動車メーカーのなかでは「トヨタ1人勝ち」の状態が続きそうです。

 販売計画によると、別表のようにトヨタ単体のグローバル販売は9750万台(前年実績見込み比101%)で、そのうち国内は156万台(同、96%)、海外販売は819万台(同、102%)です。国内販売は縮小する一方で、海外販売が伸びます。

 ダイハツ、日野を含むグループ全体の世界販売は、1077万台で前年と同じと見ています。そのうち国内販売は、226万台(前年実績見込み比96%)、海外販売は850万台(同、102%)です。

 生産計画では、トヨタ単体では915万台(前年実績見込み比101%)で、そのうち国内は324万台(同、95%)、海外は591万台(同、105%)です。

 豊田章男社長が語り続けている「雇用を守るために国内生産300万台は死守する」は守られそうです。

修 トヨタ2020計画
(トヨタのホームページから)

 ダイハツ、日野を含むグローバル生産計画は、1090万台(前年実績見込み比101%)で、そのうち国内生産は441万台(同、96%)、海外生産は649万台(同、104%)です。

 国内では、日産自動車がゴーン元会長の逮捕など一連の不祥事で販売・生産が低迷し、ホンダもリコールなどで日産と同様な状態です。

 トヨタは、豊田章男社長が電気自動車化、自動運転化など「100年に1度の大変革期」と檄を飛ばし、職場ではトヨタは「生きるか死ぬか」の激しい言葉が飛び交っています。そのなかで、原価低減活動や「創意くふう」活動にいっそう力を入れることが求められています。

トヨタ C-HR
(トヨタ C-HR)
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/12/23 17:48

◎トヨタ4~9月期決算 利益大幅増 内部留保22兆円突破

 トヨタ自動車は11月7日、2019年4~9月期の連結決算を発表しました。営業利益は、前年同期比1424億円増の1兆4043兆億円(営業利益率は9・2%)と大幅増になりました。

 グループの総販売台数は、前年同期比16万1000台増の545万4000台で、過去最高でした。SUVの「RAV4」やセダンの「カローラ」などをフルモデルチェンジし、日本や欧州、中国での販売増が大きな要因です。

 内部留保の大きな部分を占める利益剰余金は、19年3月期より9264億円増やして22兆9140億円と22兆円を突破しました。ダントツの1日本1です。

 好調な決算に、日本の他のメーカーや世界1を争う独フォルクスワーゲンなどと比べ、「トヨタ1人勝ち」とさえ言われています。

 20年3月期の見通しは、営業利益は2兆4000億円に据え置きました(19年3月期は2兆4675億円)。グループの総販売台数の見通しは、3万台減の1070万台としました。

60 トヨタ 連結見通し
(トヨタのプレゼン資料から)

 決算発表では、スズキとの資本提携に関する合意書を締結(8月)、米テキサス工場への4億ドルの投資を発表(9月)、燃料電池車ミライのコンセプトを初公開(10月の東京モーターショー)するなど競争力強化に取り組んだとしています。

 職場では、電気自動車化、自動運転化など「100年に1度の大変革期」(豊田章男社長)の時であり、「生きるか死ぬか」の激しい言葉が飛び交うなか、原価低減活動や「創意くふう」活動にもっと力を入れるようハッパがかけられています。
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/11/08 22:37

◎IT人材争奪戦 「年収3000万円」!

 このブログ、「トヨタで生きる」では4カ月前に、「トヨタ『第3の本社』 東京・日本橋にTRI-ADのCEOインタビュー①」をアップ(2019/06/02)しました。

 TRI-ADとは、トヨタ自動車の自動運転の頭脳となる、人工知能を研究・開発している関連会社、「トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント」のことです。

 その東京・日本橋に本社があるTRI-ADのことが、今日の日本経済新聞(11月5日付)に掲載されています。「IT人材争奪戦」という連載の第1回目の冒頭に出てきます。

 中国・上海で金融向けシステムの開発会社の最高情報責任者だったジャック・ヤんさん(45)がTRI-ADで開発システムを構築するチームのリーダーになっているといいます。

 トヨタへ転職したのです。年収は明らかにしていませんが、数千万円だということが記事から読み取れます。トヨタ自動車本体なら、賃金体系から平均年収は850万円ほどですが、トヨタ関連会社のためにびっくりするような年収になるというのです。

 TRI-ADの社長兼最高経営責任者(CEO)は、米グーグルから転職したジェームス・カフナー氏。TRI-ADが採用した約100人の半分は外国人で、グーグルから転職した人も多いといいます。

30 トヨタのキャリア採用情報
(トヨタがネットで募集しているキャリア採用)

 日経の連載は、人口知能などのIT人材をめぐって日米中などの大企業で激しい人材争奪戦が行われていることをまとめています。

 ブログ「トヨタで生きる」では、トヨタ自動車が富士通、NECなどIT人材が多いJR南武線(神奈川県~東京都)沿線で、「シリコンバレーより、南武線エリアのエンジニアが欲しい。」――などと露骨な引き抜き広告を出したことをアップ(2017/08/23)しました。

 日経の連載は、そうした富士通、NECでも同じようなIT人材争奪戦を行っている一方で、リストラ策も強行していることに触れています。NECグループは、約3000人が早期退職で会社を辞め、富士通は2850人がリストラされたといいます。

 そのNECは、研究実績に応じ、新入社員や若手に年収1000万円を支払う制度を導入し、富士通は高度デジタル人材に3000~4000万円の報酬を出すために電機連合加盟の組合と協議中…。

 これまで、富士通やNECで、懸命に技術開発などで働いてきた労働者が、もういらなくなったとして、ゴミのように捨てられる。その一方で、“年収3000万円”も出してIT人材を集める――こんな大企業社会でいいのか?
決算・経営計画 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2019/11/05 21:04

◎トヨタが中途採用を増やすワケ

 日経新聞(10月3日付)は、1面に「トヨタ、採用の5割中途に」という記事を掲載しました。中途採用の割合を18年度の1割から3割に引き上げ、中長期的に5割とするものです。

 このブログ「トヨタで生きる」では、これまでもトヨタ自動車が、ネットで「CAREER RECRUITING」(キャリア採用情報)をしていることなどをアップしてきました。自動運転化など「CASE」に対応するには、これまでの新卒対応では間に合わないからです。

 2年前の2017年夏、トヨタがIT技術者をなりふり構わず引き抜こうとしたことで話題になりました。富士通やNEC、日立など電機大手の事業所が立ち並ぶJR南武線(東京都、神奈川県)沿線の駅に、トヨタが広告を貼りだしたからです。

 「シリコンバレーより、南武線エリアのエンジニアが欲しい」などという露骨な引き抜きでした。それ以降もトヨタは、キャリア採用を大々的に募集しています。

 トヨタの社員は約7万5000人ですが、そのうち事務技術職が2万7000人を超えます。しかし、それでも「CASE」に対応できる技術者が足りないのです。

30 トヨタのキャリア採用
(トヨタのネットでのキャリア採用募集広告)

 ネットでは、細かく職種を示して募集しています。

 IT・システムAI データサイエンティスト セキュリティ 生産技術開発 生産・製造技術 品質管理 研究開発 事業企画 システム開発 材料開発 エネルギー企画 機械エンジニア 電池エンジニア 電気エンジニア 制御エンジニア 化学エンジニア ソフトウェア開発 IoT 新規事業企画 事業企画 知財 認証 通信 評価・解析 品質保証開発 マーケティング 商品企画

 また、「新卒博士」では、技術系(博士後期課程在学者向け)募集職種として、「人工知能技術、ビッグデータに関わるコーポレート戦略立案、および人工知能技術、ビッグデータを活用した、新ビジネス創出、業務改革」をあげ、働く場所は東京、豊田市としています。

 東京は、どん真ん中の日本橋です。ここに2018年10月からトヨタ第3の本社とも呼ばれるトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)がオープンしたからです。

 三河の豊田市では不利と見て、日本橋に人工知能などの先端技術者を集めようというものでしよう。

 先の日経新聞は、「中途でも幹部職で採用となると、初年度から年収1000万円以上から始まり従来の年功序列を崩す可能性がある。成果主義を強め、柔軟に給与面で処遇する方針だ」と書きます。

 キャリア採用については、自動車産業だけではなく他の産業・職種と猛烈な争いになっているからです。これまでの賃金体系が大きく崩れていくことになるのでしょうか。

                              ◇

 この記事は、10月10日にアップする予定でしたが、都合により8日にアップしました。
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/10/08 10:08

◎トヨタの社内報「トヨタイムズ」 タテシナ会議で死亡ゼロへ

 トヨタ自動車の社内報「トヨタイムズ」の9月号。交通事故死傷者ゼロへの挑戦へと「タテシナ会議」の8ページ特集を組んでいます。長野県茅野市の蓼科山聖光寺で、トヨタグループの幹部が集まった会議(7月18日)の様子を伝えています。

 同寺は、奈良・薬師寺の別院。豊田章男トヨタ社長や副社長、TRIのギル・プラットCEO、あいおいニッセイ同和損保、スバル、スズキ、マツダ、ダイハツ、日野自動車、ブリヂストン、住友ゴム、デンソーなどのトップが集まりました。

ト20 ヨタイムズ 蓼科会議


 会議では、高齢者の事故が大きな社会問題になっているだけに、自動運転車についてをふくめ、これにどう対応するかが話し合われました。

 高齢者になっても高速道をスープラで走ってみたいという話が皮切りになりました。豊田社長は、TRIの自動運転の車が、いつ頃に車に実装できるかとの質問をぶつけました。

 ギル・プラットCEOは、2020年代前半と回答。吉田守孝副社長は、故顧客の求める価格などを指摘した上で、「喫緊の課題として、後付けのシステムのレベルアップと普及に向けた原価低減に取り組んでまいります」とのべました。

 確かに日本社会は、車がなくては野菜など日常の品物も手に入らないというクルマ社会になってしまいました。高齢ドライバーにとっては、トヨタの予防安全パッケージの「トヨタ・セーフティ・センス(TSS)」や「レクサス・セーフティ・システム(LSS)」を搭載した車は、とても高額で手に入らないでしょう。低額の後付けシステムは切実です。

 スバルの中村知美社長は、トヨタのセーフティセンスと同様のシステムをアイサイトという名前で販売しているとのべたのをはじめ、スズキ、マツダ、ダイハツ、日野自動車、ブリヂストンなどから相次いで発言が続きました。

20 タテシナ会議 社長


 豊田社長は、「先進技術開発でコストが積み上がれば、マージンを削ってでもお客様に適正な価格でお売りします。それでもトヨタの価格はまだ少し高いらしいですけど(笑)」などと発言し、会場をわかせました。

 そう、交通事故死傷者ゼロへは、2兆円を超える日本1のダントツの利益をあげているトヨタが、“マージンを削ってでも”高齢者ら顧客の求める価格で予防安全パッケージなどを販売して欲しい。そうしてこそ世界のトヨタにふさわしいでしょう。

 タテシナ会議の様子の最後には、次のデータが付けてあります。

……
 国内の交通事故の死者数は聖光寺が建立された1970年がピークで1万6765人。1959年から死者数は年間1万人を超え、「交通戦争」と呼ばれる時期があった。その後、交通安全へのさまざまな取り組みにより、2018年には統計開始以降で最少の3532人まで減少している。
……
決算・経営計画 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/09/30 16:13
 | HOME | Next »