FC2ブログ

◎松本清張の『十万分の1の偶然』と森友学園

 松本清張の推理小説に『十万分の1の偶然』があります。今から37年前の1980年に週刊誌に連載されたものです。企画に困った時は、“清張頼み”といって、清張の小説はくり返しテレビドラマ化されています。

 東名高速道路で、夜間、玉突き事故がおきます。偶然に居合わせたというアマチュアカメラマンが事故の現場を撮影。新聞社のニュース写真年間賞を獲得しました。“10万に1つの偶然”と激賞されます。しかし…。

80 文春文庫 『十万分の1の偶然』
(文春文庫)

 ここからが清張の推理小説の醍醐味です。もどかしく、ページをくくったことを覚えています。TBS系が、国の財産を8億円も値引きして売った森友学園問題のニュースで、面白い数字を並べていました。

 「1194分の1」「1214分の1」「972分の1」

 国がいかに森友学園を“特例”扱いにしていたかを示す数字です。11月28日の衆院予算委員会で、財務省の太田充理財局長明らかにした数字です。TBS系は、次のように伝えました。

① 財務省が認めた1つめの特例。2012年度から2016年度に財務省が実施した公共性が高い随意契約のうち、将来的な売却を前提とした定期借地とする契約は森友学園だけでした。その割合は「1194分の1」。

② 続いて財務省が認めた特例。同じ時期の随意契約のうち、分割払いを認めたのも森友学園だけでした。その割合は「1214分の1」。

③ 「平成25年度から28年度までの間、公共随契によって売却した件数は972件。そのうち非公表にしたものというのは本件のみ」(太田充理財局長)

 『十万分の1の偶然』ではありませんが、森友学園だけに偶然が重なったとは、とても思えない数字です。清張並みに、推理してみたくなります。

 そんな必要はない? そうです。森友学園の名誉校長になっていたことがある最高権力者のA夫人に聞けば、すべて明らかになるからです。そろそろ、国会に出てきてもらいましょう。
スポンサーサイト



安倍政権 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2017/11/30 18:30

◎森友問題 値引きの「口裏合わせ」 反響を呼ぶ日本共産党の宮本質問

 「ごみ存在 口裏合わせか」(毎日新聞)、「国側『下にあるごみ、ストーリーをイメージ』(朝日新聞)――11月28日の衆院予算委員会で、日本共産党の宮本岳志議員が取り上げた森友学園問題の質問。全国紙が1面で扱うなど大きな反響を呼んでいます。

 宮本議員が、国側の職員と森友学園の関係者が、値引きを正当化するために「口裏合わせ」をしていたのではないか、と示したのは、関西テレビが9月11日の放送で流した音声データです。宮本議員がパネルにして示しました。

……
国側と森友学園側が口裏合わせ?
 (宮本議員が取り上げた関西テレビ報道番組の音声データから)

■国側の職員とみられる人物
 「3メートルまで掘っていますと。土地改良をやって、その下からゴミが出てきたと理解している」
 「その下にあるゴミは国が知らなかった事実なので、そこはきっちりやる必要があるでしょというストーリーはイメージしているんです」

◆工事業者とみられる人物
 「3メートルより下からは語弊があります。3メートルより下から出てきたかどうかは分からないですと伝えている。そういうふうに認識は統一したほうがいいならわれわれ合わせるが、下から出てきたかどうかは、私の方から、あるいは工事した側から確定した情報として伝えていない」

★池田靖国有財産統括官(当時)
 「資料を調整する中で、どういう整理をするのがいいのか、ご協議させて頂けるなら、そういう方向でお話し合いさせてもらえたらありがたい」

50 宮本質問 パネル
(宮本岳志議員が示したパネル=NHKテレビから)

◆工事業者とみられる人物
 3メートルより上からの方が(ゴミは)たくさん出てきている。3メートルの下からっていうのはそんなにたくさん出てきていない」

■国側の職員とみられる人物
 「言い方としては“混在”と、“9メートルまでの範囲”で」

◆工事業者とみられる人物
 「9メートルというのは分からないです」

●学園の代理人弁護士
 「そこはね、もう言葉遊びかもしれないですけど、9メートルのところまでガラ(廃棄物)が入っている可能性を否定できますかって言われたら否定できないでしょ。できないんです。そういう話なんです」

◆工事業者とみられる人物
 「その辺をうまくコントロールしてくれたらわれわれは資料を提供しますので」

■国側の職員とみられる人物
 「虚偽のないようにあれが大事なので、混在していると。ある程度3メートル超のところにもあると。ゼロじゃないと」

◆工事業者とみられる人物
「あると思います」

■国側の職員とみられる人物
 「そんなところで作りたい」

●学園の代理人弁護士
 「責任問題に発展しないように頑張っていただけると信頼している。半分はわれわれのためにやってもらえると思って、半分はご自身のために頑張ってください」
  (関西テレビ「報道ランナー」9月11日に放送から宮本岳志事務所作成)

 実に生々しい「口裏合わせ」です。以下は、「しんぶん赤旗」の記事です。

……
 宮本氏が示した音声データについて、財務省の太田充理財局長は、2016年3月下旬から4月ごろに森友学園側を訪問した際のものではないかと答弁。同省近畿財務局と国土交通省大阪航空局の職員が出席していたことを明らかにしました。

 音声データによると、国有地で新たに“3メートルより深いところからゴミが出てきた”と値引きを求める森友学園側の主張をめぐり、国側が「そこはきっちりやる必要があるでしょというストーリー(物語)はイメージしている」と値引きへのレールを提案しました。

 これに工事業者は「3メートルより下から(ゴミが)出てきたかどうかは分からない」と発言。“3メートルより深いところにゴミがある”との国・学園側の念押しに業者が折れると、国側は「そんなところで(話を)作りたい」とストーリーを作り上げました。

 宮本氏は、会計検査院の報告書(11月22日)が、大阪航空局の算定した地中ゴミの深度3・8メートル(くい打ち部分以外)などについて「十分な根拠を確認できなかった」と結論付けたことを指摘。

50 宮本質問
(質問する宮本岳志議員=NHKテレビから)

 「『口裏合わせ』で、根拠も定かでない8億2000万円もの大幅値引きをして、国民の財産をタダ同然で売却した。明確な背任だ」と批判しました。

 安倍晋三首相は答弁することを拒否。太田理財局長は、新たなゴミの撤去費の見積もりのために「資料提出」を求めたやりとりだとし、「『ストーリー』という言葉は大変適切でなかったと(職員)本人も申している」と弁明しました。

 宮本氏は、売却交渉時に同学園小学校の名誉校長だった首相夫人の昭恵氏が直接、真相を語るべきだとして証人喚問を求めました。
……

 安倍首相が答弁できなかったほどの事実に基づいた迫力ある質問でした。「昭恵氏らの国会招致はますます不可欠になった」(毎日新聞の社説)のです。
安倍政権 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/11/29 18:33

◎安倍首相の辞書は「丁寧」の意味が違うのか

 安倍晋三首相は、口を開けば「丁寧に説明する」といいますが、首相の辞書は、どうやら「丁寧」の意味が違うようです。11月27日から衆院で予算委員会が始まり、首相の国政私物化が疑われる森友・加計学園問題が取り上げられました。

 このなかで、昨年5月に財務省近畿財務局職員と森友学園(籠池泰典理事長=当時=)側とのやりとりの音声データが問題になりました。この問題は、予算委員会に先立つ21日の代表質問で、日本共産党の志位和夫委員長が取り上げていました。

……
 森友疑惑の核心は、国民の財産である国有地が、なぜ8億円も値引きされ、ただ同然で売却されたのかにあります。

 この間、売却に直接かかわった財務省職員と学園側とのやりとりを記録した音声データが報道で明らかになりました。音声データには、地下深くまでゴミがあったことにして売却価格を引き下げるというシナリオを財務省職員の側から提案していたことが記録されています。

 売る側である財務省の側から値引きを提案するなどという信じられないことがなぜ起こったのか。籠池氏は国会で「神風が吹いた」と証言しましたが、「神風」が吹き出した時期と、安倍昭恵夫人が名誉校長に就任した時期が重なっているのは、とうてい偶然とは考えられません。

 真相を究明するためには、売却に直接かかわった財務省職員と、売却交渉のときの名誉校長であった昭恵夫人に国会に来ていただき、直接話法で真実を語ってもらう必要があると考えますが、総理の見解を問うものです。
……

森友学園 17年4月
(建設中の森友学園の小学校=大阪府豊中市、今年4月)

 安倍首相は、「国会において、丁寧な説明を積み重ねてきた。…具体的に指示したり、働きかけをしたことは、一度もない」などと答弁しました。しかし、予算委員会では、財務省の太田充理財局長が音声データの存在を初めて認めました。

 音声データでは、財務局職員が「ゼロに近い金額まで私はできるだけ、努力するという作業はやっている。だけど、1億3000を下回る金額というのはないです」とのべていました。

 これは、不動産鑑定士が査定額を出す前の録音であり、売る側の財務省側から売却価格を引き下げるという提案でした。1担当職員が、こんな提案ができるはずはなく、財務省の上層部の意思が働いていたとしか考えられません。

 太田局長は、「当方から売却価格を提示したということはない。価格交渉ではない」と強弁。「(価格を)提示したこともない」とのべていた佐川宣寿・前理財局長と同様の姿勢を続けました。

 安倍首相は、会計検査院の報告(22日)で、「値引き根拠が不十分」と指摘されたことについて、「適切」としてきたこれまでの答弁を撤回しませんでした。安倍首相の辞書には、どうやら「逃げる」という言葉しかないようです。
安倍政権 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/11/28 16:41

◎利益剰余金を賃上げに 日経新聞

 日経新聞(11月27日付)が、上場企業のうち利益剰余金(内部留保)が過去最高に達したのは56%を超えたことを伝えています。9月末の中間決算で、約3500社の利益剰余金を調べたものです。

 日経は、利益剰余金は「内部留保とも呼ばれ」ると書いています。トップは、表のようにトヨタ自動車の約18兆円、2位はホンダの約7兆円、3位はNTTの約6兆円…と続くとしています。

表 日経 利益剰余金
(日経新聞、11月27日付から)

 その上で、「好業績で累積した剰余金を成長投資にまわさず、現預金のまま眠らせる企業も目立つ。ため込んだ資金を放出するよう求める声が強まる可能性もある」と指摘しています。

 さらに、「従業員の賃金上昇や、株主への配当が抑えられているとの見方も根強い」とのべ、「ため込んだお金をどう使うか、一層の説明が求められそうだ」と企業責任を問うています。

 現預金のまま眠むっていては、経済の好循環につながらないからです。その通りです。中でも賃上げに使ってこそ、GDPの6割を占める個人消費を拡大し、日本経済を好循環させることが可能になるでしょう。

 利益剰余金1位のトヨタの賃上げは、2700円(14年)、4000円(15年)、1500円(16年)、1300円(17年)とこの4年間、連続してあったものの、下がり続けています。

 18兆円もの利益剰余金があるトヨタが、思い切って賃上げをし、他の企業や中小零細企業を引っ張る役割があるでしょう。自動車総連やトヨタ労組は、これから賃上げ要求を決めます。

 内部留保たっぷりのトヨタが、日経が指摘するように、「現預金のまま眠むらせないように」することが組合に強く求められています。18春闘で大いに獲得しようではありませんか。
18春闘 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/11/27 16:08

◎マット塗装のレクサスの存在感

 名古屋駅前のトヨタ自動車のショールームで、マット塗装と呼ばれるレクサスが展示してあった。艶のない、真っ黒なボディは、圧倒的な存在感、重量感がある。

 レクサスGSFとRCFの2台だ。街中を走っていたら目立つだろう。クルマも個性をアピールする時代だ。カローラ的、プリウス的なありふれたクルマではあきたらないのだ。

 調べてみると、通常の塗装はメタリック塗装と呼ばれるもので、クルマのボディの表面は平のために光沢があるように見える。マット塗装は、大粒の顔料が含まれた艶消し塗料を使い、ボディにわずかな凹凸をつける。その凹凸が乱反射し、光沢が無いように見えるのだという。

 しかし、ワックスは使用できず、クルマの手入れは大変だという。よっぽどクルマが好きでないと乗れないのだ。クルマの洗車は、石油スタンドの自動洗車という人間には乗れないのだ。

マット塗装 レクサス


 ダメージ塗装をしたクルマもある。廃車寸前のクルマかと思わせるほど、ボディを汚れた塗装にするものだ。塗装専門店で、新車にわざわざ塗ってもらうものだ。マット塗装もダメージ塗装も個性をアピールするクルマだ。

 そうしたクルマは、「悪役感があるので、好きではない」という人もいる。人それぞれだが、クルマの世界も多様性が広がっている。個性、多様性は、今の時代の反映なのだろう。
トヨタ車 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2017/11/26 11:17

◎「子ども4人産んだら表彰」 自民・山東議員

 知人がこんな話をしていた。
 「僕のおばあさんは、戦前、国から“産めよ増やせよ”と言われ、12人の子どもを産んで表彰された。戦争に次ぐ戦争の時代で、突撃、弾除けの軍人がいくらでも必要だったんだろう」

 これとそっくりの発言を、自民党の山東昭子参院議員が11月21日の党役員連絡会でのべた。
 「子どもを4人以上産んだ女性を厚生労働省で表彰することを検討してはどうか」

 “尾木ママ”で知られる教育評論家の尾木直樹氏は、自身のブログで、「女性をバカにしている話ではないでしょうか? 時代錯誤も甚だしいと言わざるを得ませんーー。久々に腹立ちました」と痛烈に批判している。

 ナチスドイツが、4人以上子供を産んだ女性への勲章として「母親十字章」を送っていたという。“産めよ増やせよ”は、ファシズムの日本、ドイツで共通していたのだ。

 山東氏は、元女優で科学技術庁長官、参院副議長などを歴任した。参院で7回当選は史上最多という。最初に当選したのは、1974年だから43年も参院議員を経験していることになる。

10 日立本社
(東京駅前の日立本社=左のビル)

 1974年の参院選といえば、自民党・田中角栄首相が大々的に“企業ぐるみ選挙”を行ったことで有名だ。三菱などの大企業に、自民党候補を割り当て、社員に投票を強要した。

 日立製作所に割り当てられたのが山東氏だった、憲法で保障された思想・信条の自由に反するとして、三菱や日立の社員が本社前でビラを配布して、“企業ぐるみ選挙”を中止するよう訴えた。

 メディアが取り上げ、“企業ぐるみ選挙”が大きな政治問題になった。その後は、ここまでの露骨な“企業ぐるみ選挙”は影を潜めたが、トヨタ自動車や日立など大企業が自民党に政治献金をし、自民党政治を支えている構図は何も変わっていない。

 日立の中西宏明会長は、来年5月で任期満了になる榊原定征・日本経団連会長の後の有力候補といわれている。中西氏は、1970年入社だから日立の“企業ぐるみ選挙”の事もよく覚えているだろう。

 それにしても、“企業ぐるみ選挙”で参院議員になった山東氏が時代錯誤の発言をするとは驚きだ。少子化対策というのなら、待機児童がなくなるように保育所を増やすとか、子育てが十分できるように賃金を上げることなど抜本的な政策が必要だ。

 自民党政権は、労働者派遣法の改悪などで非正規労働者を4割近くにもしてきた。結婚もできないし、ましてや子育てもできない。山東氏の発想の貧しさに驚く。こんな人物が40年以上も参院議員とはあきれる。

              ◇

 この記事は、11月25日にアップする予定でしたが、都合により前日にアップしました。
安倍政権 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2017/11/24 21:08

◎逃げ回る昭恵夫人・佐川長官、閉じ込められた籠池氏

 森友学園問題で会計検査院の報告(11月22日)が出ました。新たな展開に、森友問題に強い関心を持つ2人が話し合いました。

 A 安倍晋三首相は、外遊のたびに昭恵夫人を連れていくね。日本に帰ってきたら、首相は羽田空港から昭恵夫人を、森友学園問題の参考人・証人として国会に直接連れていったらどうなんだろうね。
 B それは面白い提案だ。野党が国会喚問を要求しても、自民党、公明党は拒否し続けてきたから。森友学園の籠池泰典理事長=当時=は国会に出てきたのだから、出るべきだ。

 A 籠池氏は、昭恵夫人から100万円をもらったと語り、昭恵夫人が経営する居酒屋に行って返そうとしたことがあった。この件についても、昭恵夫人に国会で真実を語って欲しいよ。
 B 10月の衆院選挙では、安倍首相の選挙区の山口4区は、留守を預かる昭恵夫人が選挙区を回った。個人演説会や総決起大会を報道陣シャットアウトで開催したというね。森友・加計学園問題がよほどこわいんだろうね。

森友 201704
(森友学園が建設中の「瑞穂の国記念小学院」=大阪府豊中市、今年4月)

 A 会計検査院の報告に対し、今年7月に国税庁長官に就任した佐川宜寿・前財務省理財局長のコメントをメディアが広報に求めたところ、国税庁だからコメントしないということだった。
 B 国会の答弁では、何度も何度も佐川理財局長が出てきて、「記録は破棄した」「データはない」などとのべるなど、冷たい高級官僚むき出しの顔だった。安倍首相を守り通して国税庁長官に栄転したのだから、国民は憤激した。

 A 長官になっても記者会見も開かなかったよ。記者から問い詰められるのがよほど怖かったのだろう。しかし、そんな人事を平気で行った安倍政権も、“そこまでやるのか”とあきれたよ。
 B 来年の確定申告時には、「領収証を破棄した」という国民がたくさん出そうだ。国税庁は、どう対応するんだろうね。窓口の職員は、たまらないだろう。

 A 詐欺罪などで起訴されている籠池氏と妻の諄子氏は、今年7月31日の逮捕以降、4カ月近くも大阪拘置所に勾留されている。大阪地裁への保釈請求も、11月22日に却下されたという。
 B 小学校建設で国の補助金を詐取したといって大阪地検特捜部が逮捕したが、詐欺罪などで4カ月近くも勾留するのは異常だよ。10月の衆院選のさ中も拘置所に閉じ込められていた。

 A 口封じともいわれるね。籠池氏は、安倍首相や昭恵夫人に裏切られたという思いが強いから。籠池氏は国会で「神風が吹いた」とのべたが、“神風”の実態を知られたらこわいんだろう。
 B 検察は、国有地を安く売ったとして国の担当者を背任容疑の告発を受理し、捜査をしている。本命はこちらの方であり、国政私物化のゆがみをただす上でも、きちんと捜査してほしい。
安倍政権 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2017/11/24 17:46

◎森友学園問題 値引きの根拠崩れる 会計検査院報告書

 今年4月、国政の大問題になっていた大阪府豊中市の学校法人森友学園の「瑞穂の国記念小学院」の現地を訪ねました。それから7カ月、会計検査院は11月22日、調査内容を国会に報告しました。

 安倍晋三首相は、同学園の名誉校長になっていた昭恵夫人のかかわりを野党から追及されると、「会計検査院の調査を待つ」と逃げ口上にしてきました。報告書を読むと、8億2000万円もの値引きの根拠が崩れたことがよくわかります。

 会計検査院のホームページで、報告書を見ると、本文で117ページ、要旨でも32ページもあります。値引きの根拠は、地下にごみが1万9520トンあると国が推計したからでした。

 ところが、検査院の報告書要旨の「地下埋設物撤去・処分費用」の算定のところを読むと、「裏付けは確認することができなかった」「算定方法は十分な根拠が確認できないものとなっている」「十分な根拠が確認できない」などの記述が何度も出てきます。

 国民の財産である、国有地の売却にかかわった財務省近畿財務局や国土交通省大阪航空局が、こんなずさんなものであったかとびっくりするような文章が続いているのです。

 このため、検査院は独自にごみの量を試算しました。すると、少ない場合で6196トン、多い場合で1万3927トンだったとしています。国が推計した1万9520トンより7~3割少なかったのです。安倍政権のいう値引きの根拠が完全に崩れたのです。

30 会計検査院 森友学園
(会計検査院報告の要旨から。ごみは、国が推計した1万9520トンより、少ない場合で6196トン、多い場合で1万3927トンだったとしています)

 森友学園の籠池泰典理事長=当時=が経営する塚本幼稚園(大阪市淀川区)では、園児に戦後廃棄された「教育勅語」を唱えさせ、「君が代」や軍国主義を煽った「海行かば」を合唱させていました。

 憲法9条の改定をねらうなど安倍首相の戦前復帰思想に心酔した籠池氏は、「瑞穂の国記念小学院」ではなく、「安倍晋三記念小学院」の名にすることも考えていたといいます。

 昭恵夫人が深くかかわっていた森友学園。同学園がつくろうとした小学校用地に、国有地を8億円余りも値引きして売却したという大問題は、検査院の報告で新たな局面を迎えました。週明けには安倍首相が出席する予算委員会が開かれます。安倍首相は、どう答えるのでしょうか?

安倍政権 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2017/11/23 17:17

◎あの浜矩子・同志社大学教授が絶句

 アベノミクスを痛快に批判することで知られる経済学者の浜矩子・同志社大学教授が、自民党・安倍政権が国会質問について議席数に応じて配分するという主張に対し、「絶句に次ぐ絶句で、呼吸困難に陥りそう」と批判している。

 毎日新聞(11月18日)のコラムに書いている。自民党は、民主党政権下の野党時代、与党と野党との質問時間の比率を、2対8にする主張をし、民主党政権が受け入れた。安倍政権の5年間でも2対8の比率で行われていた。それが衆院選挙後、突如として議席数に応じて配分すると言い出した。

 浜教授は、この自民党の主張に対し、「良識とか、慎みとか、節度とか、大人の感性とか。そのようなものを、この人たちは全く持ち合わせていないのか」と絶句する。

 「議院内閣制の下で、政府と与党は限りなく一体だ。よほど仲間割れが著しい与党なのでなければ、与党議員が政府に向かって質問するのは、形式主義的自問自答に過ぎない」

 その上で、「『いくら何でもこれはまずいよな』『さすがにこれを言うと大ひんしゅくを買うだろう』。このような思いが、ほんの瞬間でも頭をよぎる場面はなかったのであろうか」と自民党に疑問を投げかける。

 そして、「たとえ日本を除く世界中で『議席数に応じて』主義を取っていたとしても、日本はそういうことをしない。日本では、野党に十二分の質問時間を取ってもらう。そんなであれば、どんなに爽快であることか。どんなに、日本の議会制民主主義に礼賛・絶賛の拍手を送りたくなることか」と書く。

 結論は痛快だ。「これは『一強のおごり』ではない。『一怯(いっきょう)の怯え』だ。卑怯(ひきょう)者がおじ気づいて、追及から逃げようとしている」

 安倍首相は、野党が質問で行う森友・加計学園の追及から逃げたいがために、おじ気づいていることが事の本質だと見抜く。実際、11月15日に開かれた衆院文科委員会での質疑がそうだった。

義家質問
(質問する自民党の義家弘介衆院議員=11月15日の衆院文科委員会)

 先例にしないということで、質問時間は与野党1対2になった。自民党からトップバッターで質問に立ったのは、この8月はじめまで文科副大臣を務めた義家弘介衆院議員だった。ついこの間まで質問される側の人間が、一転して質問に立ったのだ。野党から「自作自演の芝居のようだ」という声が出た。

 義家議員は、「私は8月7日まで副大臣を務め、経緯を細かく把握している。(加計学園による獣医学部新設は)きちんと手続きを踏んできた」と安倍首相擁護に終始した。

 何のことはない。自民党の質問時間を増やし、安倍首相の国政私物化を当然視したのだ。浜教授、「呼吸は大丈夫ですか? 体に気を付けてこれからも安倍政権に吠えまくって下さい」
安倍政権 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2017/11/22 08:12

◎安倍9条改憲を止める 刈谷で革新懇が全国交流会

 全国革新懇が11月18(土)、19(日)の両日、愛知県刈谷市と名古屋市で、2年に1回の全国交流会を開いた。「市民と野党の共闘」のいっそうの前進を、安倍9条改憲を許すなと、草の根の運動の経験を持ち寄り、交流した。

 全国革新懇は、1981年5月26日に結成され、今年で36年になる。①日本の経済を国民本位に転換する、②日本国憲法を生かし、自由と人権、民主主義が発展する日本を、③日米安保条約をなくし、非核・非同盟・中立の平和な日本を――の「3つの共同目標」をかかげ運動している。

革新懇刈谷1


 1日目の18日の全体会は、刈谷市の刈谷総合文化センター大ホールに、全国から1600人が集まり、開かれた。

 全労連議長の小田川義和さんの「問題提起と報告」や、首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさん、安保法制に反対する市民連合の広渡清吾さん(元日本学術会議会長)、総がかり行動実行委員会の高田健さん、オール沖縄会議幹事の渡久地修さん、一橋大学名誉教授の渡辺治さん、日本共産党委員長の志位和夫さんらが発言、あいさつした。

 総選挙結果をふまえ「市民と野党の共闘」の新たな発展をめざし、安倍政権打倒、安倍9条改憲阻止へ共同を広げようと語った。ロビーまで溢れた参加者は熱心に聞き入っていた。

革新懇刈谷3
(発言する志位和夫さん)

 このなかで志位さんは、衆院選挙での希望の党の結党とそれへの民進党の合流決定という逆流と断固たたかい、共闘の再構築へ尽力した日本共産党と草の根の市民の奮闘について語った。

 革新懇運動の2つの役割として、①市民と野党の共闘を草の根から発展させて安倍政権を倒す推進力となる、②革新懇の「三つの共同目標」を国民多数の合意にしていく努力をはかること―を強調し、それが共闘の発展にも大きな貢献になるとのべた。

 オール沖縄での共闘が、どのように発展していったかは多くの学ぶべき点があり感動的な話だった。総選挙では、北海道、新潟などの小選挙区で「市民と野党の共闘」がすすみ、共闘勢力が自公に勝利した。沖縄での共闘が本土の各地にも広がっているのだ。

革新懇刈谷2


 2日目の19日は、名古屋市の3会場で分科会が行われ、「市民と野党の共闘」で憲法9条を守り、安倍政権を退陣に追い込み、自公政治を変えるための運動をどう発展させるかについて活発な討論が行われた。

 次は2019年に神戸で開かれる予定だ。愛知からも多くの成果と教訓を持って参加したいと思った。
その他 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2017/11/21 18:52
 | HOME | Next »